QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年03月18日

桜湯と紅白饅頭






2019年3月18日(月)

小学校の卒業式に行ってきた。
青空が広がって心地よいが風が冷たくて会場の体育館はとても冷えていた。

来賓の待機会場へ行くとさっそくめでたい席で出される桜湯が待っていた。
ほんのりとピンクの花びらが春の雰囲気を醸し出してくれる。

今年の卒業生は26名。
そのうちスポーツ少年団団員は6名。

後ろの席でビデオやカメラを駆使している保護者の皆さんの数もずいぶんと少なくなった。
着物姿のお母さんが10名ほどいて、涙ぐんでいる人もちらほら見えた。

お別れの歌「あなたにありがとう」「あなたに会えて…」と全校で歌った「旅立ちの日に」の最中、
目がしらが熱くなる場面が何度かあった。

胸が詰まって自分の言葉が言葉にならない生徒を見た時だった。

家に帰ってきて紅白饅頭を前にして、
いい卒業式だったなとぼんやりしていた。





  

Posted by 黒メダカ at 12:47Comments(0)生活

2019年03月04日

スマート心拍ブレスレット






2019年3月4日(月)

昨日少し遅い誕生日プレゼントをいただいた。
息子夫婦と妻と娘からのものだった。

予想もしていなかった出来事に少しうれしかったが、
その中身が一枚目の写真。
タオルハンカチに2個のタンブラー、そして菓子3袋と最後にスマート心拍ブレスレット。

ブレスレットは近未来的なデザインで私にとっては扱いにくい代物だがちょっとだけ腕に付けていた。
普段時計などしたこともない私、どうも具合が悪い。

第一取り扱い説明書の字が小さすぎて見えない。

機能的には時間や歩数計、心拍数、血圧テスト、アラーム、など多岐にわたるが、
果たして使いこなせるか。

今持っている携帯にも歩数計は付いているが、血圧計や心拍などはついていない。

みんなで私の身体のことを気遣ってくれているのはとてもうれしいが、
今度は私の頭が混乱するようで少し困っている。





  

Posted by 黒メダカ at 08:27Comments(0)生活

2019年02月20日

馴染のお店が消えてゆく






2019年2月20日(水)

久しぶりに酒田市新橋方面を歩いた。
住宅街ばかりであまりおもしろくはないが、それでも小さなお店やバイパス(国道7号線)を超えれば、
大きなお店もある。

新橋1丁目にある中華料理のお店「栄飯店」の前に白い貼紙が出されていた。
車で通るときは字が小さくて読めなかったが、
お店を閉店するとの内容だった。

昨年12月に閉店してすでに1ヶ月半が過ぎているが、
まったく気づくこともなくお店の前を通り過ぎていた。

昨年は酒田市駅東2丁目にある美鴨(みかも)さんも閉店した。
お蕎麦を食べに時々行っていたが残念だった。

そして続いて旭新町にあるこれまたお蕎麦屋さんの無量庵さんも店が開かれなくなった。

次々にいつも行く馴染のお店が無くなって行く。
近所にあるお店は大切にしたいなといつも思っているが、
なかなか思うようにはいかない現実がある。

今年は新たに元号が制定される年だ。
平成最後の年となる。

何か身近にうれしいニュースがほしいと思うこの頃だ。




  

Posted by 黒メダカ at 08:27Comments(2)生活

2019年01月27日

コミ振新年会と受賞祝賀会






2019年1月27日(日)

昨夜行われた浜田コミュニティ振興会新年交流会と、
前田直己氏の酒田市功労表彰受賞祝賀会に行ってきた。

前田直己氏は元前田製管社長で、現在酒田法人会会長、小さな親切の会会長などの役職に就き、
今回酒田市功労表彰を受賞された。

会場の浜田コミュニティセンターには約100名ほどの関係者が集まり、
鏡開きなどが行われたあと、盛大な交流会が開催された。

写真は鏡開きと「やましょう」の美味しい折詰。
外は風もなく穏やかだったが重たい雪がのっそのっそと降り積もっていた。




  

Posted by 黒メダカ at 15:11Comments(0)生活

2018年11月22日

ただいまフィルムの処理中




2018年11月22日(木)

大昔のフィルムをどうするか悩んだ末に、
1400万画素のフィルムスキャナーを購入し、少しずつデジタル化をしている。

そもそも私がカメラを持って撮り始めたのは高校卒業してからだった。
はじめはハーフサイズのオリンパスのカメラを使用していて、
すぐにオリンパスの一眼レフカメラを購入。

山登りや旅行、日常の風景などを撮りまくっていた。

特に中心だったのは高山植物で鳥海山の花を100種類撮ったものだったが、
今やどこに保存しているのかさえ定かではない。

まったく記憶にない写真も多くあって、
いかに人間の記憶なんてあてにならないか思い知らされている。

そして、昔の友人たちを見つけると、
その大半がもうすでにこの世にいない人たちだということを確認するはめになるのだった。

いっそこんな整理なんか止めてしまって、
潔く捨ててしまったほうがいいのかもしれないが、さて困ったものだ。







  

