QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年10月14日

はやぶさそば








2019年10月14日(月)

山形県内に三ヵ所あるそば街道のひとつ「最上川三難所そば街道(村山市)」。
難所は碁点、三ヶ瀬(みかのせ)、隼の三ヵ所になるが、
そのひとつの隼難所のすぐそばにお店を構える「リバーハウスはやぶさ」さん。

今日は台風19号の影響でやってるかなぁと行ってみると平気な顔してこの前より上がらねなぁとのこと。
さっそく店の名物「はやぶさそば」を注文した。

今回は家族三人での訪問。
やはり一人より運転はずっと気が楽だった。

「はやぶさそば」は蕗の煮しめやささぎの胡麻和え、こごめの塩漬け、茄子漬、ぺそら漬けなどが出されるほか、
スープを入れるお椀にはわさび、おろし大根を始め鶏肉、菊、なめこ、しいたけ、ねぎ、わらびなどが入って豪華なおそばになっていた。

気温が14度とほとんど晩秋に近い寒さ。
結構厚着をして行ったが、それでも温かいお茶が心地よかった。









  

Posted by 黒メダカ at 18:43Comments(0)そばのこと

2019年09月30日

そばの陣じゅんさい








2019年9月30日(月)

最上川三難所そば街道の一番札所「そばの陣じゅんさい」さんに行ってきた。
大石田町との境目にあるじゅんさい沼のそばにあるこのお店のおそばは酒田では考えられない太麺だ。

のど越しさわやかにと言うよりはもぐもぐ噛んでおそばの風味を味わうおそばだ。
もちもちしてとても噛み応えがあり、予想以上に美味しいおそばだった。

板そば普通盛り800円には美味しい漬物もついていた。
おなか一杯になってお店をあとにした。

その後そば街道を南下し、最上川三難所を通過したが、
何しろ駐車する場所もなく写真を撮るのに一苦労した。

最上川美術館(真下慶治記念美術館)に行ったり、
龍神の吊り橋を散策しながら楽しんできた。

これはまた別の記事で紹介しよう。









  

Posted by 黒メダカ at 18:35Comments(0)そばのこと

2019年09月30日

最上川三難所そば街道






2019年9月30日(月)

庄内にいるとお蕎麦屋さんが少なくて残念でしょうがない。
それにあっても値段がとんでもなく高い。

人件費やそば粉の高騰で高くなるのはわかるが、
それでも内陸のお蕎麦屋さんに比べると圧倒的に高いと感じる。

山形のそば街道は三ヵ所にあると言われる。
ひとつは大石田そば街道、ふたつは尾花沢そば街道、そしてみっつめが最上川三難所そば街道。
以前山形勤務のときは何とも思わずに美味しくいただいていたが、
今になって思うと、もっとまじめに食べていればよかったと思っている。

会社を退職してから尾花沢や大石田に行くときは必ずと言っていいほどそば街道の名店にお邪魔している。
どこも美味しくて感動をしてしまうほどだが、残念ながらまだ行ったことのないお店も相当ある。

少しずつでも行ってみたいなとインターネットで検索しては、
どこがいいのか探しながら楽しんでいる。

上の案内マップは「最上川三難所そば街道」だ。
村山市だと酒田から約2時間ほどかかる。
それでも行きたいお店が結構ある。
もちろん山形にいたときに行ったことのあるお店もある。

今日はさいわいお休み日だ。
これから準備をしてドライブをかねて行ってみようか。




  

Posted by 黒メダカ at 08:52Comments(0)そばのこと