QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年07月22日

月山の可憐な花たち




2017年7月22日(土)

昨日行ってきた夏山月山の可憐な花たちを掲載する。
一枚目は夏山の代表のような「ニッコウキスゲ」。
この花を見るとあぁ夏がきたなぁと思わず感じてしまう。
大群落とまではなっていなかったが、あちこちに点在していた。





小さな花だが「ハクサンフウロ」と言う。
漢字で書くと「白山風露」。
木道脇にけなげに咲いていた。





「キンコウカ(金光花)」。
弥陀ヶ原周辺の湿地で見られる輝くように咲く花。







弥陀ヶ原の湿地に多く見られる池塘(ちとう)。
夏山月山では普通に見られるが貴重な湿地帯である。
空の色が反射してとても美しく見える。





「ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)」。
ツツジの仲間ながら花が開かずつぼ型になる。
色が渋く目立たないと思うと案外密集して花をつけるため結構人気がある。





「ミヤマリンドウ(深山竜胆)」。
弥陀ヶ原の湿地帯で多く見られるが、
花の大きさが1cm程度と小さいため見逃しがちの花になる。





「イワカガミ(岩鏡)」。
私の大好きな高山植物。
葉が鏡のようにつやつやしていることからこう命名されたようだが、
このピンクの花を見るたびにもっとかわいい名前でもいいんじゃないだろうかと思ってしまう。





「チングルマ(稚児車)」。
山のお花畑には欠かせない花。
群落があちこちに点在していると本当に花畑に来たと感じる。





「コバイケイソウ(小梅蕙草)」。
白い花を付けるが咲く年と咲かない年があって、
今年は咲かない年のようだった。
葉の葉脈はとても美しく花が無くてもつい写真に撮ってしまう。





「ウサギギク(兎菊)」。
どこにでもありそうな黄色の花だが、名前は葉の形が兎の耳に似ていることからつけられた。
発音するのが難しくて説明するのに苦労した記憶がある。





「シラネアオイ(白根葵)」。
別名「山芙蓉」「春芙蓉」とも言うが、日光白根山に多く自生し、タチアオイの花に似ていることから命名された。
美しい花だが雨に弱く、薄い花びらが可哀そうなくらい薄い。





「ゴゼンタチバナ(御膳橘)」。
白い花はヤマボウシの花に似て美しいが葉も美しい。
高さ10㎝ほど、花の大きさも2㎝ほどで可憐な植物である。


他にも弥陀ヶ原の湿原や雪渓脇では様々な花たちが彩り豊かな花を咲かせていたが、
昨日撮ってきた花たちは以上で終了とする。

また機会を得てチャレンジしたいと思っている。











  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)植物

2017年07月05日

トクサ(砥草)の新芽






2017年7月5日(水)

午前中散歩した酒田市飯森山にある出羽遊心館脇の庭園内にあるトクサ(砥草)の新芽。
トクサと言えばシダ植物の一種でつくし(土筆)の胞子のようなものをつける。

増殖は地下茎が伸びることで株が増えていくが、
土を選ばずに増えるため庭中トクサだらけになることもある。

この出羽遊心館のトクサもあちこちに増えていた。
冬になる前に主だったところを刈り取っていたが、
この時期になると新芽が伸び出して元気の良いところを見せていた。

トクサは表皮細胞壁にケイ酸が付着し、
この固い物質で砥石のように物を磨くことができることから命名されている。

酒田市漆曽根にある母の実家の庭にあったのを、
おもしろくて抜いて遊んでいたのを記憶しているが、
今もまだあるのだろうか。

遠い昔の話である。


  

Posted by 黒メダカ at 16:23Comments(0)植物

2017年06月27日

八幡地区にタチアオイ咲く






2017年6月27日(火)

昨日午後から行った八幡地区。
6月に入るとすくすく伸びてきたタチアオイがようやく花を咲かせた。

写真は酒田市福山周辺で撮った写真。
道路のすぐそばで見事な花を咲かせていた。

これからいよいよ夏真っ盛りに突入する季節。
この花を見ると青空とともに夏がきたなぁと感じてしまう。

どこか南国の花ハイビスカスとも似ている花姿。
これから咲いてくる芙蓉の花や槿(ムクゲ)の花、
ノウゼンカズラの花などどれも夏の匂いがする花ばかりだ。




  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)植物

2017年06月17日

変化朝顔「江戸風情」開花








2017年6月17日(土)

今年の酒田まつり(5月19日)に買った変化朝顔「江戸風情」の苗がぐんぐん伸びて、
今日朝見ると、みごとに開花していた。

いっしょに買った普通の朝顔の花も咲き蕾もあちこちに見える。
蔓は現在約1m50cmほど伸びてもうすぐ私の背丈を越すような勢いだ。

変化朝顔の絣模様はさすがに涼し気で心地よいし、
濃いむらさきの朝顔もみどりの葉とともにいかにも夏らしくなってきた。

さて、もう一種類買った「ルコウソウ」は昨日一番先に開花していた。







こちらも蔓がどんどん伸びている。
この赤色の鮮やかな花の大きさは朝顔の三分の一程度しかない。
あまり大きいと毒々しさが目についてかえってこのくらいの大きさがいいのかもしれない。

