QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年04月20日

ヒメコブシとホオジロ






2017年4月20日(木)

酒田市飯森山にある出羽遊心館。
立派な数奇屋造りの建築と眺望が魅力の建物だが、
私にとってはその庭に咲く花々と、木々に集まる野鳥が興味深い。

昨日の午前中まだ青空が空一杯に広がっていた頃、
ぐるりと一周したとき見つけたヒメコブシの花(シデコブシ=幣辛夷の別名)。
ピンクの花が青空に溶け込んでとてもきれいに見えた。

春の花はどんどん咲き始めてそして潔く散っていく。
強風の中どうにかしがみついている桜もみごとに咲いていた。





さて、お目当ての野鳥だがいつもは木々のてっぺんでその美声を高らかに披露するホオジロが、
昨日は強風を避けるように地面近くの木の手すりに止まっていた。







さすがの美声の持ち主も昨日の風には参ったのだろう。
一言も鳴かずにしばらくこの建物の陰になって休んでいた。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)植物

2017年04月16日

山王森も秘かに桜




2017年4月16日(日)

昨日行った酒田市日吉町の下の日枝神社境内にある枝垂桜。
解放感たっぷりの日和山公園とは違い、こちらはしっとりと静かな秘かな桜見物。

日枝神社に向かってすぐ右手にある枝垂桜はそんなに大きな樹木ではないが、
それでもしっかりとピンクの花を咲かせている。





そしてこちらの枝垂桜は光丘文庫の石段脇にあるかなり大きな樹木。
晴れて青空が広がれば青空を背景にみごとな桜を見ることができる。





途中見つけた芽吹きに光が当たって幻想的に見える若い芽。
こんな何気ない緑にもウキウキしてしまう春本番になってきた。





こちらは光丘文庫脇に咲くレンギョウ(連翹)の黄色の花。
遠くから見るとまるでそこだけに光が当たっているような輝きがある。
レンギョウが満開にまるといよいよ春真っ盛りとなる。

なお、同じ黄色でも山吹(やまぶき)の花は日陰に咲くからか、
あまり目立とうとはしない。
薄暗い木陰にひっそりと咲き始める。


  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)植物

2017年04月13日

カタクリの花が咲く






2017年4月13日(木)

昨日行った酒田市八幡地区にある八森自然公園。
ずいぶん前から咲いてはいたものの、連日の低温に遭ってうまく花が開いてくれない。
何とか撮ったほんの一部。

地元の人たちの手厚い保護活動で、
カタクリの群生地はずいぶん広範囲になった。
これでお天気が良ければ一機に開花するだろうなと思われるが、
そう簡単に自然は言うことをきいてはくれない。

人に見せるために咲くわけでもない。
ひっそりと森の片隅で咲くのが好きなのかもしれない。

それでもこの花があるおかげで生きている蝶もいるのだ。
まだ寒くて蝶の姿はまったく確認できずにいるが、
もう少しで温かくなりそうだ。


  

Posted by 黒メダカ at 17:02Comments(4)植物

2017年04月09日

酒田市光ヶ丘プール脇の桜








2017年4月9日(日)

昨日午後散歩に出かけた酒田市光ヶ丘にある酒田市光ヶ丘プール脇の桜。
種類はわからないが赤い色が強く緑に囲まれた中で鮮やかに咲いていた。

酒田市光ヶ丘プール敷地内にある桜とそして百メートルほど離れた駐車場脇の桜。
どちらも同じ種類なのか、また名前は何というのか、足湯に入っていたおばさんたちに尋ねたが、
「わがんねぇ~私らは姥桜(うばざくら)だけどなぁ~」と言うことだった。

そんなに大きな木ではないが、
それでもこんなに見事な花を咲かせてくれる。

ウォーキングの人が数多く見ながら通り過ぎていた。










  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)植物

2017年04月08日

八森自然公園の桜咲く








2017年4月8日(土)

酒田市八幡地区にある八森自然公園内、テント場の一角にある樹高5mほどの小木に咲く白い花。
ようく見ると桜に似ているが確定できずにおそらく「ちょうじざくら(丁子桜)」かと判断した。

場所が杉の間とあって光がよく当たらない場所になっていた。
この時期行っても咲いている姿を知る人はほとんどいない。

昨日はたまたまボランティアで公園整備をしているおじさんがいて、
教えてもらって初めて知った私だった。

環境が悪い上に生育もあまり大きくならない「ちょうじざくら」とあっては、
やはり花もまばらになるしかないのかもしれない。
しかし、その特徴である花の筒が長いことは確認することができた。

前日からの雨に寒さが加わってせっかく咲いたカタクリの花はみな下を向きっぱなしだった。
延齢草(えんれいそう)がみごとに咲いていた。











  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)植物

2017年03月29日

公益大裏山の梅の花




2017年3月29日(水)

