QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年10月02日

サザエさんの素朴な笑い~長谷川町子生誕100年記念~




2018年10月2日(火)

昨日酒田市ゆたかにあるイオンタウンの本屋さんに行ってみると、
面白い雑誌が並んでいた。

週刊朝日の臨時増刊号で「サザエさんと長谷川町子2018秋」だった。
長谷川町子生誕100年を記念しての発行らしいが、
長谷川町子は1920年生まれ(大正9年)だから厳密にいえば2020年が生誕100年になる。

おそらくこれから2020年まで引き続き生誕100年記念は続くのだろう。

ところで中を見るとサザエさんばかりではなく、
いじわるばあさんまで掲載されていて、かなり楽しい雑誌となっている。

長谷川町子が生まれてから100年になるまでの主な出来事なども年表形式で載っていて、
これまた興味を引く内容になっている。

1934年14歳のとき、一家で佐賀県から上京。
1935年15歳で漫画家デビュー。
1944年24歳、東京を引き払い一家で福岡市へ疎開。7月に西日本新聞社に入社し、編集局絵画課に配属。
1946年26歳、夕刊フクニチで「サザエさん」連載開始。
1955年35歳、ニッポン放送でラジオドラマ「サザエさん」放送開始。

などなど、楽しみながら読むことのできる一冊に仕上がっていた。

なお、次号(サザエさんと長谷川町子2019)は12月末に発売予定とのこと。
今から楽しみがひとつ増えた。




  

Posted by 黒メダカ at 08:16Comments(0)その他

2018年09月23日

カメラはじめます!




2018年9月23日(日)

おもしろい本を買ってきた。
「カメラはじめます!」というそのままの内容の楽しいマンガだった。

覚えることは3つだけ!
初心者・機械オンチ・センスゼロでも大丈夫。
マンガでわかるデジタル一眼カメラの教科書。

すごいことを書いてるなぁと思いつつ立ち読みしてみたらハマってしまった。
1200円プラス税金を払って自宅で読んでみると、たしかに面白い。

しかし、案外簡単に描きつつそれなりに難しい内容になっているのは間違いない。
でも、楽しいのも確か。

これでお勉強しながらまた少し写真が上手になればいいなと思うが、
果たしてそうなるかどうか。


※パソコンの調子が悪く、少し自分で修理する予定のため、何日になるかブログは休止となる。



  

Posted by 黒メダカ at 08:18Comments(2)その他

2018年09月10日

土ぼっくりのうみひこ君






2018年9月10日(月)

昨日はとうとう雨のために遊佐町吹浦で開催されていたクラフトフェスタへは行かないでしまった。
妻と娘の報告では、ほとんどのお店がすでに片づけていなくなってたとのこと。

かろうじて残っていた岩手県から来ていた「土ぼっくり」のぎこうさんのお店があって、
貝殻をかぶった「うみひこ君」を連れて帰ってきた。

これで我が家には土ぼっくりの兄弟親戚が何人になったのだろうか。
いつも眺めてはほっこりと気持ちを静めてもらっている。

第11回を迎えたクラフトフェスタ鳥海。
私もずいぶん昔から見学にいっているが、本当にお店が増えた。

酒田市では松山地区で開催される「松山大手門くらふとフェア」もずいぶん賑やかになった。
毎年楽しみにしているが、年中行事のようなものでうれしい。








  

Posted by 黒メダカ at 08:17Comments(0)その他

2018年08月12日

病院ラジオに涙止まらず






2018年8月12日(日)

8月9日(木)午後10時~10時45分NHK総合テレビで放送された「病院ラジオ」。
何気なく見ていたら不覚にも涙が止まらず参ってしまった。

サンドウィッチマンの二人が病院に出向き、二日間限定のラジオ局を開設。
患者や家族のなかなか普段言えない本音をリクエスト曲にのせて届ける新しい形のドキュメンタリー番組だった。

一番最初にラジオ局に現れたのは脳梗塞で入院中のリハビリをしている中年のおばさん。
旦那さんのことを本音でしゃべりだすが旦那さんも病院内でラジオを聞いている。
これまで家事のことなどお構いなしだったが、洗濯などをしてくれるようになった。
何としても一人で自分の足で歩いて退院したいとがんばっていた。

二人目は生まれつき心臓疾患を持つ女の子を看病する夫婦。
医者からは見放されいつ死んでも不思議ではない境遇だったが16歳の現在まで生き続ける。
酸素ボンベを抱えながら登校する娘。

中島みゆきの「時代」をリクエストしていたが、
娘が小さかった頃は歌うことも聞くこともできなかったとのこと。
そんな時代があったねと笑える日が、本当に訪れるのか不安でしかたなかったが、
最近ようやく口ずさむことができるようになった。

他にも私と同じ心臓手術をした20代男性。
左腕から取った血管を使ってバイパス手術をしたが、
原因不明の高脂血症で難病指定されているのだった。

次から次と切実な現実が語られるなか、サンドウィッチマンの二人は淡々と家族や患者と接していく。
それがまるで当たり前でもあるかのように過度な心配や過剰な同情などもない自然体での聞き役に徹していた。

病院の名前は国立循環器病研究センター、心臓や脳の疾患において国内有数の施設だ。
たった45分で扱うにはとても重いドキュメンタリーのような気もしたが、
私にはこの45分がとんでもない貴重な時間となって心に残った。




  

Posted by 黒メダカ at 08:22Comments(0)その他

2018年07月21日

焼きそば専門店秀まる閉店






2018年7月21日(土)

