QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年07月16日

朝日町ワイン城のシャンデリア




2018年7月16日(月)

昨日家族で行った朝日町ワイン城。
初めて行ったが自然の真っただ中のワイン城にあったシャンデリアを見て驚いた。
色付きのワインの瓶を利用してのネオンのようなシャンデリア。

外は34度を超える猛暑だったが、
この後試飲のできる部屋へ入り涼しいところで休むことができた。

朝日町ワインは私の大好物だったワイン。
今はほとんど飲めないが見学するのは楽しいものだ。

帰りに何本かお土産に購入したが、
ももワインなんてのもあって驚いてしまった。

再び外に出ると周りを囲むように植えられているぶどう畑。
すでに緑の粒がだいぶ大きくなっていた。









ワイン城の近くに朝日町のビューポイントがあった。
最上川に架かる旧明鏡橋をバックに流れる最上川の景観は圧巻だった。
秋や冬の景観はどうなのだろうか。
機会があったら再訪問したいと思った。







  

Posted by 黒メダカ at 18:24Comments(0)生活

2018年07月08日

七夕の願いごと




2018年7月8日(日)

昨日は雨の日の七夕になってしまった。
酒田市中央西町にある酒田市総合文化センターロビーでは、
例年のように笹竹に願いを書いた短冊をつりさげて七夕を迎えていた。

願いごとは人それぞれだが、
やはり多いのは子供たちのあどけない願いごと。

「家族が幸せでありますように」。
「世界が平和でありますように」。
それらに混じって現実的な「宝くじが当たりますように」なんていうのもあった。















  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)生活

2018年06月02日

中町の長兵衛も閉店






2018年6月2日(土)

酒田まつりの5月21日、
中町と日吉町の境目辺りにある中町の焼き鳥屋さん長兵衛(ちょうべぇ)の玄関を見ると貼り紙がしたあった。

その時は出店があったり人ごみが邪魔をしてよく見ていなかったが、
昨日ゆっくりと歩いて見てみると廃業のお知らせだった。

以前から休んではいたが廃業になるとは知らなかった。
こんな風にお店をたたむ個人経営の店が多くなった。

同じ長兵衛でも寿町のお店はずいぶん前に廃業になった。
やはり同じようにお知らせの紙が貼られていた。

これで長兵衛は若浜町にある若浜支店しかなくなった。
私が馴染みにしていた焼き鳥屋さんが次から次となくなり、
私も実は心臓を患いお酒は控えねばならない身体になっている。

昭和が遠くなり、平成も変わる予定になって、
どんどん変わって行くのが当たり前なのかもしれない。
しかし、少し寂しい気もする。

長兵衛さんのお店からすぐのところでマンションの大がかりな工事をしていた。
少しだけ青空が見えた。







  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)生活

2018年04月24日

クッキーの笑顔・泣き顔・怒り顔・困り顔




2018年4月24日(火)

一緒に暮らす娘がときに作り始める手作り菓子。
今回は美味しそうなクッキーを作っていた。

丸い顔のクッキーの表情はさまざまだが、
今回は笑顔が多い。

機嫌が良いのはいいことだ。
周りも同じように機嫌が良くなる。



  
タグ :クッキー

Posted by 黒メダカ at 16:55Comments(0)生活

2018年04月22日

鶴岡クラフトフェアin小真木原






2018年4月22日(日)

今日は午前中、月命日(つきめいにち)で和尚さんを待つ。
午後はお仕事でお出掛け。
土日になると忙しい私はなかなか家族と一緒にお休みとはならない。

昨日は仕事が終わってから鶴岡クラフトフェアに行ってきたが、
途中何名かの知人と出会った。
もう何年も会っていなかった知人もいた。

混雑は嫌いだが散歩しながらお店を眺めて歩くのは案外好きなのかもしれない。
いつものお店も多くあったが初めてのお店もあった。

興味を示したお店の作品を掲載する。



























  

Posted by 黒メダカ at 08:17Comments(0)生活

2018年04月16日

鶴岡クラフトフェア今年は4月21日・22日開催




2018年4月16日(月)

年々規模が大きくなる鶴岡クラフトフェアin小真木原。
今年は21日(土)~22日(日)にかけて行われる。

昨年はお天気に恵まれて家族で伺ったが、
今年は仕事だったり法事と重なったりとどうも行けそうにない。

何とか時間を作っていくとすれば21日の夕方近くか。
いずれにしても余裕をもって周れるほどの時間はなさそうだ。

さて、このクラフトフェア年々お客さんが増え、
昨年の酒田市松山地区で開催された時などは驚くほどの客数だった。

それにあやかろうとするのか酒田市中町のマリーン5清水屋さんでも企画をしていた。





こちらは5日間ほど開催されるので行けるとは思うが、
やはり屋外でのフェアと違って少し興味が減ってしまうのは止むを得ないところか。




  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)生活

2018年04月05日

握力鍛錬のボール




2018年4月5日(木)

