QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年09月16日

さいばすとなっとうかます






2019年9月16日(月)敬老の日

9月14日~15日に開催された第12回クラフトフェスタ鳥海は、
遊佐町にある鳥海温泉遊楽里(ゆらり)前の広場で行われた。

二日間ともすばらしいお天気に恵まれて人出もかなり出たようだった。
私が行ったのは昨日の午後、少し暑すぎるお天気で長時間の見学は難しかったが、
何とかぐるりと一周して、見たことある作家さんとお話をしながら楽しませてもらってきた。

今回の私の一押しは上の写真の「さいばすとなっとうかます」だった。
正確には菜箸(さいばし)と納豆かましなのだろうが、何とも楽しい作品だった。

他にもあちこち周って撮った写真を掲載しておこう。
2週間後には酒田市松山地区で開催される「まつやま大手門クラフトフェア」に来る作家さんもいるようだった。

なお今年は10月12日(土)~13日(日)に酒田日和山下日枝神社参道で、
「日和山クラフト・アートフェア」も開催されるようだった。
こちらも楽しみだ。



















  

Posted by 黒メダカ at 08:22Comments(0)その他

2019年09月12日

映画「天気の子」を体感








2019年9月12日(木)

昨日土砂降りで外を歩くこともできずに、
たまには映画でも見ようかと三川町にあるイオンシネマ三川へ行ってきた。

7月に公開をした新海誠作品の「天気の子」を見た。

雨に濡れる東京の街並み。
雲の間から射す太陽の光。
画面の美しさがとんでもなく繊細な映画だった。

十台の男の子帆高(ほだか)と同じ十台の女の子陽菜(ひな)の青春ファンタジーは、
雨や雲、日差しや影などの美しい自然を描き切ることで素直に楽しめる内容になっていた。

延々と雨が降り続く東京の空。
「天気の子」の意味は「天の巫女(みこ)」だった。
天の巫女は消滅することで空が晴れるという伝説があるのだという。

最近の映画は観る映画ではなくなったようだ。
映画館に入って映画を体感するのだと言う。










  

Posted by 黒メダカ at 08:21Comments(0)その他

2019年03月28日

ユニクロ三川開店は4/5




2019年3月28日(木)

昨日行った三川町猪子の一画。
イオンタウン三川に入っていたユニクロが新たに別店舗を開店させようとしている。

開店は4月5日(金)。
さぞや多くの人出で溢れるのだろうと今から想像がつく。

場所は戸田書店の並びでそれほど遠くはない。
ドン・キホーテの向かい側辺りになる。

私もずいぶんお世話になって、
イオンタウンからの撤退に一時、はてこまったとなったが、
何ということはない。
同じ三川町に新店舗が開店するだけだった。




  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)その他

2019年02月11日

学区親善交流麻雀大会は賑やかに開催






2019年2月11日(月)

朝早くから開始された学区親善麻雀大会。
満貫以上をアガルたびにティッシュが景品とあって次から次とティッシュペーパーが貯まって行く。

私もずいぶんティッシュペーパーが貯まったが、
それ以上にチョンボや振り込みも多く結局はマイナス2000点ほどに終わってしまった。

普段あまりお話をしたことのない人ばかりで、
麻雀を通して和気あいあいとした雰囲気にほっとした一日だった。

ところで私が麻雀をしたのはもう20年も以前の話。
すっかり勘が狂ってしまって皆さんにはずいぶんご迷惑をおかけした。

来年まで少し練習をして今度はリベンジしたいと思っている。
終わってからの懇親会も楽しく、こんな日もあっていいなと思った。





少し食べた後のオードブルだが、
酒田港市場の菅原鮮魚店のもので3000円ほどとのこと。
かなり豪勢だ。






  

Posted by 黒メダカ at 17:28Comments(0)その他

2019年02月08日

オランダせんべい誕生日プレゼントパック





2019年2月8日(金)

毎年贈られてくる誕生月のプレゼント案内はがき。
おせんべいの酒田米菓のお客様囲い込み作戦の一環なのだろうが楽しみのひとつでもある。

急に寒くなった今日行ってきたが、
案の定お客様は私ひとりだった。

何しろ寒い。
雪に風に大変な天気になったものだ。

お天気が良ければ屋上に上がって周りの景色を写真に撮ることもできたが、
残念ながら今日は屋上への階段が通行禁止になっていた。

写真は誕生日プレゼントパックのかわいい包み。
わざわざはがきを送ってプレゼントまで準備してありがたい限りだが、
このまま何も買わずに帰るわけにもいかず、コーヒーを注文し外の景色を眺めながら味わってきた。








広い窓から見える最上川河川敷は吹雪で誰もいない。
荒涼とした景色も嫌いではないが、さてこれからどこを歩こうかと思案しながらのコーヒーとなった。






  

Posted by 黒メダカ at 13:13Comments(0)その他

2019年02月05日

鬼平犯科帳




2019年2月5日(火)

