QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年03月25日

酒田市役所前の桜の行方




2017年3月25日(土)

東京ではすでにソメイヨシノの開花が報じられていた。
酒田ではまだまだ蕾は固いままだが、
酒田市役所が建て替えられる以前にあった交差点のところの桜の行方が気になって、
とうとう昨日、酒田市役所の総合案内に尋ねに行った。

桜の木の話をすると担当の方(新庁舎建設室の方?)が直接総合案内まできていただき、
詳しいお話しを聞くことができた。

ちょうど喫茶「山茶花(さざんか)」の向かい側の小高い休憩所にあった桜の木は、
酒田では一番先に咲き始めることで有名な木だった。

酒田市役所でも何とかしてこの木を移転したいと考え、樹木医などとも相談をしながら根を掘り進んだところ、
やはり相当な老木で移転は無理だろうと考えていたらしい。

しかし、それでも何とか掘り出してトラックに積んだところまでは良かったが、
その後運搬しているときに木が折れてしまったとのこと。
すぐ隣にあった大きなたぶの木もやはり老木で同じ運命だったようだ。
命あるものいつかは土に還るのは止むを得ないことだが、やはり惜しい。

それでも、ことの顛末(てんまつ)を知っている方から直接お話しを聞くことができ、
本当にうれしい気持ちでいっぱいになった。

そして、担当の方の話はまだ終わってはいなかった。

それは折れた桜の木とたぶの木を使って作られたのが、
何と目の前にある総合案内のデスクなのだった。

いつも総合案内の席に座っている若い彼女も全く知らない話で、
かなり驚いていたが、何か一言でもこのデスクの生い立ちなどを書いていればと思ったが、
あえてそんなことをしないほうがいいのかもしれないとも思った。





一枚板ではないが、かなりがっしりとした造りとなっていた。
以前は桜の花を咲かせることで市民の目の保養になっていたが、
思わぬ形で市民の役に立っている現在の桜の木。

これからもしっかりと市民を見守って過ごして行くのだろう。





酒田市役所北側には生き残ったたぶの木、松の木、桜の木がある。
これから徐々に花を咲かせ、緑を楽しませてくれそうである。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(2)酒田関連

2017年03月19日

酒田市新橋3丁目108区画分譲開始






2017年3月19日(日)

酒田市新橋3丁目にあった天真学園高校グランドが工事に入ってだいぶ経つ。
ちょうど酒田市立第二中学校の向かい側に当たる。

すぐそばにはにいだ川が流れ酒田駅までの時間もそうかからない。
広告を見ると坪単価は13万円から16万円ほど。
面積も53坪から70坪ほどとなっていた。

分譲が開始されてまだ間がないというのに、
さっそく建築が開始されている土地もあった。

青空がまばゆい昨日の朝見に行ったが、
やはり新しく分譲されただけあって心地よい雰囲気だった。

ここに入居する人が108世帯なら若浜小学校へは何人入ることになるのだろうか。
どこの小学校も生徒が少なくなり、いろんな面で弊害が出ている。
このプレミアムニュータウンが明るい話題を提供してくれればうれしい。

我が家から歩いても数分の場所ながら時々散歩がてら来てみようと思う。
公園などの緑が見つからないのが少し物足りないが、
にいだ川の緑でカバーするのだろうか。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)酒田関連

2017年03月18日

中瀬渡舩碑






2017年3月18日(土)

今日は小学校の卒業式。
私は都合で出席できない。
晴れの日に卒業生の保護者に皆さんは感激もひとしおだろう。
影ながらおめでとうと言いたい。

さて、昨日行った酒田市飯森山にある飯森山公園から北に向かって歩いて行ったところ。
京田川の土手に登る手前には「中瀬渡舩碑」なる石碑が立っている。

以前からこれは何だろうと気にはなっていたが、
いよいよ木に書かれた文字も読めなくなってきた。

光丘文庫で調べたり図書館で調べたりもしたが、
残念ながら関連する資料は見つけることができなかった。

その昔、宮野浦渡し船があったのは私も知っているが、
かなり下流域にあったと記憶している。
しかし、暴れ川で有名だった最上川だ。
それ以前は渡し船の場所がちょうど飯森山付近からになっていたのではないだろうか。

