QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2016年12月28日

やまがた県民手帳




2016年12月28日(水)

来年で4年目を迎える「やまがた県民手帳」を買ってきた。
これまでいろんな手帳を使ってきたが、それぞれ使い勝手が違って一長一短はある。
しかし、何といっても山形県内の事細かなことが描かれているのがとても気に入っている。

私が関わっている県内の児童数の推移が毎年気にかかっている。
平成23年度の少学校生徒数は62,119名。
平成24年度は61,132名。
そして平成25年度は59,595名。
26年度57,993名、27年度56,574名と4年間で5,500名以上の減となっている。

こんな形で県内のことならほとんど掲載されているのがとてもいいのだ。

仕事を続けている関係もあって少し小型の県民手帳を使っているが、
いよいよ仕事を辞めることになればまた好みが変わるかもしれない。

今年もあと数日。
何とか無事に過ごすことができたが、一年ごとに身体の衰えを感じてしょうがない。
もう一度鍛えなおしたいと思っているがなかなかうまくいかない。







  

Posted by 黒メダカ at 19:40Comments(0)生活

2016年12月28日

山形ふるさとCM大賞




2016年12月28日(水)

12月26日YTS山形テレビで放送された「山形ふるさとCM大賞」。
毎年楽しく拝見させていただいているが、今年も力作あり軽妙な作品ありの中、
見事大賞には「遊佐町」が選ばれた。

山形県の中でおでこに位置する遊佐町。
そのままおでこの歌詞をメロディーに乗せてテンポよい作品に仕上がっていた。

おでこがどこまでかわからないおじいさんをおばあさんが楽しく指摘する一幕。
ユーモアたっぷりで、遊佐町がどこにあるのか一目でわかってしまう演出となっている。

これから1年間毎日15秒間CMとして放映されるのは山形県内。
他に県外でも放映が約束されている。

こんな楽しいCMなら毎日見てもいいなと思う。


  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(2)生活

2016年12月25日

穏やかなクリスマスの日




2016年12月25日(日)

今年もあと数日となった。
朝から日差しが差し込む穏やかなクリスマスの日である。

酒田市上本町にある前田製管のところの未来橋から中ノ口橋方面を撮った。
鳥海山は残念ながら頂上付近はあまりよく見えない。

新井田川(にいだがわ)左手にある酒田郵便局では、
年賀状を持ってくる人がピークを向かえていた。

この川沿いの道路を走る場合は注意が必要になる。
前日のクリスマスイブでは跨線橋を通り越したところにある不二家酒田浜田店が混雑していた。

ゆったりとした雲が浮かんでいた。
師走だというのに空だけはのんびりとしていた。



  

Posted by 黒メダカ at 18:27Comments(0)生活

2016年12月24日

灯油ポンプの電池残量




2016年12月24日(土)

最近灯油ポンプの調子が悪いと思っていたら電池残量が無くなっていたのだった。
単三電池2本を新しいのに取り替えたら動きが良くなった。

以前は電池を使わない手動式のものを使っていたが、
灯油ストーブに入れる量が多くなるにしたがって手動式では間に合わなくなった。

当初単一電池を2本入れるものを使っていたのだが、
これは力があってあっという間に灯油が満タンになった。

壊れてから同じものを購入に行ったところ同じものはなく、
単三乾電池用のものしか無くなっていた。

なぜ単一のものは無くなったのだろうか?
電池の値段が上がったからだろうか。

釈然としないまま単三電池のものを使用しているが、いまいち力が足りない感じがして仕方がない。
灯油の貯まる速度が圧倒的に遅い感じがするのだ。

ラジオやゲーム機に使用する電池などはそんなに力は必要ない。
しかし、この手の力が必要なものには単三電池では無理があるのではないだろうか。

エボルタなどという電池もあるが、これも力はなく寿命が長いだけのような気がして仕方がない。


  

Posted by 黒メダカ at 16:36Comments(0)生活

2016年12月15日

冬季でも活躍中の公園トイレ






2016年12月15日(木)

冬季でもウォーキングが盛んな酒田市光ヶ丘にあるクロスカントリーコース。
しかし、実は同じ光ヶ丘に4.4㎞のウォーキングコースがあるのを知っているだろうか。

私はクロスカントリーコース(2.2㎞)は混むことからあえて混まないコースを利用しているが、
困るのが冬期間使用できない公園トイレだった。

今日歩いてみるとフィールドアスレチックコースの始まりでもある、
ふくろう展望台のそばにある公園トイレが使用できることがわかった。

中に入ると風も入らず、ほんのり暖かいような感じだった。

雪が降ってもウォーキングする人はかなり多いこの地区。
こんな公園トイレがあると本当に助かる。






  

Posted by 黒メダカ at 19:13Comments(0)生活

2016年12月11日

日向川の鮭孵化






2016年12月11日(日)

