QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年07月25日

八森自然公園の山百合咲く






2017年7月25日(火)

昨日行った酒田市八幡地区八森自然公園に咲く山百合。
雨が降ってじめじめした上に蚊やブヨなどの虫も寄ってきて黙っていられないほどの悪条件。
それでも、この山百合の堂々とした白い姿を撮りたくてがんばってみた。

車から降りて5分も歩かない場所ながら、
この山百合の匂いがぷーんと鼻をくすぐった。

カラマツや杉に囲まれた林の中には、
こんな大きな山百合ばかりか車ユリなども花を咲かせるのだが、
今はまだ山百合ばかり。

日本固有の百合としてかなり人気のある山百合だが、
最近は外国産の派手で大柄な百合に押されて清楚さも色褪せてきた。

山百合はやはり山の中でひっそりと咲いている姿が似合う。










  

Posted by 黒メダカ at 08:07Comments(2)自然・風景

2017年07月24日

酒田市北部日向川の大正橋








2017年7月24日(月)

酒田市北部を流れる日向川に架かる大正橋。
ここは酒田市本楯地区と酒田市宮内地区を結ぶ長さ264.5メートルの長大橋になる。

1920(大正9)年に木製の初代「大正橋」が完成した。
現在の3代目もこの名前を引き継いでいる。

2代目は昭和3年に完成、現在の3代目は平成3年に完成と、
大正・昭和・平成のそれぞれの時代に完成した珍しい橋でもある。
それでも名前を変更しないで大正のままにしたのは何か理由があったのだろうか?

橋の中央付近から下流域と上流域の写真を撮った。
下流域には尻地に架かる日向橋が右下に見えている。
上流域には陸羽西線の陸橋が見えている。
そしてその上流は一昨日からの雨の影響でまだまだ煙っている。

日頃はこれほど水量が多くはなく、
水遊びをするにはちょうど良い場所となっているが、
上流からの豪雨は濁流となって岸辺を飲みこんでいた。





日向川北側から写した大正橋。
この北側には南遊佐コミュニティセンターや今年3月閉校となった南遊佐小学校などがある。
時代はどんどん変化しているとは言え、
南遊佐小学校が鳥海小学校と一緒になるなんて考えたこともなかった。
いずれはこの近辺はすべて八幡小学校に通うことになるのだろうか。



  

Posted by 黒メダカ at 18:03Comments(0)自然・風景

2017年07月24日

飯森山公園雨上がり






2017年7月24日(月)

昨日夕方の飯森山公園白鳥池周りの葦原。
相当雨と風が激しかったのか、直立していた葦の茎がぐんにゃりと倒れている。

稲の穂なども重くなると倒れてきたりするが、
この葦の茎が倒れるなんて滅多に見ることはない。

遠くに見えるのは土門拳写真記念館である。
以前は葦もそんなに岸辺に多くは無かったが、
今は葦にすっかり囲まれてしまっている。







多目的グランドの緑が雨に濡れて緑が深くなっていた。
グランド脇の欅並木の下にはまだ水たまりがそのままになっていた。

ときおり、風に吹かれて落ちる水滴が水たまりに波紋を作っていた。
せっかくの日曜日だというのに、雨のせいかほとんど人がいなかった。



  

Posted by 黒メダカ at 08:07Comments(0)自然・風景

2017年07月23日

酒田本港の牧草ロール






2017年7月23日(日)

昨日は酒田市光ヶ丘にある光ヶ丘野球場で、
酒田市スポーツ少年団本部軟式野球大会が開催されたが、
途中土砂降りになったり雷が轟いたりでえらい目にあった。

何とか途中まで観戦したが、
その後行った酒田市本港脇の遊歩道には珍しい牧草ロールがころがっていた。

この時期どこでも雑草が生い茂り、
刈り取りに精を出す人たちを多く見かけるが、
こんな風にロール状にしているのはあまり見かけることはない。

散歩も傘を持ちながらと大変だが、
昨日からの雨はとんでもない土砂降りを各地に降らせている。
秋田県内などでは土砂崩れや停電なども発生しており、
今日は山形県内が餌食となりつつある。

私は今日は朝からお仕事。
雨の影響がないといいが、用心しながら過ごすことにしよう。







  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)自然・風景

2017年07月21日

月山八合目弥陀ヶ原からの登山




2017年7月21日(金)

先日登った羽黒山登山の勢いそのままに、
今度は月山を登ってみようと羽黒山口から八合目の弥陀ヶ原へと向かった。

お天気は何とか持ちそうな雰囲気だったが、
九合目近くの雪渓辺りから雲行きがおかしくなり、
雪渓を超えたところで霧が濃くなり気温も急に下がり始めた。

これじゃあ登ってもしょうがないかな。
と九合目の小屋の手前で引き返すことになった。

約1時間半の登山だったが、
久しぶりに夏山の空気に触れ心地よい気分になって帰ってきた。

写した写真は100枚を超えたがその中から数枚を掲載する。


八合目レストハウス


八合目駐車場トイレ


月山神社 中之宮 御田原神社




弥陀ヶ原の池糖と木道


弥陀ヶ原上部の残雪


九合目下の雪渓


雪渓を超えてしばらくすると霧が出てきた。



明日の朝のブログでは写してきた花の写真を掲載する。
久しぶりに触れた山の花は可憐でそして鮮やかな色彩で私を迎えてくれた。
心が洗われるようなひとときだった。




  

