QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年02月23日

ゆざ町湧水散歩






2017年2月23日(木)

昨日行った遊佐町にある「光月堂の水」と「なごみの水」。
こんな整備された湧水が遊佐町内に14か所ほどある。

知ってる人がぐるっと一周りするのであれば1時間もあれば十分だろう。
しかし、探しながら歩いてみるとこれがなかなか手強い。

駐車場の奥になっていたり横道に逸れたところにあったり、
まともにすぐ見つかるところの方がむしろ少ないように感じた。

風もなく穏やかな日だったが、
青空は隠れて白い雲が空一面を覆っていた。

残念ながら時間もなく途中までの探索になったが、
近いうちにまた来てみようと思う。

まだ行ったことが無いところがいっぱいあって楽しみが多い。

しかし、不思議なのは湧水の多い場所が八面川(やつおもてがわ)よりすべて北側になっていること。
何か地層的なことがあるのだろうか?





  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)自然・風景

2017年02月19日

日向橋に春の兆し






2017年2月19日(日)

酒田市尻地にある日向川に架かる日向橋(にっこうばし)。
岸辺には緑の草が早くも芽吹き始めていた。

まだ残雪も見える河川敷だが日差しはもう春。
日向橋のはるか向こうには本当なら鳥海山も見えているはずだが、
残念ながら黒い雲に覆われている。

橋の下流域にはカモたちが群れをなしていた。
しかし、私が近づくとあっという間に飛び立ちきれいさっぱりいなくなってしまった。
マガモやオナガガモ、オオバンなどが見られたがもっと珍しいカモもいたかもしれない。

風が冷たく吹いていた。
海を見に行こうかとも思ったがもう少し暖かくなってからにしようと、
日向橋を後にした。


  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)自然・風景

2017年02月17日

酒田市草津から湯ノ台へ




2017年2月17日(金)

昨日午前中に行った酒田市草津(上草津)の集落。
穏やかだった天候とは裏腹に積雪はゆうに1メートルは超える。
ここから曲がりくねった山道を登って湯ノ台へ向かう。

途中すれ違う車が何台かあったがいずれもスピードを落として、
慎重に運転していた。

道路上は積雪はなくほとんどがシャーベット状だった。
圧雪が気温の上昇とともに溶けだしたようだ。

湯ノ台にある鳥海イヌワシみらい館の看板。
建物は道路からは積雪のため見ることはできなかった。





鳥海山荘もすっぽりと雪に埋まっていた。
これまで何度も宿泊してきた鳥海山荘だが、
私の心臓が壊れてからは一度も泊まっていない。







もう少し上まで行きたかったが除雪中で進むことができなかった。
昨日は遅番勤務だったので少し遠慮したが、歩いての撮影もしたかった。
後ろ髪を引かれる思いで山荘を後にしてきた。









  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)自然・風景

2017年02月14日

雪の八幡地区






2017年2月14日(火)

先日雪が降ったときに行った酒田市八森自然公園展望台からの風景。
膝くらいまでの雪をラッセルしながらようやくたどり着いた展望台だった。

見渡すと荒瀬川が真っ白な風景の中を黒々と流れている。
こんなにすっきりと見えるのは一年のなかでもそんなにはない。

二枚目の写真は北方向遊佐町方面に伸びる国道345号線だ。
この写真もすっきりと見えている。

少し小高い丘や山があるとこんな風に遠くまで見ることができるが、
我が家の周辺には残念ながらそんなところはない。
その代わり少し高いビルがある。

そのうち駅前のビルに上って写真撮影の許可をとってみようか。





八森自然公園展望台までたどり着くまで見かけた動物の足跡。
おそらく猫だろうと思うが姿は見えなかった。
こんな足跡のある風景もいいなと思う。
いろんなことを想像するのが楽しい。



  

Posted by 黒メダカ at 08:07Comments(0)自然・風景

2017年02月03日

厳寒の湧水地






2017年2月3日(金)

今日は節分だというのに真冬の真っただ中。
昨日行った遊佐町は湧水の町として有名だが、厳寒の湧水を見てきた。

場所はJR遊佐駅からまっすぐ月光川方面へ向かったところにある「丸勝の水」。
表示されているプレートにも雪が付着し読むこともできなかった。
まさに厳寒の湧水地となっている。