酒田市には中瀬と付く地名が他にも実は存在する。
ひとつは吉田新田堰中瀬。
これは新井田川に近いが渡し船とは距離があり過ぎる。

そして宮内字中瀬という地名もあるがこれも南遊佐に近い場所で遠すぎる。
中野俣中瀬という地名もあるが旧平田町地内で関連は薄い。

最後に残ったのが出羽大橋上流にある酒田市中瀬である。
中瀬の渡し船を知っている人はおそらくもういないだろうと思われるが、
もう少しこの地域の歴史を紐解きながら調べてみようと思っている。

この後京田川の土手へ登り宮野浦方面を写真に撮った。
高見台地区もずいぶん家が増えた。
久木原公園へ行って休憩したあと飯森山公園へと帰った。







  

Posted by 黒メダカ at 08:13Comments(0)酒田関連

2017年03月11日

珍しき吊るし飾り








2017年3月11日(土)

昨日行った酒田市松山地区にある「松山文化伝承館」にあった吊るし飾り。
私がこれまで見たこともないかわいいものがたくさんあったので紹介しよう。

もっとも写真に撮ることができたのはロビーにあったサークルで作成したもの。
この「布遊びの会」で講師を務められた高橋睦子氏のオリジナルらしいかわいい吊るし飾りは、
現代でも通用するような個性的な美しさを持つものだった。















傘福飾りにはあまり詳しくない私だが、
この吊るし飾りはいろんな願いを込めて200種類以上のものがあると聞いた。
子どもの健やかな成長を願うものから安産祈願など、
その願いは各地の神社に届けられて吊るし飾りとなって残っている。

福岡県柳川市のさげもん、静岡県東伊豆町稲取地区の雛のつるし飾り、
そして酒田市の傘福を称して日本三大手芸とすることがある。

  

Posted by 黒メダカ at 08:07Comments(0)酒田関連

2017年03月09日

清亀園の傘福飾り




2017年3月9日(木)

昨日雪の降る中行った酒田市浜田にある清亀園(せいきえん)。
今年も酒田雛街道の「古傘福と古典雛人形」展示会が開催されている。

古傘福は昔からある傘福だが、
ぼろぼろになりながらもかろうじて形がわかるものもあって、
推理しながら修復して(作り直して)飾る取り組みをしていた。

ちょうどお客さんもいなくて私の貸し切りだったが、
親切にこれまでの経過や今行っていること。
そして酒田各地のいろんな神社から借りてきた傘福飾りを
懇切丁寧に説明してくれるのだった。

さすがに庄内傘福研究会だけあって、
歴史や地理に詳しく、感心するばかりだったが、
いかんせん男一人の見学者では話も弾まず申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

せっかく一所懸命説明してくれたのにすみません!

うんちくは省略して写真を掲載する。









上の写真は猫柳の木に飾られた人形。





一色で統一された傘福飾り。左が紅花染め、右がさくらんぼ染め。






  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(0)酒田関連

2017年03月08日

龜屋の小鵜飼船(こうかいぶね)




2017年3月8日(水)

酒田市本町にある龜屋(かめや)菓子舗で作っている焼き菓子「小鵜飼船(こうかいぶね)」。
山形県内を縦断する最上川を内陸から酒田まで米俵などを積んで運搬してきた船。

かなり大型で積載量は50俵前後。
途中浅瀬などがあるためもっと大型のひらた船は使用できず、
この船を使ったと思われる。
復元されたものが酒田市山居倉庫に保管されている。

さて、この「最上川舟運小鵜飼船」は船の部分が柔らかいクッキーでできており、
上に積んである粒上のものはもろこしのような硬さがある面白い菓子だ。
もろこしの中にはくるみなども入っている。