Posted by 黒メダカ at 18:58Comments(2)自然・風景

2017年07月21日

羽黒山、損壊した埴山姫神社について






2017年7月21日(金)

先日行った羽黒山登山で掲載しなかった埴山姫神社(はにやまひめじんじゃ)のことを記載することにした。
今年4月19日強風で倒れた大杉の影響で破損した埴山姫神社は、
現在解体が終わり、ご神体は本殿近くの厳島神社に御遷しになっている。

埴山姫神社守の赤い紐を結ぶ格子もこの厳島神社に準備されていた。

そもそも埴山姫神社は、
三山合祭殿にお参りして購入したお守りに同封された赤い紐を結んでお祈りすると、
縁結びの御利益があるとされる縁結びの神社。

ハニヤマヒメノミコトはイザナミノミコトの糞から生まれた神様で、
粘土のような柔らかい泥には神聖な力が宿るとされ、
祭具の土器や田畑がつくられていた。

このところパワースポットとして人気があり、
若い男女の話題になっていた。

一番きつい三の坂の途中にあり、
いつも息絶え絶えの状態で通るところでもある。





こちらは昨年9月16日に私が登ったときに写した写真である。
赤い紐がびっしりと結ばれている。







更地になった同じ場所である。
解体して丁寧に屋根材や柱などを山頂へ運んだとのことだった。

今週大工さんから見てもらいながら今後の進め方を決めるとのことだったが、
残念ながらまだ決まってはいない模様だった。

  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(2)自然・風景

2017年07月20日

松山地区 宝蔵寺椿根堤の水連










2017年7月20日(木)

酒田市松山地区にある宝蔵寺椿根堤の水連が咲きだしていた。
以前から時々訪れていたが、木道が相当痛んでおり歩行禁止の立て札があった。

止む無くぐるりと周りを一周しようとしたが、
途中まで行くと今度は階段の補修工事が行われていた。

この堤には貴重な魚やトンボ類が数多く生育している。
以前は小学校で訪れては研究材料にしていたこともあった。

その後、環境整備などが行われなくなり、
それとともに堤の状況も悪化していった。

今はウシガエルが住み、堤本来の生態系はどうなっているのかわからなくなった。

また以前のように子どもたちが自由に出入りできる堤になればいいと願っているがはたしてどうだろうか。
近くには「この近辺に熊が出た!」の看板が出ていた。





  

Posted by 黒メダカ at 16:23Comments(0)自然・風景

2017年07月20日

下藤塚のけやき並木










2017年7月20日(木)

昨日行った酒田市下藤塚にあるけやき並木。
元県立酒田北高等学校のグランドの向かい側になるが、
私が県立酒田工業高校へ通っていた頃からのけやき並木だ。

卒業してすでに40年以上経っているが、
当時もかなり大きかったのを記憶している。

残念ながら伸びすぎた上部が切り取られ、
太い根元部分しか見ることのできないけやきもあったが、
それでも十分大けやきなのがわかるほどの巨木となっていた。

ここのけやき並木は平成14年の酒田市第9回アメニティタウン賞を受賞しており、
その歴史の長さに頭が下がる思いがする。

今は夏。
葉が生い茂って全体象が見えにくくなっているが、
冬になると葉を落とし、枝だけとなった大けやきが出現する。
これもまた見事な姿をしている。







  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(2)自然・風景

2017年07月19日

北村農園の枝豆はもう少し




2017年7月19日(水)

そろそろかなぁ~
まだかなぁ~

そう思いながら農園入口の旗が上がるのを待ちわびていたが、
とうとう我慢できなくなって今日酒田市藤塚にある「北村くらた農園」に行ってきた。

ちょうどお母さんが出てきたところでお話しを伺ってみると、
残念ながら気候のせいかまだ実っていなくて販売はもう少し先になるとのことだった。

昨年、一昨年と何度もお邪魔して美味しい枝豆を味わってきたが、
今年はあちこちのスーパーを見てもどこにもその姿を見ることが無い。

美味しい枝豆はもう少し先までじっくり待つことにしよう。
今日のところは下の写真の「えだ豆味ハッピーターン」でも味わってみよう。





  

Posted by 黒メダカ at 18:38Comments(0)自然・風景

2017年07月19日

釜磯海岸の湧水群






2017年7月19日(水)

昨日行った遊佐町吹浦釜磯海岸。
実は十六羅漢のところでスカシユリを撮ろうと思っていたが、
先に山形放送のクルーが入っていて、
邪魔になるのが嫌でこちらの釜磯海岸にしたのだった。

残念ながらオレンジ色のスカシユリは見ることができなかったが、
この青い海の色を見れただけで満足した。

そして相変わらず砂地の底から湧き上がってくる伏流水の清らかな流れに、
夏の暑さをひととき忘れることができた。
















  

Posted by 黒メダカ at 08:06Comments(0)自然・風景