本当は車を乗り捨てて、
遊佐町内を歩きたかったが、昨日は遅番勤務だった。
強烈な地吹雪が吹き荒れる遊佐町内は遠慮するしかなかった。

遊佐町ではこんな風に町内のいたるところで湧水が見られる。
鳥海山の恩恵に預かられる貴重な湧水群はまだまだあちこちに見られる。




  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)自然・風景

2017年02月02日

猛吹雪




2017年2月2日(木)

今日は朝から猛烈な吹雪。
車で街中を一周してみるとあちこちで長い渋滞。

視界が悪く、吹き溜まりも少しできつつあった。

こんな日は家に閉じこもってあったかくしてるのがいいな。
外のお天気とにらめってしながら様子をみようか。

それでも午後には仕事に出かけなくちゃならない。
こんな日の遅番勤務はつらいな。



  
タグ :吹雪

Posted by 黒メダカ at 08:28Comments(0)自然・風景

2017年02月01日

冬の小出沼






2017年2月1日(水)

庄内町小出新田にある小出沼(こいでぬま)。
春には桜並木が満開となり沼は花筏で水面が見えなくなるほど埋め尽くされる。
また、秋9月には小出沼親水広場まつりで賑わう。

そんな小出沼だが、冬になるとこれまで一度も行ったことはなかった。
おそらく水面は凍って野鳥はみんな最上川へと集まっているだろうなと思っていた。

この小出沼から最上川は直線では目と鼻の先ほどの距離。
ただし、最上川は風が極端に強い。

行ってみるとやはり8割方水面は凍結。
しかし、残り2割のところにカモたちが集団で集まってきていた。
一番南側には白鳥も数羽羽を休めにきていた。

ざっとみても数百羽。
私が車から降りるといつもの警戒の鳴き声がはじまり、あっという間に離れていった。
望遠鏡でのぞくとマガモがほとんどでコガモも混じっていた。

沼の位置が関係するのか、ここには強風は吹いてこない。
静かな水面でケンカするオスガモがいるかと思うと、
のんびりと居眠りをしているカモがいたりと平和そのものの小出沼だった。


  

Posted by 黒メダカ at 19:18Comments(0)自然・風景

2017年01月29日

にいだ川冬の夕暮れ




2017年1月29日(日)

昨日の夕方のにいだ川(新井田川)。
穏やかに晴れたが、さすがに夕方は指がピリピリするくらい冷えていた。
JRの鉄路に架かる跨線橋越しに日本海方面を見るのもなかなかいい。

昨日今日と酒田日本海寒鱈まつりが開催されている。
そして今日は消防出初式も行われる。

私も見に行きたいが今日は朝から仕事。
ひっそりと静かにお客様対応をしていよう。

あと数日で節分。
暦の上では冬と春の境目まで来た。

まだまだ冬の真っ最中だが少しずつ日も長くなっている。
のどかな写真を見ていると気持ちまで落ち着いてくる。


  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)自然・風景

2017年01月22日

雪景色を三枚








2017年1月22日(日)

酒田市東部の東平田地区での雪景色を三枚掲載した。
どれも雪の美しさと木々に積もった状態の面白いものを選んだ。
三枚目は手前が農業用水溜池である。

しかし、この美しい雪が街中に降ると厄介なことが起こる。
それが下の写真。





街中のいたるところに出現するモンスターのような雪の塊(かたまり)。
こうなると雪はコンクリート状態となり、車が突っ込むと車は大破することになる。

道路の除雪体制は新庄や鶴岡の方がはるかに優れているようで、
酒田に来た人たちは口をそろえて酒田の道路の状態はひどいと言う。

積雪量の多いところでは除雪業者さんも慣れているのだろうか。
それともここ数年積雪量が少なかったせいだろうか。


  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(2)自然・風景

2017年01月17日

最上川南からの鳥海山






2017年1月17日(火)

酒田市高見台から京田川・最上川を挟んで遥か鳥海山を見る。
京田川はほとんどが氷に覆われ、流れがある分ひび割れている。

できれば全体を太陽の光が浴びるのであればいいのだが、
残念ながら京田川・最上川は雲の陰に隠れて暗く見えている。

不安定な天気そのままの写真になってしまった。

それならばと対岸の酒田市堤町側へ周ってみたが、
ようやく光が差し込んできた風景は、最上川もかなり氷に覆われていた。

どれも昨日の写真だがやはり吹く風は冷たく、
肌を突き刺すようだった。





見える橋は出羽大橋。
この橋の向こう側が日本海に続いている。




  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(0)自然・風景