QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年08月29日

散歩中に漂う甘い芳香




2018年8月29日(水)

このところ散歩をしていると甘い芳香が流れているのに気が付く。
今やつる植物の代表のようになってしまった「葛の花(くずのはな)」が咲き始めている。

トイレの芳香剤などよりもずっと甘味の強い芳香。
好き嫌いはあると思うが、虻などは大好きなようで夏よりも活発に飛び回っている。

色は濃紺紫色。
たまに白花を見かけたり色の薄いトキ色のものもある。

和菓子でよく使われるくず粉は、この植物の根から取られる。
葛餅や葛切りなどは私の大好物だ。
風邪を引いた時に飲む「葛根湯(かっこんとう)」も同様だ。

しかし、この繁殖力がとんでもない。
ひとたび木などにからまると数十メートルは伸びていく。
そして、遊歩道などにも良く現れて、遊歩道が葛の葉だらけになっていたりもする。

秋の七草とは言え、邪魔になる葛の葉に閉口している人も多い。
もう少し風流な秋の七草ならいいのだが、難しいものだ。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(2)植物

2018年08月27日

我が家のニラの花




2018年8月27日(月)

荒れ放題の我が家の庭に咲く「ニラの花」。
いつからあるのかさっぱり記憶がないがどんどん増えて行って、
一部が占拠された状態になっている。

面倒なので全部抜いちゃおうかなと一時根っこから抜いたことがあったが、
匂いがきつくて何ともやり切れなくなり、途中で諦めてしまった。

ニラ自体は嫌いではないのだが、
こうも真っ白い星のような花が一面を覆うとついなぎ倒したくなる。

秋の長雨が拍車をかけてニラの成長を助けている。
いましばらくこのままにしているより仕方がないようだ。



  
タグ :ニラの花

Posted by 黒メダカ at 08:57Comments(0)植物

2018年07月17日

我が家のあさがお






2018年7月17日(火)

昨年酒田まつりで買った変化あさがお「江戸風情」とルコウソウ。
今年も売っていたが昨年取った種を撒こうとあえて買わなかった。
しかし、種を撒く時期が6月中旬になってしまい、ずいぶん遅くなってしまった。

ようやくここまで蔓が伸びてきて一安心しているが、
何だか昨年の葉と少し違うような気がしてしょうがない。

先祖返りをして普通の朝顔に戻ってしまったか。
花はまだ咲いていないため確認はできないが、
何と言っても葉の大きさが違う。

ルコウソウは細葉の葉だから一目でそれとわかるが、
楽しみはこれからというところか。


さて、最近あちこちで見かけるオレンジの花。
ノウゼンカズラが元気に咲き誇っている。

ハイビスカスなどにも似るこの花は、
夏の真っ青な空に似合う花で蔓を伝って高いところでも花を咲かせる。








  

Posted by 黒メダカ at 09:47Comments(0)植物

2017年11月22日

万里の松原の大根畑




2017年11月22日(水)

昨日散歩した酒田市光ヶ丘の万里の松原。
途中にある小さな畑には元気な緑の葉が大きく成長した大根が作られていた。

あまり手入れをしていないようで雑草が辺り一面茂っていたが、
その中に真っ白な大根も見えた。

この一帯は砂地の畑。
酒田市浜中辺りでもかなり大根は作られているが、
同じ砂地だもの、この辺だって美味しいはず。

最近こんな畑も見ることが無くなってきて、
つい美味しそうな大根と葉っぱだなと写真に撮ってしまった。

落葉ばかりに気を取られがちな秋の風景。
冬を前にしっかりと根を張っている植物だってあるのだ。



  

Posted by 黒メダカ at 15:11Comments(0)植物

2017年10月16日

黄菊とシロツメクサと紅葉と




2017年10月16日(月)

酒田市高砂地区は細い路地が多く車で行くと大変な目に会うことが多い。
散歩がてら北港緑地から砂山をひとつ越えて歩いた。

高砂郵便局近くの農家で菊を栽培しているところがあった。
黄色の菊だったが「もって菊」なのかもしれない。
紫と黄色がある「もって菊」、私はどちらかというと黄色が好きだ。





ぐるりとひと回りして北港緑地のグランドに戻ってみるとまだ枯草色にはなっていない。
シロツメクサなどが鮮やかな緑に染まって元気に生きていた。

10月も半ばになりずいぶん寒くなった。
まさかこのまま雪が降るわけでもあるまいが、
このシロツメクサの葉の中に四葉のクローバーが何と10本以上もあった。

栄養がいいのかそれとも縁起がいいグランドなのか。
風は冷たく少し強く吹いていたが、ほんのり気持ちは暖かくなった。

まだまだ枯草色ばかりの自然ではない。
鳥海山もずいぶん下の方まで赤く彩られてきた。





酒田市八幡地区にある産直たわわの裏から写した。





  

Posted by 黒メダカ at 18:23Comments(0)植物

2017年09月03日

万里の松原の蔦の侵食




2017年9月3日(日)

酒田市光ヶ丘にある万里の松原。
松の大木がぐんぐん空に向かって伸びている。

しかし、いつも気になるのは地際からじわじわと侵食してくる蔦などの植物。
万里の松原の看板にも登ってきているが、
中には次の写真のような状態になっているものもある。





このくらい侵食されると見事としかいいようがないが、
それでもこの蔦の害を知っている人は多い。

私も散策途中で見かけると思わず切ったりすることがある。
カッターなどをもっていると変質者と間違われることがあるので常に素手で切っている。

蔦の枝の太さを見たことがあるだろうか。
普通の枝と同じものが木の表面にとりつくのだから悲惨だ。
陽も当たらなくなる。
害虫が発生する。
などなど。

これで大木が倒れた姿を見たことがある。
強烈な力が蔦にはある。

これからこの蔦の紅葉が徐々に始まってくると確かに美しいが、
その色は毒々しい美しさだ。


  