酒田市飯森山にある東北公益文科大学の裏山の雑木林にも春がきた。
白梅や紅梅がようやく花を咲かせ、今が盛りとなっていた。

しかし、学生の姿はほとんどなく、
ウォーキングを楽しむ人がたまに立ち寄るくらいで、
せっかくの春の景色がもったいないようになっている。

私は花よりも野鳥目当てにあちこち立ち寄っているが、
この梅の香に誘われてメジロなどがこないかと罠を張って待っているが、
残念ながらさっぱり寄ってきてくれない。

青空が出てもなかなか気温が上がらず、
冷たい風が吹くここ1週間ほど。
やはりもう少し暖かくならないと野鳥の皆さんも活発にはならないのだろうか。







裏山には雑木で遮られた陽だまりの場所があちこちある。
気持ち良く散策できるが何しろどこに行っても坂道になっている。
少し汗を流す気持ちで散策するとちょうどよい。




  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(0)植物

2017年03月28日

八森の鬼縛り






2017年3月28日(火)

先日行った酒田市旧八幡地区にある八森自然公園の一画。
野球場を過ぎた辺りから左手に登っていくと昔はフィールドアスレチックなどもあったが、
今はキャンプ場がきれいに整備されている。

暖かな光が注ぐと地面に光が届き心地よい雰囲気になる。
そんな木立の中で見つけたのは「鬼縛り(オニシバリ)」の花。

いかつい名前だが、
樹皮が強靭で枝を折ってもちぎれないことからこの木の樹皮で鬼を縛っても切れないだろうと、
こんな名前になったと言う。

また別名ナツボウズ(夏坊主)とも呼ばれるがこれは夏に葉が散って坊主状態になることから、
そんな名前でも呼ばれている。

おもしろい名前だと感心するが、沈丁花(ちんちょうげ)の仲間だからか、
ほんのりと良い匂いがする。

周りを見渡せばまだまだ緑の少ないこの時期、
このオニシバリの周りだけは緑でいっぱいだった。










  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)植物

2017年03月22日

チューリップ園の今年は?






2017年3月22日(水)

昨年10月末で閉館した鶴岡市の「いこいの村庄内」。
この施設には泊まったこともあれば日帰りでのチューリップ園見学など、
数多くの楽しい思い出がいくつも散りばめられている。

それが利用者の減少に伴い設備の老朽化も手伝って閉館となってしまった。
残念としか言いようがないが、すぐそばの砂丘に育てられたチューリップはどうなるのだろうか。

昨年はチューリップ祭りが盛大に行われたが、
今年以降については全く未定とのことだった。

先日行ってみると確かに玄関には貼り紙がされ、
チューリップ園には人影もなかった。
しかし、チューリップは芽を出し、このままいけば昨年のような花を咲かせてくれそうだった。

無人のチューリップ畑に春の日が降り注ぐひととき。
ぐるりと園内を歩いてみたが、
シジュウカラやヤマガラの鳴き声がせわしなく降り注いでいた。







  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(2)植物

2017年03月10日

真白き春の花見つけた






2017年3月10日(金)

3月になってから急に寒くなってぶるぶる震えながら散策をしている。
昨日行った酒田市八森自然公園内のキャンプ場付近。
今が盛りと真白き花「キクバオウレン」が咲いていた。

毎年畑に来たようにいっせいに咲きだすキクバオウレンだ。
まだまだ雪が残る山道を登っていくとあまり目立たない林の中に咲く。

もう少しして雪が消えてくるとキクザキイチゲやカタクリの花が咲きだす自然公園。
野鳥も渡りの季節が到来して見たこともない珍しいものを見ることができる。

ぐるりと一周して約7千歩の自然公園だが、
まだ雪で行けないところもあって楽しみはまだ少し先になる。





林から抜けるとこんなに雪がある。
キクバオウレンはこのすぐ近くに咲いている。

昨日は晴れたり曇ったりだったが、
わずかな光を頼りに写真を撮った。
しかし、白い小さな花を撮るのがこんなに大変だったと改めて考えさせられた。
白く飛んでしまう写真がほとんどだった。


  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)植物

2017年02月15日

まんさくの花








2017年2月15日(水)

昨日お天気の悪いなか歩いた庄内空港緩衝緑地。
北側(入口側)の遊歩道を西に向かって(海方向)歩いた。
空港に沿ってずっと遊歩道が作られている。

ゆっくりと歩いて行くとまんさくの花が黄色の光を放っていた。
薄暗い遊歩道のそこだけが明るくなっているようだった。

この空港緑地には赤花のまんさくの花もあるが、
やはり黄色の花が美しいと思う。

周りを見ると時々野鳥が囀りながら飛んでゆく。
シジュウカラやヤマガラ、ヒヨドリなどの声が聞こえた。
その中で何とか撮影した一枚。





人懐こいのか近くまで来て私の方をしばらく眺めていた「ヤマガラ(山雀)」。
木の幹をコツコツたたくのはキツツキ類の得意技かと思っていたが、
私の目の前でこのドラミングをして見せてくれた。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)植物