QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年01月08日

絵画作品展「鳥海山と花とくだもの」






2019年1月8日(火)

酒田市中町にある「さかた街なかキャンパス」。
1月4日(金)~13日(日)の期間で渡邉麻美絵画作品展「鳥海山と花とくだもの」が開催されている。


時々興味を引く作品展があると顔を出しているが、
この作品展は若い娘さんの作品とは思えない出来栄えですっかり魅了されてしまった。

会場の一番奥に掲示されているのは布に書かれた大きな鳥海山の絵だった。
どこから見た鳥海山ですか?と聞くと、
「遊佐の杉沢です。」とのこと。

遊佐町からの鳥海山とは少し形が違うようだが、
心象風景も混じっての風景なのだろう。

同じような風景の油絵が入口脇が飾られていたが、
こちらはじっくり書き込んだしっかりした作品に仕上がっていた。


写真は「いちょうの木の下で」と題した小品。
大きな木に見守られている先生と生徒か。
本人曰く「瑞々しい影を描きたかった」。

イメージは暗いがほんのり温かみのある作品となっていた。


もう一品紹介する。
「透き通った/透明な/すっとする」。





どうも見覚えのある風景で気になってしょうがない。
昔杉沢に鳥海公園という桜の名所があったが、
急な上り坂の途中から見る八幡方面がちょうどこんな風景なのだ。

日向川が流れているのだが堤防の陰になって見ることはできない。
私の散歩コースのひとつになっていて、秋などは心地よく歩くことができる。





これははがき大ほどの小さな作品だが、
橋の欄干から下をのぞき込んでいるのか小さな子どものスケッチだ。
何気ない風景だが、印象的な作品で私好みだ。


他にも絵本的な絵画や花の絵画などもあり、
結構楽しめる。

もう少し本格的に書き込んだ作品も見てみたいと思ったが、
初めての方にそんな話はできない。







同じカテゴリー(文芸)の記事
守り人シリーズ読破
守り人シリーズ読破(2017-02-09 08:03)


Posted by 黒メダカ at 08:01│Comments(2)文芸
この記事へのコメント
初日行って
橋の欄干から下を・・(5)にシールを貼ってきましたー!
Posted by ANGEANGE at 2019年01月08日 11:51
★ ANGE 様

コメントありがとうございます。

もう一度伺ってこの景色はどこ?とたずねようか迷っています。
もしかしたら遊佐町杉沢の方なのでしょうか。

若くて美しい方でしたが、あまり美人は得意ではありませんのでお話ができるかどうか。

私は上の3点にシールを貼って、住所と名前も書いてきました。
Posted by 黒メダカ黒メダカ at 2019年01月08日 17:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。