鬼平犯科帳は原作が池波正太郎で時代劇ファンならほとんど知っている名作だ。
私も昔から暇があれば池波小説や漫画を何度もむさぼり読んでいる。

ほとんどの漫画は捨てたが相変わらず本棚には鬼平犯科帳と剣客商売だけは並んでいる。
今では暗記するまでになっているが、それでも時々読みたくなる。

テレビでは時代劇はほとんど無くなり、かろうじてBSで昔の時代劇が復活している。
時々楽しみながらひとときを過ごしている。

日本の歴史の一コマを覗き見る楽しみ。
鬼平が毎度活躍する単純なあらすじに溜飲をさげる。

新しい小説は次から次と出てくるが、
懐かしい昔の風景を思い浮かべながらの素朴な時代劇ほど楽しいものはない。



  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)その他

2019年01月07日

おでかけ・みちこ




2019年1月7日(月)

東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」。
ご存知道の駅は東北で161駅、山形県内にも21駅がある。

残念ながら酒田市にはないが、お隣の遊佐町には「鳥海ふらっと」。
そして庄内町にはしょうない風車市場、鶴岡市には道の駅あつみ。
三川町には庄内みかわなどがある。

少し遠出をすると必ずと行ってもいいくらい道の駅には立ち寄る。
それぞれに名物があって、目玉商品もしっかりと準備している。

「おでかけ・みちこ」はそんな東北の道の駅を四半期ごとに紹介している。
今回は2018-2019冬号。
冬こそ、東北の熱い一杯を!
ラーメン食べたい
そんな風に題して美味しいラーメンを紹介していた。

写真の表紙にあるのは「黄金色のスープに見とれる一杯」。
青森県三沢市にある道の駅みさわの「しじみラーメン800円」。

小川原湖産大和しじみを一食当たり150グラム使用するという。
スープはもちろん、しじみの身も残さず食べ尽くそうと皆さん無口になると言う。


少し遠いが少し暖かくなったら一度行ってみたい場所でもある。




  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)その他

2018年11月29日

100円記念銅貨何とか購入






2018年11月29日(木)

11月27日(火)各金融機関から発売になった2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(100円銅貨)。
昨日荘内銀行酒田北支店に行ってお話を聞くとすでに売り切れとのこと。
酒田中央支店で在庫があるか問い合わせてくれたがやはり売り切れ。

それならばと鶴岡信用金庫酒田戸野町支店へ行ってみると、
まだいっぱい在庫があった。

1000円札一枚で10枚の100円記念貨幣と両替をした。
図柄は上2枚がオリンピックでフェンシング競技、下2枚がパラリンピックのボッチャ競技。

ところで千円銀貨と一万円金貨は7月にすでに通信販売が終了していて、
私はまったく知らなかったがニュースになっていたのかさっぱり記憶がない。

今回の100円銅貨は100円と交換できたが、
千円銀貨は9500円、一万円金貨は12万円とのこと。
私は知っていてもとても購入できなかっただろうな。






  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)その他

2018年10月02日

サザエさんの素朴な笑い~長谷川町子生誕100年記念~




2018年10月2日(火)

昨日酒田市ゆたかにあるイオンタウンの本屋さんに行ってみると、
面白い雑誌が並んでいた。

週刊朝日の臨時増刊号で「サザエさんと長谷川町子2018秋」だった。
長谷川町子生誕100年を記念しての発行らしいが、
長谷川町子は1920年生まれ(大正9年)だから厳密にいえば2020年が生誕100年になる。

おそらくこれから2020年まで引き続き生誕100年記念は続くのだろう。

ところで中を見るとサザエさんばかりではなく、
いじわるばあさんまで掲載されていて、かなり楽しい雑誌となっている。

長谷川町子が生まれてから100年になるまでの主な出来事なども年表形式で載っていて、
これまた興味を引く内容になっている。

1934年14歳のとき、一家で佐賀県から上京。
1935年15歳で漫画家デビュー。
1944年24歳、東京を引き払い一家で福岡市へ疎開。7月に西日本新聞社に入社し、編集局絵画課に配属。
1946年26歳、夕刊フクニチで「サザエさん」連載開始。
1955年35歳、ニッポン放送でラジオドラマ「サザエさん」放送開始。

などなど、楽しみながら読むことのできる一冊に仕上がっていた。

なお、次号(サザエさんと長谷川町子2019)は12月末に発売予定とのこと。
今から楽しみがひとつ増えた。




  

Posted by 黒メダカ at 08:16Comments(0)その他

2018年09月23日

カメラはじめます!




2018年9月23日(日)

おもしろい本を買ってきた。
「カメラはじめます!」というそのままの内容の楽しいマンガだった。

覚えることは3つだけ!
初心者・機械オンチ・センスゼロでも大丈夫。
マンガでわかるデジタル一眼カメラの教科書。

すごいことを書いてるなぁと思いつつ立ち読みしてみたらハマってしまった。
1200円プラス税金を払って自宅で読んでみると、たしかに面白い。

しかし、案外簡単に描きつつそれなりに難しい内容になっているのは間違いない。
でも、楽しいのも確か。

これでお勉強しながらまた少し写真が上手になればいいなと思うが、
果たしてそうなるかどうか。


※パソコンの調子が悪く、少し自分で修理する予定のため、何日になるかブログは休止となる。



  

Posted by 黒メダカ at 08:18Comments(2)その他