QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年03月27日

九木原公園から酒田市街地を望む





2017年3月27日(月)

昨日晴れ渡った青空がうれしくて行った酒田市宮野浦にある九木原公園。
一番北側にある眺望点から酒田市街地を写した。
鳥海山の山懐(やまふところ)に抱かれている庄内北部だ。

手前には最上川が流れNTTのアンテナや市役所などが見える。
晴れ渡った日にしか見えない風景がとてもすがすがしく見えた。

この後宮野浦海岸までてくてく歩いて行ったが、
やはり居住地域なためかスズメが所々で迎えてくれた。

このスズメ、なかなか逃げないがカメラを構えると危険を察知するのか、
すぐに飛び立ってしまう。

何とか写したアップのスズメの顔が可愛い。
いつもなら「あぁまたスズメか」と写真にも撮らない私だが、
時々妙にかわいいなぁと思う時がある。






  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)自然・風景

2017年03月26日

宮野浦海岸へ






2017年3月26日(日)

青空が広がった今日の酒田市。
絶好のお散歩日和とあってどこに行っても人が溢れていた。
酒田市光ヶ丘の万里の松原や八幡地区の八森自然公園などもいっぱいだった。

こんな時はあまり目立たないところを歩く。
酒田市宮野浦にある久木原公園に車を置いて一路宮野浦海岸へ。

宮野浦1丁目から3丁目を抜けていよいよ海岸に出た風景が上の2枚。
遠く赤灯台や白灯台が見える。
大きな貨物船や小さな漁船が港へ入港してくる風景があった。

真っ青な空と真っ青な海。
まだ風は冷たいままだがようやく春の日差しになってきた雰囲気が漂う。


途中見かけた木のてっぺんにいるのは珍しくツグミだ。
口を「つぐむ」がツグミとなった名前通りになかなか囀りを聞くことは少ないが、
今日は木のてっぺんで何か囀っていた。

同じくらいの大きさのヒヨドリは畑の大根の葉をつまんでいた。
こちらはやかましいくらい囀るがこんなときは静かだ。


【ツグミ】


【ヒヨドリ】




  

Posted by 黒メダカ at 17:38Comments(0)自然・風景

2017年03月23日

白鳥池遊歩道完成








2017年3月23日(木)

昨日行った酒田市飯森山にある白鳥池。
昨年暮れから行っていた遊歩道工事がようやく終わって、
久しぶりにぐるっと一周歩いてみた。

昨年までは細かい砂利が敷かれた遊歩道だった。
歩くと音がして、場所によっては大きく掘れて水たまりができていたところもあった。

今回はこの砂利を透水性のある細かな自然石舗装で固めてあった。
なるほど歩きやすいし、これなら水たまりができることはない。
(舗装の正式な名前は不明)

しかし、夏の熱さにはどうなのだろうか。
これはこれから歩いていけばおのずとわかるだろう。

工事が終わってようやく静かになった白鳥池にはさっそく鴨たちがきていた。
そして親子連れも来て昨年までのような大きな鯉への餌やりが行われていた。










  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)自然・風景

2017年03月17日

酒田市豊川河口






2017年3月17日(金)

雨が降ったり雪が降ったりまだまだ不安定なお天気が続く。
昨日歩いたのは酒田北港内の豊川河口付近。

豊川(ゆたかがわ)は東平田を源にする新井田川の支流に当たる。
途中幸福川があいだに入って豊川とつながることになる。

一枚目の写真は幸福川方向(上流)。
二枚目は酒田北港につながる汽水域。
遠く工場が新設工事をしていた。

酒田本港も昔はそうだったが木材の輸入などがあって、
広大な材木置き場などがあった。
昨日も広い道路を歩いていると木の香がぷーんと漂ってきた。

すごい量の丸太が積まれた場所があって思わず写真を撮った。
こんな風景が港らしくてうれしくなる私だった。









  

Posted by 黒メダカ at 08:12Comments(0)自然・風景

2017年03月16日

遊佐町朝日橋から月光橋




2017年3月16日(木)

昨日歩いたのは遊佐町月光川に沿った道。
映画「おくりびと」ロケ地の新朝日橋付近の河川公園に車を置いて、
遊佐小学校脇の赤い橋「月光橋」を経由し町内をぐるっと一周。

写真は月光橋から上流新朝日橋方面を写した。
まだマガモがゆっくりと羽を休めている姿があった。

時々こんなふうに知らない町を歩いて見たくなってあちこち行くことが多い私。
あまり地元の人と会うことはないが、
それでもこの遊佐町の湧水の多さにはびっくりする。

各家庭の庭先に湧水の出口がそれぞれ付いている。
それだけ湧水が多いということだろう。





こちらは帰りがけに新朝日橋から月光橋方向を撮ったもの。
赤い橋が月光橋。
流れるのは月光川。




  

Posted by 黒メダカ at 08:06Comments(0)自然・風景

2017年03月15日

早春の鳥海橋






2017年3月15日(水)

