QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年02月15日

少年歌舞伎のインタビュー




2018年2月15日(木)

今日は黒森歌舞伎の正月公演一日目。
酒田市黒森地区にある黒森日枝神社境内は多くの観客やカメラを持つ写真愛好者などで賑わった。

私が見たのは12時から始まった少年歌舞伎。
「青砥稿花紅彩画」より稲瀬川勢揃いの場(いなせがわせいぞろい)。
子供たちの元気の良い啖呵が心地よく境内に響いていた。
かっこ良い「大見得を切る」所作が様になっていた。

さて、写真は演技が終わったあとの毎年恒例の6年生の皆さんへのインタビュー。
ここ黒森小学校も例にもれず少子化の影響で生徒数がぐんと減少している。

「今日の朝は何を食べましたか?」
「ごはんと黒森納豆です!」
毎年決まりのインタビュー内容らしいが、少し楽しい。

最後に6年生の皆さんに後継者になりたいか聞いたところ、
手を挙げたのは一人だけだった。
いや、一人いたのは立派と言った方がいいのかもしれない。


以下、黒森歌舞伎風景を掲載する。





















カラーコーンとバーに囲まれた中が見学者用の椅子になる。
その外側はカメラ愛好者が持ち込んだ三脚がズラリと並ぶ。
一台数十万円から百万円を超えるようなカメラがこんなに並ぶと何のための歌舞伎かと首をかしげたくなる。

この中に入るのに三脚が邪魔で入れない状態になる。
観客は外に追い出される。
変な話だ。




  

Posted by 黒メダカ at 18:55Comments(0)酒田関連

2018年02月15日

落花生の殻から見える景色





2018年2月15日(木)

近くのスーパーで見つけた落花生。
千葉県産(はねだし落花生)。
明らかに殻が黒かったり割れていたりの規格外品。

それでも食べてみると甘味が強く、噛むごとに芳醇な旨みが口の中に広がる。
香ばしい香りがふわっと鼻を抜けていくのがわかった。

ところでこの落花生、消費量の9割が外国製。
日本製はわずか1割しかない。
その1割のうちの70%が千葉県産となっていた。

先日のテレビ放送で高血圧を下げる作用があると報じられ、
私も注目していたが、もともとピーナッツ好きな私にはうれしい情報だった。

殻の肌から想像する産地を想像してみた。
みんなに見守られながら畑で天日干しされ丁寧に作られる千葉県産。
想像だけで申し訳ないが、そんな景色が見えるようでうれしくなった。



  

Posted by 黒メダカ at 08:35Comments(0)自然・風景

2018年02月14日

病院のお弁当屋さんの海老ピラフ




2018年2月14日(水)

午前中の私の診察が終わり日本海総合病院の母の見舞いに行ってきた。
ぼたぼたと降る雪だったり雨が降ったりと忙しいお天気だ。

母は疲れたのか目を閉じていたが、
声をかけるとかすかに目を開けてこちらを見た。

昨夜は良く眠れたか、寒くはなかったか、どこか痛いところはないか。
ゆっくりと聞きながらお話しをしたかったが、残念ながら少し静かにするとそのまま眠っていた。

酒田市あきほ町にある日本海総合病院は人でごった返していた。
歩くのも大変なほどだった。

帰り際出口のところにあるお弁当屋さんで海老ピラフを買った。



  

Posted by 黒メダカ at 12:58Comments(0)食べ物・飲物

2018年02月14日

将棋の未来




2018年2月14日(水)

今日は遅番勤務。
午前中は私の月に一度の医者通い。

先日行った精密検査や胃カメラの結果を言い渡される。
毎年のことだが、何ともやり切れない思いが脳裏をよぎる。
何しろ、私の心臓手術もこの検査結果で初めて必要とわかったのだから。


さて話は変わって、中学生棋士がプロにデビューして連勝の新記録を達成したとたん。
全国の小学生や中学生が将棋大会や将棋道場に溢れるようになった。

酒田でも鶴岡でも将棋大会が熱気を帯びるようになった。
皆さん一様に中学生プロ棋士の名前を出して「ぼくも(私も)プロになりたい」と言う。

私も昨年たまたま休みの日に将棋大会があって参加してみたが、
惜しくもメダルは逃してしまったが健闘はしたと思う。
昔取った杵柄(きねづか)はまだ健在だった。

一時的なブームという人も多い。
そんなに簡単なものじゃないという評論家もいっぱいいる。
しかし、現在のような混沌とした時代のなかで、
必死に考える姿を見ただけでもすばらしいなと思うのは私だけだろうか。

写真はNHKテキスト「将棋講座」と付録の「阿部健治郎の囲い最前線」。
付録を書いているのは酒田市在住のプロ棋士阿部健治郎7段である。

2002年6級で奨励会入会。
2009年4段、2016年7段。
時々NHK杯に登場し、強豪を破ったりもしている。

こんな酒田市民もいるのだ。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)酒田関連

2018年02月13日

生食用完熟きんかん






2018年2月13日(火)