近所の100円ショップから買ってきた子供用のボール。
弾力があって柔らかいいたって普通のボールだ。

先日の健康番組で握力を鍛えると血管の弾力が増すとの情報があって、
わざわざ柔らかいボールを選んで買ってきた。

さっそく右手と左手に持って繰り返し握ってみるとこれがなかなか大変な運動量。
しばらく続けてみようと頑張っている。

そうこうしていたら今度は両手を上に上げる動作を1時間に一度続けると、
心臓の筋肉に良いとの情報があった。

次から次と健康志向の情報が飛び交う最近のテレビ番組。
とてもじゃないが追いつこうとしても無駄な気がしてくる。

取り合えず握力は良さそうなのでしばらく続けるが他はキャンセルしよう。




  

Posted by 黒メダカ at 08:06Comments(0)生活

2018年02月25日

元祖柿の種




2018年2月25日(日)

息子が遠路はるばる新潟から母の見舞いにやってきた。
新潟は案外近いが奥様が盛岡に勤務している関係でかなり遠回りな見舞いとなっている。

今週には私の弟も見舞いに来る予定だ。
みな遠いところばかりで大変だがたったひとりの母であり祖母なのだ。

高齢なうえに食べることができない状態は、
かなり様態が悪いと考えざるを得ない。

しばらく様子を見ながら今後の対応をしていかなければならない。

息子がお土産に持ってきた元祖柿の種は三種類のチョコがコーティングされていた。
みな甘辛になっているが、母の入院には似合わない美味しい甘さだった。


  

Posted by 黒メダカ at 19:44Comments(0)生活

2018年02月01日

オランダせんべいより誕生日プレゼント






2018年2月1日(木)

先日一枚のはがきが舞い込んできた。
オランダせんべいFACTORYからの「お誕生日おめでとうはがき」だった。

カードを作るときに生年月日を記入したのかとうに忘れていたが、
聞いてみると妻にも娘にもそんなのは来たことはないとのことだった。
きっと今年から始まった企画なのだろう。

さっそく今日午前中に酒田市両羽町にある工場へ行ってみると、
お客さんが数人来ていた。

はがきを見せるとプレゼントを渡された。
その中身が一枚目の写真。
各種せんべいがずらりと入っていた。

それで帰ればお金も使わず美味しいものがもらえたことで、
嬉しい限りなのだが、そうは問屋が卸さない。

つい珍しい商品などを見ると買ってしまう悪い癖が出て買ったのが下の二品。







オランダせんべい製作のサイダー「ビリビリデュー」とせんべいにチョコをコーティングした「田園ショコラ」。
これはこれから味見することになる。


  

Posted by 黒メダカ at 14:11Comments(2)生活

2018年01月19日

日本海総合病院で出会う元同僚たち




2018年1月19日(金)

昨日行った酒田市あきほ町にある日本海総合病院。
三ヵ月に一度診察に訪れる母を連れての半日の行程だった。

最初は眼科へ、そして精神科へ。
辺りを見回すともなく眺めていると見覚えのある顔があった。
同じ職場で働いていた同僚G氏。

名ドラマーとして活躍していたが、
やはり目の病気できていた。

そして精神科へ行くと、
今度はやはり見覚えのある顔が近づいてきて「元気だが?」と声をかけるのだった。
やはり元同僚のY氏だった。

こちらは内科の人間ドックで精密検査要になった治療にきていたのだった。

あと二人ほどやはり同じように治療にきていたスポ少指導員OBや知り合いの人もいた。

ここ最近病院に行くと決まってこんな風に誰かと会うことが当たり前になってしまった。
突然この世からいなくなってしまった人もいたが、
皆それぞれあちこち身体のガタを治しながらの生活をしているらしく、
大病をしたのは私だけではなかったか、と安堵感を持ったりした。

これから何年生きるかわからないが、
いつ死んでもいいような心構えと身辺整理が必要なのかなぁとつくづく思い始めた。

何とも言いようのない不安感を持ったりするのも最近は理解できるようになってきた。
そして、そんな不安感を持ってもしょうがないと思うようにもなってきた。



  

Posted by 黒メダカ at 08:05Comments(2)生活