昨日歩いたのは酒田市旧八幡地区芹田集落と遊佐町石辻を渡る鳥海橋。
日向川の急流が大きな岩を丸くしながら流れている。

旧八幡側の橋の下に車を置いて、
下流方面へと足を向けた。

何もない土手の上をてくてくと歩いた。
途中雉(きじ)を数羽見かけたが、すぐに歩いてどこかへ消えて行った。

今にも降り出しそうな曇り空だったが、
何とか私が歩いている間は降らずに済んだ。

この下流に行くと橋が数本ある。
何本目かの橋の前で荒瀬川と合流するところがある。
そこまで行こうかなと思ったがあいにくの怪しいお天気に、
一つ目の橋で遊佐町側に渡り、そのまま土手をてくてくと歩いて戻ってきた。

やたら目についたツグミ。
スズメと混群になっていたがそんなに大きな群れではなかった。

こんなふうに水のあるところを歩くのが好きで、
時々1・2時間歩いてしまうときがある。

そんなときは思わぬ動物や野鳥と遭遇するときがあるが、
昨日は残念ながらそんな余裕はなかった。







ツグミが時々ちらちらとこちらを見ていた。
私は知らないふりをして過ぎようとしたが、いつになっても逃げないのでカメラを構えた。




  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)自然・風景

2017年03月07日

白鳥池の水面のどか






2017年3月7日(火)

酒田市飯森山にある白鳥池はようやく氷も解けて静かな水面を見せている。
いつもは小さな子供たちが家族連れでパンを片手にやってくる白鳥池も、
現在は遊歩道の工事中のためにあまり訪れる人もいなくなっている。

羽を休める鴨たちも工事の音がやかましいためか、
一羽も見当たらなかった。

私もぐるっと一周の散歩は諦めて飯森山へ登ってみた。
お天気も良くて少し歩くと汗が出るくらいの気温だった。

途中右にある細道に入って飯森山の集落側に降りた。
ここから酒田市の川南やすらぎ霊園に登る。

こんな風にあっちへいったりこっちへきたりの散歩を毎日のように続けている。
最低一万歩を目標にがんばっているが、やはり疲れる。

疲れたら休む。
気楽な散歩もなかなかいいものだ。
とこれは昨日のお話。

今日は朝からお仕事だからこうはいかない。
残念だがこればかりはしょうがない。



  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)自然・風景

2017年03月06日

酒田市常禅寺辺りも春間近






2017年3月6日(月)

昨日の朝、スポーツ少年団の修了式を終わってから、
お天気も良いし散歩に向かった酒田市八幡地区。

いつもは八森の温泉近くの自然公園を歩いているが、
昨日は少し東へ足を伸ばして常禅寺地区へと歩いて行った。

国道344号線を東に向かうと一番はじめに現れるのが常禅寺集落だ。
荒瀬川を挟んだ川沿いを歩いて行くと鴨が思い切り飛び立っていく。
鴨もびっくりするのだろうが、私もびっくりする。
藪に隠れていたのを見つけられたと思ったのだろう。

しばらく歩くと常禅寺集落への入口にある前山橋に着く。
新しく作られたばかりの橋はまだ光っていた。

上流から流れてくる水流は雪解け水で増水していた。
下流には遠く八幡保育園の建物などが見えていた。

雪も少なくなりずいぶん春めいてきた。
土筆(つくし)にはまだ早いが緑の葉が少しずつ見えてきていた。










  

Posted by 黒メダカ at 08:06Comments(0)自然・風景

2017年03月04日

雪の中の切株に光




2017年3月4日(土)

酒田市八森に広がる八森自然公園。
まだまだ雪が多く、歩くのには少し時間がかかりそう。
防寒長靴を履いて出かけた先日のこと。

木々の隙間から漏れてきた春の日差しが、
雪に埋まった切株に当たっていた。

すでに雪の下には緑の葉が元気よく切株にからまっていた。
小さいながらも生命力はたいしたものだと思わずシャッターを切った。

真っ白い雪と茶色の切株、そして緑の苔や葉。
コントラストがすばらしくてしばらく眺めていた。

あともう少しすると冬を越した蝶や昆虫たちが目を覚ます。
そして、カタクリを始めとした植物たちもどんどん地中から立ち上がってくる。

生命力あふれる春はもうすぐそこまできている。


  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)自然・風景

2017年03月03日

吹浦西浜海岸は春






2017年3月3日(金)

昨日午前中散歩した遊佐町吹浦西浜海岸。
風もほとんどなく穏やかな波の音が心地よかった。
波打ち際まで行くと小さな貝殻が無数打ち寄せられていた。

酒田市から遊佐町吹浦にかけての海岸線はほとんどが砂浜だが、
この飛砂の影響が大きく、黒松を植えて防砂に努めた長い歴史がある。

昨日も西浜海水浴場の駐車場を見ると約1mほどの砂が、
道路を覆っているところがあった。
これだけ砂の威力が大きいことがわかる。

冬季偏西風の影響を受けない太平洋側。
日本海側はこれだけでも相当生活に影響がでてしまう。

冬も終わりに近づきようやく春を迎えた今、
それでも力強く立ち上がる植物たちもいる。

遠くに霞む酒田市宮海の工業地帯。
そして風力発電の大きな羽が並ぶ風景を見ながら、
今年もようやく春がきたのだなぁと感じてしまった。








  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)自然・風景