酒田市穂積にある日向川にかかる日向橋。
旧国道7号線だった頃から交通の要所としてずいぶんにぎわったと聞く。
橋のたもとには料亭や茶屋が軒を並べていたともいう。

県道となった現在でも酒田市と遊佐町方面を結ぶ幹線道として活躍している。

さて、この日向橋の北側には日向川鮭漁業生産組合のふ化場が見える。
今年あった第36回全国豊かな海づくり大会の取り組みでは、
酒田市立西荒瀬小学校の全校生が参加し3月、10000尾を放流していた。

この時期はすでに鮭も上り終え、清冽な流れだけが寒空の下音を響かせていた。

時々小雪がちらつく昨日は日向橋の向こうに見えるはずの鳥海山は残念ながらお休み。
お天気の良い日には日向橋越しの鳥海山の見える場所が地元のビューポイントとなっている。





  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)生活

2016年11月27日

年賀状作りの季節




2016年11月27日(日)

今日も日曜だと言うのにお仕事。
本当は昨日も仕事だったが変わってもらったのだった。

さて、この季節年賀状作りに励む時期になってきた。
やはりメールだとか虚礼廃止とか言ってもこの一年でお世話になった人には、
御礼の賀状を送らなければなぁと思う。

何とか辛うじて働き続けていられるのも自分ひとりの力ではない。
周りにいる同僚や家族のおかげでもある。

さて、今年のデザインはどんなものにしようか。
昨年はすずめの写真だったか。

こんなことをいろいろと考えるのも楽しいひとときなのだ。

写真は今年の年賀状だが、あまりにも種類があり過ぎてどれを選べばいいのか、
困ってしまった。
とりあえず選んだ二種類だが、片方は淡いピンクの色がついていた。


  
タグ :年賀状

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)生活

2016年11月26日

晩秋の八森温泉ゆりんこ




2016年11月26日(土)

秋から冬へ向かう晩秋の八森温泉ゆりんこ。
朝から湯気がもうもうと立ち上っていた。

相当冷え込みが厳しかったのか、
いつもより湯気の量が多い。

入口から程遠いまいづる橋の近くから撮った。
右に曲がっていくと東平田方面へ向かう。
左に行くと温泉入口、野球場、ゴルフ場、ゲートボール場、舞鶴公園などへ続く。





こちらは右に荒瀬川を見ながら、
まいづる橋や桜並木が見える。

すでに葉を落とした桜の木々は、
来年咲かせるための堅いつぼみの準備をしていた。

閑散とした風景ながらも荒瀬川にはカワガラスやハクセキレイなどが、
元気に飛び回っていた。



  

Posted by 黒メダカ at 11:01Comments(0)生活

2016年11月25日

人間ドック再び




2016年11月25日(金)

来月はじめに決まっていた今年度の人間ドックの資料が送られてきた。
毎年のことなのだが、改めて面倒だなと感じる。

3年前の同じ時期、同じように人間ドックを受診し、
心臓の異常が見つかって、
その後精密検査、心臓バイパス手術と矢継ぎ早に病院と関わってきた。

おかげで知らないうちに死んでいたなんて状況にはならなかった。
しかし、心臓の筋肉に栄養を与えるためにある冠状動脈が詰まったことで、
私の心臓の何割かはすでに壊死(えし)してしまっていた。
今も胸に不具合感を感じるのはそのせいらしい。

今年の人間ドックでも再度心臓の筋肉疲労度検査を行うことにしている。
一時一般成人の三割しか血液量が送られなかった心臓も、
昨年は五割ほどに戻ってきていた。

さて、今年はどのくらい一般の人に近づいてきただろうか。
このまま山登りのできない体のままでは少し人生に後悔が残りそうだ。


  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)生活

2016年11月11日

秘密兵器で落ち葉掻き(おちばかき)




2016年11月11日(金)

酒田市飯森山公園内にある多目的グランド。
芝の整備をする一方で飛んでくる落ち葉の清掃に秘密兵器が使用されていた。

昔は竹箒(たけほうき)で家の周りの落ち葉掻きをしていたものだが、
最近は面倒なのかそのままにしている家庭が多い。

高齢者の一人暮らしが多いせいもあるし、
空き家が多いのも原因のひとつになっている。

そんな落ち葉掻きもこんなに広いサッカーグランドではかなり大変だ。
そこで考えられたのが空気を使って落ち葉を吹き集めるのがこの機械だ。
云わば掃除機の反対で空気を送り出して落ち葉を向こうへ追いやる仕組みになっている。

いくら機械から風が出ようとも、
それを使うのは人間。
途中で風向きが変わると元の木阿弥になりそうだが、
何とか最後まで行ったようだった。





ところで今日のお天気は大荒れ。
雨が降った午前中はほとんど日差しはなかったが、
午後になって雨が上がったのはよかったが、
風が強く雲の隙間から差し込んでくる日差しのせいでまだら模様の庄内地方となった。

たまたま見えた鳥海山の中腹。
だいぶ下の方まで雪が降りてきているのがよくわかる。

もうすぐ冬だ。
また冬ごもりの季節になってきた。




  

Posted by 黒メダカ at 18:06Comments(0)生活