QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年02月14日

病院のお弁当屋さんの海老ピラフ




2018年2月14日(水)

午前中の私の診察が終わり日本海総合病院の母の見舞いに行ってきた。
ぼたぼたと降る雪だったり雨が降ったりと忙しいお天気だ。

母は疲れたのか目を閉じていたが、
声をかけるとかすかに目を開けてこちらを見た。

昨夜は良く眠れたか、寒くはなかったか、どこか痛いところはないか。
ゆっくりと聞きながらお話しをしたかったが、残念ながら少し静かにするとそのまま眠っていた。

酒田市あきほ町にある日本海総合病院は人でごった返していた。
歩くのも大変なほどだった。

帰り際出口のところにあるお弁当屋さんで海老ピラフを買った。



  

Posted by 黒メダカ at 12:58Comments(0)食べ物・飲物

2018年02月14日

将棋の未来




2018年2月14日(水)

今日は遅番勤務。
午前中は私の月に一度の医者通い。

先日行った精密検査や胃カメラの結果を言い渡される。
毎年のことだが、何ともやり切れない思いが脳裏をよぎる。
何しろ、私の心臓手術もこの検査結果で初めて必要とわかったのだから。


さて話は変わって、中学生棋士がプロにデビューして連勝の新記録を達成したとたん。
全国の小学生や中学生が将棋大会や将棋道場に溢れるようになった。

酒田でも鶴岡でも将棋大会が熱気を帯びるようになった。
皆さん一様に中学生プロ棋士の名前を出して「ぼくも(私も)プロになりたい」と言う。

私も昨年たまたま休みの日に将棋大会があって参加してみたが、
惜しくもメダルは逃してしまったが健闘はしたと思う。
昔取った杵柄(きねづか)はまだ健在だった。

一時的なブームという人も多い。
そんなに簡単なものじゃないという評論家もいっぱいいる。
しかし、現在のような混沌とした時代のなかで、
必死に考える姿を見ただけでもすばらしいなと思うのは私だけだろうか。

写真はNHKテキスト「将棋講座」と付録の「阿部健治郎の囲い最前線」。
付録を書いているのは酒田市在住のプロ棋士阿部健治郎7段である。

2002年6級で奨励会入会。
2009年4段、2016年7段。
時々NHK杯に登場し、強豪を破ったりもしている。

こんな酒田市民もいるのだ。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)酒田関連