QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年05月10日

カフェ余目製パンの天然酵母のぶどうパン






2018年5月10日(木)

今日がJR余目駅前にある「クラッセ」創業4周年の記念すべき日。
カフェ余目製パンも同じく4年になった。

できた当初から私の大好物だった「天然酵母のぶどうパン」。
4年たった今でも人気は衰えていないようだ。

今はスコーンなどの菓子も加わり、ますますお客様が増えた様子。
私も時々訪れては少しだけ美味しいパンを買っていく。

店長さんは4年前と同じように今でも美人ママさん。
娘さんも大きくなって二人目の息子さんは野球スポ少のキャプテンらしい。

来年は区切りの5周年。
10周年になったら花束でも贈ろうかなと今から考えている。



  

Posted by 黒メダカ at 14:22Comments(2)食べ物・飲物

2018年05月10日

河村瑞賢生誕400年






2018年5月10日(木)

今年は江戸時代に酒田湊を起点に西廻り航路を開いた商人・河村瑞賢(1618―99年)の生誕400年。
これを記念して酒田市は今年、瑞賢の生誕地・三重県南伊勢町と連携し、酒田の魅力を全国に発信している。

酒田市日和山にある瑞賢の銅像は酒田市出身の彫刻家高橋剛氏の作成したもの。
実は三重県南伊勢町にも同じ作者が作った銅像が立っており、日本でたった二ヵ所だけに瑞賢の銅像がある。

西周り航路は最上川流域の米を酒田に集め、酒田を起点に下関海峡、瀬戸内海を通って大坂、江戸へと至る航路で、
酒田では今も、港町酒田の繁栄の礎を築いた偉人として紹介されている。

しかし、こんな立派な事業をした偉人の銅像がここにあることを知っている人は案外少ない。
幟旗を立てて意識高揚をしようと酒田市では必死のアピールをしているようだが、
それほど市民の反応は鈍い。

あまりお天気の良くなかった昨日、
仕事が終わってから久しぶりに日和山を訪れたが、深緑がまぶしく目に飛び込んできた。

ツツジの花が色鮮やかな花を咲かせて、
ひとときの安らぎを与えてくれていた。

来週は酒田まつりが開催される。
勇壮な山車を見ることができる。
緑あふれる日和山の景観に少しだけ瑞賢生誕400年の幟が揺れていた。


  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)酒田関連