蕾の写真も掲載する。










  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)植物

2017年06月15日

特定外来生物「オオキンケイギク」






2017年6月15日(木)

栽培が禁止されている「オオキンケイギク」が酒田市街地のあちこちに咲き始めた。
特定外来生物に指定されているが、昨年当たりから急速に酒田に増え始めた。

さて、今年はどうなるのだろうか。
と見ていたがさっそく酒田市大浜の道路わきの辺りに咲き始めていた。

特定外来生物と言えば有名なところでは「アメリカザリガニ」や、
「カミツキガメ」「ウシガエル」など身近で案外気が付きにくいが、
これらの生物がもたらす古来からの日本の生物体系の変化はとてつもなく大きい。

この夏酒田の海沿いの道路を注意深く見ていただきたい。
美しい「キバナコスモス」に似た花が満開になっていたら「要注意!」の信号だ。


  

Posted by 黒メダカ at 17:18Comments(0)植物

2017年06月11日

庄内空港緩衝緑地のみどりたち








2017年6月11日(日)

昨日雨が時々降る中を酒田市浜中にある庄内空港緩衝緑地を歩いた。
この時期になると野鳥の鳴き声はすれども姿を撮るのは至難の業になる。

あまり目立たないが梅雨時期に咲くかわいい花たちの姿があった。
そして、どんどん大きくなる緑の葉たちも元気いっぱいだった。

写真一枚目はヤマボウシの手裏剣のような花。
二枚目と三枚目はエゴノキの花。
通常白花だが、種類によっては淡紅色の花も現れる。

以下は名前は書かないが葉や実など。
元気の良い緑たちだ。













  

Posted by 黒メダカ at 08:05Comments(0)植物

2017年06月02日

朝顔にも雨降り








2017年6月2日(金)

今日も朝から雨。
酒田まつりのときに買ってきた「変化朝顔 江戸風情」もずいぶん蔓が伸びてきたが、
雨が激しく打っている。

いっしょに細葉のるこう草を購入したが、やはり雨に濡れている。

設置したネットにしっかりと巻き付いて元気な朝顔。
2.5mほどの高さまで設置したがはたして上まで到達するのはいつになるのだろうか。

毎朝の声掛けにしっかりと応えてくれている。


  

Posted by 黒メダカ at 08:06Comments(0)植物

2017年05月12日

天正寺町通りのライラック見頃






2017年5月12日(金)

酒田市天正寺町(旧町名)通りのライラックが見頃を迎えている。
すぐそばを通るといい匂いがふわっと流れてくる。
ん?何の匂いだろう。
ふり返るとうす紫色の細かな花がきれいに咲いていた。

昨日は雨。
風も強く肌寒い一日だった。
どこにも行くわけにもいかず、浜田小学校脇のライラックを見ていた。

これからは市街地の街路樹が次から次と咲き始める。
ヤマボウシやハナミズキなど咲き始めていよいよいい季節になってくる。


  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(0)植物

2017年05月05日

八森自然公園は初夏




2017年5月5日(金)

こどもの日の今日もお天気はまずまず。
酒田市八幡地区にある八森自然公園は花盛りとなっている。

写真は展望台。
遠く日本海が広がっているのが見える。

目元を近くに戻すと足元には春の可憐な野草が花を咲かせていた。
明るい山林には光が差し込んでカラマツ林はもう初夏の装いをしていた。












花の写真1枚目はキバナイカリソウ、2枚目はチゴユリ、3枚目はホウチャクソウ。




  

Posted by 黒メダカ at 18:26Comments(0)植物

2017年04月29日

山王森のやまぶき満開







2017年4月29日(土)

昨日行った酒田市日吉町に広がる山王森。
旧光丘文庫から光丘神社方面へ向かう木陰にやまぶきが満開になっていた。

ここには文学の散歩道の石碑がある。
松尾芭蕉が酒田に来た時に宿泊した医師伊東不玉作の、

「博労の泊り定めぬ秋の風」

この句は博労(ばくろう=牛馬の仲買人)のあちこち転々と移動する生活を見て、わびしい秋の風を連想したものだ。
私が小さかった頃も父の知り合いの博労のおじさんがいて、
いつも酔っぱらっているように見える赤ら顔の印象が強く記憶に残っている。
今日はどこに泊まるんだろうなぁと小さいながらも心配していたこともあった。





こちらは下の日枝神社を正面に見て左手の斜面に広がるやまぶき畑だ。
いつもは光も当たらず薄暗い斜面だが、昨日は夕日が差し込んで明るく輝いていた。



  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(0)植物