QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年05月24日

大浜海岸の夕焼け








2017年5月24日(水)

昨日の夕方仕事が終わってから行った酒田市大浜海岸。
砂浜はあるもののゴミが多くこれからトライアスロン大会を前に整備が始まる。

昨日はあまりの暑さに市街地から逃げてきたのか、
数名の人たちが思い思いに休んだり釣りをしたりしていた。

薄ぼんやりした夕焼けを浴びながら、
ゆったりとこころを解放する人たち。

遠くに見える灯台や波消しブロックなどがひとつの風景に溶け込んでいた。












  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)自然・風景

2017年05月22日

5月の田を渡る風たち








2017年5月22日(月)

酒田市中平田地区にある田んぼとあぜ道、そして小さな蝶。
昨日はあまりのお天気の良さに圧倒されて、
つい出かけてしまった酒田市街地からは車で5分ほどの中平田地区。

昔は小さなあぜ道にはフナやナマズ、鯉などがひしめき合っていたが、
今はコンクリートでしっかりと整理され、ドジョウを探すのにも苦労するようになった。

まだ田植えが終わったばかりの田んぼは光を反射してきらきらまぶしいほど。
蛙の鳴き声もまだ聞こえない。

ただ、吹きわたる風はすでに初夏の色どりを漂わせて、
目にはみえないけれども透き通る音をたなびかせている。


私の今日の予定は腰痛の診察。
何とか起き上がってはいるものの腰の中に重苦しい爆弾を抱えているような気分だ。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)自然・風景

2017年05月21日

日本海波静か








2017年5月21日(日)

酒田市街地では酒田まつりの裏祭り(最終日)の日だが、
この青空だけの空を見るとどこかへ行きたくなるような日曜日だった。

私は明け方ベッドのなかで背伸びをしたら腰にグキッときて、
身動き不能になってしまった。
何とか苦労しながら起き出しても痛みが引かず脂汗との闘いだった。

着替えをして外に出たのは午後も3時に近くなっていた。
それから車で海の見える酒田市宮海地区に行き、
酒田北港辺りをうろついたりしたが、それでも気持ちは沈んだままだった。

日本海の波は静かで釣りの人たちは紫外線が強いのだろう。
顔を真っ赤にして頑張っていた。


さて、明日先日撮ったMRIの結果を聞きに医者に行くことになっているが、
何をするにしてもこの結果次第になろうかと思う。

いよいよポンコツになってきた我が身体である。




  

Posted by 黒メダカ at 18:41Comments(0)自然・風景

2017年05月18日

鳥海山鉾立はようやく早春














2017年5月18日(木)

昨日行った秋田県にかほ市にある鳥海山鉾立地区。
青空が広がってさぞきれいだろうなと車でブルーラインを登り始めると、
案外雲が多くて青空は時々現れるだけだった。

それでも壁になっていた雪も徐々に溶けだして、
雪に押しつぶされていたブナや笹などの植物も少しずつ起き上がってきていた。

途中、数台の車が駐車していて山菜採りをしていたが、
まだ雪も多くもう少し先にした方がいいようだった。

何とか奈曽渓谷を覗けないかとあちこちうろうろしたが、
やはりこの雪では無理そうだったので止めにした。

観光客もまだこの時期は誰もこない。
バイクの若者たちが数名けたたましいマフラーの音をさせて登ってきたが、
すぐに降りていった。











  

Posted by 黒メダカ at 08:07Comments(0)自然・風景

2017年05月17日

初夏の山王森










2017年5月17日(水)

この時期、桜の春と酒田山王祭の初夏のあいだの気持ち良い季節となる。
私の好きな季節のひとつだが、みどりの美しさが辺り一面に光を振りまいている。

どこを見てもみどり。
決して花の派手さはないが、このみどりを見ているだけで癒される。

この隋神門を通って参道へと曲がる道で出会った野鳥がかなりいる。
何年か前はキビタキがいた。
そして昨日はコムクドリがいた。
ムクドリと少し似ているが、少し小型で顔色も白い。





望遠レンズを持っていない私が思い切り近づいて撮ってもこの程度だった。
残念!