酒田市飯森山にある飯森山公園内にある焼きそば専門店「秀まる」さんの入口に紙が貼られていた。
6月30日で閉店とのお知らせだった。

目の前の駐車場は何回も利用しながら、
お店が閉店になっていたのをようやく昨日知った。

何回か利用させてもらって、
そのたびに美味しい焼きそばをいただいたが、
私が入店するときはほとんどお客さんがいっぱいの時だった。

後かけソース焼きそばの美味しさは何と言っても麺自体の美味しさが味わえることだった。
ソースはそれほど多くかけなくても、麺が美味しければ十分美味しくいただけた。

残念ながらお店は閉店になってしまったが、
元気なおばちゃんはどこかでまた営業を始めるのではないだろうか。

今から楽しみにしながらあちこちうろついてみようと思う。



  

Posted by 黒メダカ at 08:16Comments(0)その他

2018年03月01日

加茂水族館のやさしさ




2018年3月1日(木)

昨日は穏やかな天気に誘われて鶴岡市加茂にある加茂水族館までドライブ。
水族館は昔から大好きで特に生きて動いている魚が大好きだった。

このところクラゲで大当たりしてクラゲドリーム館などと命名されているが、
私はやはり水族館は生きて泳いでいる魚が目当てになる。

上の写真は私の大好きな絵になる。
普段食べている魚が実際に動いていてとても興味深く見ていたくなる。

「生きがいい」なんて言葉があるが、
実際に生きている姿を見るとそんなことは全く考える余地はない。
美しいとさえ言いたくなる元気の良い鯵(あじ)がいた。

さて、この水族館で一番好きな場所が屋上からの眺めだ。





屋上からみた湯野浜温泉街だ。
四方八方が見渡せる屋上はすばらしい眺望が楽しみだ。

その屋上の写真はこんなふうになる。







一面の芝生は春になると少しずつ緑色に変わってくる。
子供たちが転げまわっている姿が目に浮かぶ。

癒された魚やクラゲを掲載しておこう。
















  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)その他

2017年10月29日

少し休憩




2017年10月29日(日)

スポーツ少年団認定員養成講習会二日目。
朝早くから夕方真っ暗になるまでの二日目が始まる。
会場の酒田市武道館近くにある国体記念球技場脇の通路は紅葉の葉の貯まる場所。

昨日昼休みに写したものだが、
カサコソと寂し気な音を立てていた。

少し疲れ気味の私だ。
ブログの更新を少し休もうと思う。

昨年から始めた新たなブログも一年が過ぎた。
ここらでリフレッシュしようか。


  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(6)その他

2017年04月08日

小学校入学式に参列




2017年4月8日(土)

今日は午前9時30分から浜田小学校の入学式があった。
私はスポーツ少年団団長として参列をした。

毎年のことだが、可愛らしい新入生を見るのがとても楽しくてしょうがない。
総勢38名の新入生は2クラスに分かれての入場だった。

「お迎えのことば」を小学校2年の二人の女の子が担当をしていた。
二人ともハキハキした声でかなり長い文章をメモも見ないで語りかけていた。

一年でこれほど変わるものかと愕然としたが、
大人でさえこんな風には喋れるものではない。

浜田小学校の生徒は新たに入学してきた38名を含めて、218名になった。
クラスは1学年2クラスが2学年あり全部で8クラスとなった。

毎年楽しみにしているお饅頭は今年は酒田市本町の龜屋さんの紅白饅頭だった。
少し小ぶりな饅頭だが、とても美味しそうだ。



  

Posted by 黒メダカ at 13:46Comments(0)その他

2017年03月24日

新生酒田南高校の工事真っ最中






2017年3月24日(金)

酒田市浜田に建設中の新生「酒田南高等学校」。
これまでの天真学園高校と酒田南高校の統合に伴い、
校舎の老朽化や耐震対策の不備などもあって天真学園高校敷地内に新築工事を行ってきている。

両高校ともに歴史のある高校とあって、
新しい高校名が注目されていたが「酒田南高等学校」に決まり、
2017年度夏に校舎ができ次第天真の生徒が先行して入り、
2018年春からは酒田南校の生徒も入ることになる。

そうか、今年の夏には新しい校舎ができるんだ。
つい先日工事が始まったとおもったが、早いものだ。

てくてく歩きながらの散歩中に見る大きな校舎の工事は、
まるでどこかの会社でも作っているように見えた。



  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)その他

2017年03月20日

長兵衛寿町店閉店






2017年3月20日(月)春分の日

昨日仕事が終わってから日和山から中町、寿町とてくてく歩いていると、
ちょうど柳小路の一番北側にある「長兵衛(ちょうべえ)寿町店」の戸に何やら貼ってあるのが見えた。
近寄って見ると「閉店のお知らせ」だった。

病気療養中だった店主が亡くなったのであった。
以前は私も仕事帰りに立ち寄り美味しい焼き鳥をいただいたものだったが、
あれからもう数十年は経つ。

謹んでご冥福を祈りたい。

同じ並びにあった「焼き鳥長五郎」も私は馴染みだったが、
腰を悪くした店主が早々と店を休み長期療養をしていた。
散歩の途中で会うこともあったが、最近は見かけなくなった。

どんどん歴史のあるお店がなくなっていく寂しさもあるが、
私自身お店に行ってお酒を飲めなくなってしまったことに少しばかりのくやしさもある。

また以前のように駅前の庄内藩や六歌仙などでお酒を飲むことができるのだろうか。
自分の身体を自分で管理できない悔しいおもいがある。




  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)その他