Posted by 黒メダカ at 08:16Comments(0)生活

2018年10月24日

バス停に酒田杉の腰掛




2018年10月24日(水)

昨日用事があって酒田市武道館と県立酒田光陵高校の間の道を歩いていると、
るんるんバス停の脇にできたばかりの酒田杉の腰掛が置いてあった。

そういえば酒田市美術館や土門拳写真記念館入口にあるバス停にも、
同じような立派な腰掛が置いてあった。

そして一様に誰も座ってはいなかった。

大きな公園の中のベンチと違って、
どうも公衆の面前での腰掛は居心地が悪いようでもある。
確かに座り心地が悪い気がする。

ウォーキングをする私にとっては、
とてもありがたくて、つい座ってしまいそうになるが、
目的がバスの待合場所なのだからいつまでもいるわけにはいかない。

酒田市から告示された「酒田市木材利用促進基本方針」は、
若浜学区学童保育所の建物に使われたり、市立酒田第二中学校などにも、
多くの酒田杉などが使われているようだが、
その評価はどうなのだろうか。

私などはグランドのベンチに木材を使用するのはいいものの、
老朽化し、古くなって使用できなくなった場合の対処の方が気になってしようがない。

新しいものを作って置くだけではなく、
古くなったものの保全にもぜひ目をむけてほしいと思っている。





  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)生活

2018年09月29日

消防フェスは子どもたちがメイン










2018年9月29日(土)

酒田市入船町にある酒田市体育館で開催されている「消防フェスティバル」に行ってきた。
働く車フェスティバルのように消防関係の大型車がずらりと並び、
小さな消防車には実際に乗って走ることもできた。

消火作業を実際に体験してみたり、
酒田大火のパネルが展示されていたり、見るところや体験するところはふんだんに用意されていた。

子どもたちは実際に触れるものがたくさんあってとても楽しそうにはしゃいでいた。
先着何名かのカレーライスや消防酒田音楽隊の演奏では聞いたことのあるサザエさんのテーマソングや、
中島みゆきの時代なども聞くことができて、やはり生の迫力に驚かされた。

この催しが今日一日限りというのは少し残念な気がした。









  

Posted by 黒メダカ at 13:47Comments(0)生活

2018年09月09日

雨降りのクラフトフェスタ




2018年9月9日(日)

昨日行ってきた遊佐町吹浦で開催されている「第11回クラフトフェスタ鳥海」。
今日の夕方午後4時まで行われているが、昨日の雨には参った。

小学校運動会に顔を出したあと午後になってから向かったが、
時間のタイミングが悪かったのかちょうど土砂降りの真っ最中。

何とか小止みになった頃を見計らってぐるっと周ってみたが、
やはり見学を含めたお客様の数は昨年と比較にならないほどの人数だった。

しかし、この雨降りも午後2時を回ると小止みになり、
それまで車の中で待機していたのか一斉にお客さんが増えて行った。

顔馴染みのお店もあって、声を掛け合いながら、
今年も楽しいクラフトフェスタの会場となっていった。







昨日は結局何も買わずに戻ってきてしまった。
今日もう一度行って雨が降っていなければ欲しいものを買って来ようと思っている。



  

Posted by 黒メダカ at 07:43Comments(0)生活

2018年08月16日

精霊車に乗って





2018年8月16日(木)

昨日酒田市八幡地区を散歩していると、
各家庭の軒先にぶら下がっている高級車のおもちゃがあった。

遊佐町では当たり前のように精霊馬や精霊牛の代わりに、
精霊車を吊るす習慣があるのを知っていたが、八幡地区でも同じような風習があったのだった。

精霊車はお盆の13日迎え盆でご先祖様の精霊を迎え、
そして16日送り盆でまたご先祖様の精霊を送り出す乗り物として使うもの。

牛や馬よりは遥かに乗り心地が良いものとして、
飛行機やバスなども吊るされているのを見たことがあった。

いつから始められたものかはわからないが、
なるほど一理あるなとみていたが、何だかすべてが現代的になって、
少し風情がないのではないか、とも思ってみたりもする。







  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(0)生活

2018年08月12日

だだちゃ豆とお盆の準備






2018年8月12日(日)

今年は母が亡くなってからの初めてのお盆。
お坊さんを呼んでお経をあげていただくことになっている。

準備のために朝から鶴岡市白山に行って朝取りだだちゃ豆を買ってきた。
予想通り行列が続いていたが、大山経由で我が家から40分ほどの距離だった。

帰ってきてからお盆の準備は精霊馬(牛)づくりやら「さげもの」をつりさげたり。
果物を準備したりと大忙し。

明日のお盆の前にお墓には今日のうちに行ってこようかな。
などと考えたりしているうちにどんどん時間が経って行った。









  

Posted by 黒メダカ at 15:09Comments(0)生活