初夏のみどりに包まれる山王社(下の日枝神社)。
そしてすぐ隣で咲き始めていたハナミズキの花が美しい。












  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)自然・風景

2017年05月16日

日向川河口の今年の風景






2017年5月16日(火)

昨日行った遊佐町白木地区にある日向川河口。
毎年変化する日向川河口だが、ここ数年南側の護岸工事のせいか、
ほとんど変わりなく冬を越してきている。

青空が広がった昨日の日本海。
静かな波が穏やかに打ち寄せていた。

北を見ると秋田県境にある三崎峠が見える。
白木地区の浜辺は広大な砂に覆われている。

ふと足元を見れば早くもハマナスの赤い花が咲き始めていた。











日向川は昨日の朝まで降った雨のせいで濁っていた。
それほど増水はしていなかったが、遠く見える損傷が激しく通行止めの橋が痛々しく見えていた。







  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)自然・風景

2017年05月15日

田植えどきの風と鳥海山






2017年5月15日(月)

昨日写した酒田市中平田周辺から鳥海山を入れた田園風景。
左側に見える建物は旧平田中学校、現平田小学校。

こんな風景を見ていると、
あぁ今年も春になったなぉと思い切り感じてしまう。

鳥海山の種まき爺さんも健在。
田んぼのさざ波も心地よさそうに見える。

鳥海山はすっきり見えないほうが良いと思う。
適度に雲がかかったほうがより鳥海山らしいとさえ思う。





  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(0)自然・風景

2017年05月14日

街路樹つつじ咲始め






2017年5月14日(日)

酒田市駅東から新橋方面へ向かう道路の両側にあるツツジが咲き始めた。
ト一屋駅東店やヤマザワ旭新町店などが並ぶこの道路は、
にいだ川の橋を渡って北新橋、国道7号線を渡って曙町へと続く。

ピンクのツツジは昨日の雨に打たれて、
なおいっそう輝いて見えた。

駅東のツツジは旭新町に入ると純白のツツジへと変わる。
これもまたみごとな色に輝く。
しかし、時期が少し遅れ気味になっている。



  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)自然・風景

2017年05月10日

もったいないチューリップ園






2017年5月10日(水)

昨日行った鶴岡市千安京田にある「いこいの村庄内跡地」。
昨年10月閉館してから今年のチューリップはどうなるのだろうかと不安視していたが、
やはり予想通り管理する人もなくほったらかしのチューリップ畑を見物することになった。

連休中はかなりの人出でにぎわったようだが、
さすがに連休が明けた昨日はほんの数人が見物しているだけだった。

それよりもこの荒れ放題の敷地に咲く可憐なチューリップを、
どんな気持ちで眺めたらいいのか戸惑うばかりだった。

あれだけきれいに咲かせていた何十種類ものチューリップ。
このまま野放し状態でまた来年を迎えるにはあまりにももったいない気がしてしょうがない。

何とかならないものなのだろうか。








  

Posted by 黒メダカ at 08:07Comments(0)自然・風景

2017年05月09日

鳥海三神の水を汲む






2017年5月9日(火)

昨日行った遊佐町三の俣にある鳥海三神の水の湧水汲み場。
きれいに整備された産直施設「さんゆう」のすぐ隣にある。

昨年「山形県里の名水・やまがた百選」にも選ばれ、
ますます人気を呼び連休中はひっきりなしにお客さんが訪れていたという。

これまで何年にもわたって水汲みに訪れているが、
ここの豊富な湧水には驚かされてしまう時がある。
特に冬の道路を流れる湧水の量は積もる雪の量をはるかにしのぐ勢いだった。





この赤い橋の下に貯水される水は鳥海山系三方向から流れ込む水を湛えている。
それが三の俣の云われともなり、三神の水とも言われるようになった。

この月光川ダムからは鳥海山頂上方向や日本海まで見ることができる。
もっと観光地化してもいいとは思うのだが、あまり訪れる客は多くはない。



  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)自然・風景