歯が悪い方は少し食べづらいかもしれないが、
食べるとかなり美味しい。

地元の菓子ながら実は今日初めて知った。
本町のお店ではなく、山居町にある山居倉庫夢の倶楽のお土産売り場にあったのだった。

箱売りはもちろん、バラでも販売しており1個160円だった。


  

Posted by 黒メダカ at 18:03Comments(0)酒田関連

2017年03月08日

ひょっこり島売店の玉こん






2017年3月8日(水)

3月に入ったというのに急にまた寒くなってしまった。
昨日行った酒田市南新町にある日和山公園は芝生が一面真っ白になっていた。
西風も強く、歩くどころの話じゃない。

止む無く一番西側にあるひょっこり島売店で休憩。
中に入ると暖かくてとても気持ちいい。
玉こん(130円)を1本だけ頼んだだけなのにお茶までサービスしてくれた。

ところでここの玉こんにゃくはとんでもなく美味しい。
イカゲソのダシが出ているのか、いい味を出している。

ひとつ丸々食べるよりも味わいながらかじって食べると美味しさがよくわかった。
中まですっかり汁がしみていた。
辛子も出されたが何も付けないで食べた方がずっと美味しい。

お茶をご馳走になり外に出たが相変わらず雪が舞っていた。







  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)酒田関連

2017年02月26日

酒田大仏に春の日差し




2017年2月26日(日)

昨日行った酒田市日吉町。
ふと上を見上げると春の暖かな日差しを受けた酒田大仏が微笑んでいた。

高さ17mの銅製の立像は金属製の立像としては高さが日本一とのこと。
酒田市民もあまり知らない名所となっているが、
確かに遠くからでも見えるという代物(しろもの)ではない。

若草幼稚園(持地院)敷地内にあるが、
多くの木々が邪魔をして同じ日吉町からでも見つけるのが難しい。

しかし、間近でこんな風に見るとみごとなものだ。
バックが青空で日差しがあることでなお美しく見えてしまう。

思わず手を合わせてごくろうさまとつぶやいてしまった。


  

Posted by 黒メダカ at 08:17Comments(0)酒田関連

2017年02月20日

酒田市中心地は四角の地




2017年2月20日(月)

昨日も一昨日も仕事だった。
そして今日も朝から仕事。
さすがに少し疲れてきた。

昨日仕事が終わってから行った酒田市中町。
マリーン5清水屋前で南方面にある酒田市役所を写した。

以前は市役所の角には桜の花が植えられていて、
季節になると満開の桜を見ることができた。
酒田の中心地にある桜は見るものを本当に和ませたものだ。

今こんな風に写真に撮ってみると、
何と四角ばかりの目立つ地域になったのだろうと思った。

これから緑も増えてくるのだろうとは思うが、
何と味気ない風景なのだろうと感じてしまった。

春3月いや4月になってもう一度同じ場所で写真を撮ってみよう。
どんな春が演出されるのかいましばらく待ってみよう。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(2)酒田関連

2017年02月13日

喫茶店ケルン








2017年2月13日(月)

昨日お天気の悪い中行った酒田市中町にある喫茶店ケルン。
昔からの柳小路に面したケルンはこれまで何度も行った喫茶店だ。

注文したのは「アメリカンコーヒー420円」。
何もいれずにそのままコーヒーの美味しさと暖かさを味わう。

お客さんは私の他にもう一人だけ。
テレビではハーフマラソンの中継を行っていた。

テーブルは木製のがっしりとした造りのもの。
椅子も同様で座ると安定感があって落ち着くものだった。

昔からの見慣れた室内風景も写真にすると何だか懐かしい気がする。
少し薄暗いくらいがちょうど良い。

夜にはアルコールも提供され、有名なカクテル「雪国」が人気の的となっている。
残念ながら今の私はカクテルは飲めなくなってしまったが、
それでも冥途の土産に一度飲んでみたいと思っている。

壁のところにはアンテークな調度品や装飾品などが飾られている。
静かな雰囲気が妙に落ち着くお昼過ぎのケルンだった。









  

Posted by 黒メダカ at 08:16Comments(0)酒田関連