Posted by 黒メダカ at 10:49Comments(0)植物

2017年07月22日

月山の可憐な花たち




2017年7月22日(土)

昨日行ってきた夏山月山の可憐な花たちを掲載する。
一枚目は夏山の代表のような「ニッコウキスゲ」。
この花を見るとあぁ夏がきたなぁと思わず感じてしまう。
大群落とまではなっていなかったが、あちこちに点在していた。





小さな花だが「ハクサンフウロ」と言う。
漢字で書くと「白山風露」。
木道脇にけなげに咲いていた。





「キンコウカ(金光花)」。
弥陀ヶ原周辺の湿地で見られる輝くように咲く花。







弥陀ヶ原の湿地に多く見られる池塘(ちとう)。
夏山月山では普通に見られるが貴重な湿地帯である。
空の色が反射してとても美しく見える。





「ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)」。
ツツジの仲間ながら花が開かずつぼ型になる。
色が渋く目立たないと思うと案外密集して花をつけるため結構人気がある。





「ミヤマリンドウ(深山竜胆)」。
弥陀ヶ原の湿地帯で多く見られるが、
花の大きさが1cm程度と小さいため見逃しがちの花になる。





「イワカガミ(岩鏡)」。
私の大好きな高山植物。
葉が鏡のようにつやつやしていることからこう命名されたようだが、
このピンクの花を見るたびにもっとかわいい名前でもいいんじゃないだろうかと思ってしまう。





「チングルマ(稚児車)」。
山のお花畑には欠かせない花。
群落があちこちに点在していると本当に花畑に来たと感じる。





「コバイケイソウ(小梅蕙草)」。
白い花を付けるが咲く年と咲かない年があって、
今年は咲かない年のようだった。
葉の葉脈はとても美しく花が無くてもつい写真に撮ってしまう。





「ウサギギク(兎菊)」。
どこにでもありそうな黄色の花だが、名前は葉の形が兎の耳に似ていることからつけられた。
発音するのが難しくて説明するのに苦労した記憶がある。





「シラネアオイ(白根葵)」。
別名「山芙蓉」「春芙蓉」とも言うが、日光白根山に多く自生し、タチアオイの花に似ていることから命名された。
美しい花だが雨に弱く、薄い花びらが可哀そうなくらい薄い。





「ゴゼンタチバナ(御膳橘)」。
白い花はヤマボウシの花に似て美しいが葉も美しい。
高さ10㎝ほど、花の大きさも2㎝ほどで可憐な植物である。


他にも弥陀ヶ原の湿原や雪渓脇では様々な花たちが彩り豊かな花を咲かせていたが、
昨日撮ってきた花たちは以上で終了とする。

また機会を得てチャレンジしたいと思っている。











  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)植物

2017年07月05日

トクサ(砥草)の新芽







2017年7月5日(水)

午前中散歩した酒田市飯森山にある出羽遊心館脇の庭園内にあるトクサ(砥草)の新芽。
トクサと言えばシダ植物の一種でつくし(土筆)の胞子のようなものをつける。

増殖は地下茎が伸びることで株が増えていくが、
土を選ばずに増えるため庭中トクサだらけになることもある。

この出羽遊心館のトクサもあちこちに増えていた。
冬になる前に主だったところを刈り取っていたが、
この時期になると新芽が伸び出して元気の良いところを見せていた。

トクサは表皮細胞壁にケイ酸が付着し、
この固い物質で砥石のように物を磨くことができることから命名されている。

酒田市漆曽根にある母の実家の庭にあったのを、
おもしろくて抜いて遊んでいたのを記憶しているが、
今もまだあるのだろうか。

遠い昔の話である。


  

Posted by 黒メダカ at 16:23Comments(0)植物

2017年06月27日

八幡地区にタチアオイ咲く






2017年6月27日(火)

昨日午後から行った八幡地区。
6月に入るとすくすく伸びてきたタチアオイがようやく花を咲かせた。

写真は酒田市福山周辺で撮った写真。
道路のすぐそばで見事な花を咲かせていた。

これからいよいよ夏真っ盛りに突入する季節。
この花を見ると青空とともに夏がきたなぁと感じてしまう。

どこか南国の花ハイビスカスとも似ている花姿。
これから咲いてくる芙蓉の花や槿(ムクゲ)の花、
ノウゼンカズラの花などどれも夏の匂いがする花ばかりだ。




  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)植物

2017年06月17日

変化朝顔「江戸風情」開花









2017年6月17日(土)

今年の酒田まつり(5月19日)に買った変化朝顔「江戸風情」の苗がぐんぐん伸びて、
今日朝見ると、みごとに開花していた。

いっしょに買った普通の朝顔の花も咲き蕾もあちこちに見える。
蔓は現在約1m50cmほど伸びてもうすぐ私の背丈を越すような勢いだ。

変化朝顔の絣模様はさすがに涼し気で心地よいし、
濃いむらさきの朝顔もみどりの葉とともにいかにも夏らしくなってきた。

さて、もう一種類買った「ルコウソウ」は昨日一番先に開花していた。







こちらも蔓がどんどん伸びている。
この赤色の鮮やかな花の大きさは朝顔の三分の一程度しかない。
あまり大きいと毒々しさが目についてかえってこのくらいの大きさがいいのかもしれない。

蕾の写真も掲載する。










  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)植物