柑橘系のなかでは一番か二番目に好きなきんかんが売られていた。
酒田市駅東にあるト一屋(といちや)駅東店の果物売り場。

きんかんは秋の季語となっているから本来は秋に実がなる。
しかし、白い花は夏から秋にかけて数度咲くようで、実も晩秋から冬にかけて熟する。

今はちょうど冬で完熟きんかんの適期。
さぞ美味しいきんかんだろうと口に入れてみてびっくりした。

私の予想では酸味があって甘味も強いのだろうと思っていたが、
何と酸味どころか甘味だけのようなきんかんに仕上がっていた。

昔は酸っぱくて砂糖を入れて煮たものを食べた記憶もあったが、
このきんかんは砂糖を入れたものより甘いような気もした。

ジューシーで甘いきんかんは大好きだが、あとの問題はやはり種が邪魔なことくらいだろうか。
それにしても甘い。




  

Posted by 黒メダカ at 18:35Comments(0)食べ物・飲物

2018年02月13日

2回目の数年に一度




2018年2月13日(火)

厳しい寒さが続く。
昨日といい今日と言い何という寒さ。
「数年に一度の寒波」なんている言葉がこれで2度目の冬になった。

ところでこの「数年に一度の寒波」は野鳥の世界でも影響しているようで、
北帰行の白鳥や雁などの出発が遅れているとのことだった。

そう言えば昨日最上川へ行くとまだ多くの白鳥やヒシクイなどが羽を休めていた。

何と言う寒さが続くのだろうか。
何だか私が小学生だった頃に戻ったようで懐かしさを感じてしまったりした。







猫も寒さに慣れてきたのか、平気で雪の中を歩いていた。
人間よりもはるかに冬に強いようだ。


  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(2)自然・風景

2018年02月12日

蕎麦切りきち弥の鴨南蛮そば




2018年2月12日(月)

連休の妻と娘と二日続けての外食となった。
酒田市北新町の蕎麦切りきち弥はこれまで何度も行っているが、
暖かいお蕎麦は食べたことがなかった。

今日は寒い一日。
珍しく暖かいお蕎麦を注文した。

「鴨南蛮そば」は鴨肉と太い焼きねぎが入ったそばだ。
南蛮はねぎを意味する。

黄色に見えるのはゆずの皮。
暖かくてほっとする味の鴨南蛮そばは今日の天気にはぴったりの美味しさだった。





  

Posted by 黒メダカ at 17:02Comments(0)外食・外飲み

2018年02月12日

活躍する葦製防雪柵






2018年2月12日(月)

昨日午前までは暖かかったが午後から強風が吹き荒れた。
酒田市八幡地区から本楯地区をドライブしていると車が風に押されてぐらぐらと揺れた。

写真は葦で作られた防雪柵だ。
国道や学校近くでは鋼鉄製の防雪柵が延々と建てられているが、
集落の入口や個人の家などでは葦で作られた柵が活躍している。

田んぼの真ん中にある集落などではこの柵がないと大変なことになる。
道路は雪で埋まり、どこを走っているのかわからなくなりついには田んぼへの転落となる。

一見すると戦国時代の戦場のような柵だが、
このくらい頑丈に作らないと破壊されてしまうほど暴風は荒れ狂う。












  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(0)自然・風景

2018年02月11日

凰花風ラーメン






2018年2月11日(日)建国記念日

昨日入院した母はその後食事ストップで点滴のみで生きている。
朝行ったときは返事もしっかりしていたが、何とも元気のない姿で迎えてくれた。

一人部屋の寂しさもあるのだろうが、おとなしくじっとしていた。

妻と娘の三人はその後病院を出て酒田市緑町にある欧風中華レストラン凰花園(おうかえん)へお邪魔してきた。
今年初めてかもしれないがいつも美味しい料理を出してくれる。

注文したのは「凰花風ラーメン」。
しゃきしゃきのもやしとニラ、ひき肉がふんだんに使われたラーメンだ。

娘は五目焼きそばの小盛を注文していた。
こちらも美味しそうだが、私には栄養があり過ぎで食べるのが恐い。

相変わらずお客さんはほぼ満員状態で、
子連れのお客さんが多いのも特徴の一つとなっている。





テーブルクロスの柄がとても素敵だ。
私のお気に入りだ。


  

Posted by 黒メダカ at 13:12Comments(0)外食・外飲み

2018年02月10日

から揚げカレー




2018年2月10日(土)

今日は朝から母にお付き合い。
身体が冷えてなかなか暖まらず低体温症のようになってしまった。

お茶を与えてもすぐに吐き出し全く受け付けない。
意識の混濁もあって、止む無く救急車を手配し夕方まで検査は続いた。

その間はパンを2個と暖かいコーヒーを飲んだだけだった。
娘とふたり、じっとお医者さんから呼ばれるのを待った。

ようやく結果を聞けたのは夕方だった。
そのまま入院となり、夕食はほっともっとのから揚げカレーにするしかなかった。

何ともわびしい食事だが、明日も病院へ行って見守ることになる。





  

Posted by 黒メダカ at 19:18Comments(2)食べ物・飲物