QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年03月12日

庄内地震の歴史






2018年3月12日(月)

昨日は大震災からちょうど7年の節目の日だった。
そうか、あれからもう7年が過ぎてしまったか。

酒田市南新町にある日和山を散歩しながら見るともなしに赤い大鳥居脇の小道を登って行った。
ここは以前も行ったことがある甲午(きのえうま)震災記念碑があるところだ。


『甲午震災記念碑』

明治27年(1894)10月22日午後5時35分、庄内地方は大震災にみまわれた。
夕飯の時刻でもあったので、火災も発生し、未曾有の大惨事となった。
酒田町の過半数に当たる1747棟の家屋が全焼し、160人を超える死者がでた。
庄内全体で死者700人を超し、焼失家屋も3500棟を超したが、
船場町(ふなばちょう)、傳馬町(てんままち)、秋田町、袖浦村、広野村、新堀(にいぼり)村など、最上川下流域地帯の被害が特に激しかった。

天皇皇后両陛下の御下賜金(ごかしきん)、全国からは多額の義援金が送られるなど震災救侐(きゅうじゅつ)があった。
本間家は仮設病院建設の為に200円を拠出した。

旧庄内藩主酒井氏、風間氏、本間氏、松井氏、池田氏など鶴岡、酒田の豪商有力者による救援炊き出し、
本町太平医師など町医者による病人、怪我人の医療が行われた。

明治33年、白崎善吉、橋本熊五郎、木村茂三を建設惣代人とし、
酒田浄福寺住職菊地秀言が碑文を作り、石碑を建てて賑侐(しんじゅつ)の徳を悠久に伝えるとともに、
防災の心構えを忘れないよう是に記した。
(全文)


「甲午震災」とは「庄内地震」の事であり、マグニチュードは7.0
山形地方気象台の記録に拠れば「死者726、負傷者1,060、住宅全壊3,858、家屋焼失2,148」の大惨事だった。

その後も酒田大火など大きな災害に見舞われながらも、
この町に住む人々はしぶとく生き抜いている。

しかし、いつやってくるかわからない自然災害。
その気構えはしっかりと持ちつつ対策を立てながら生きていきたいと思う。


  

Posted by 黒メダカ at 08:11Comments(0)酒田関連

2018年03月02日

酒田雛街道の清亀園






2018年3月2日(金)

昨日からの暴風が夜中まで耳についてなかなか寝付けなかった。
何しろ震度3がずっと続いているような感じだった。
このまま家が飛ばされてしまうのではないかと気が気でなかった。

昨日夕方の酒田市浜田にある清亀園(せいきえん)。
酒田雛街道の主要展示施設になっていることから見物に来る人も多い。

しかし、さすがに昨日は大荒れのお天気。
酒田雛街道の幟(のぼり)も今にも折れてしまいそうな風だった。

3月3日は桃の節句。
ひなまつりにふさわしい季節になったがただ眺めて歩くだけのおひなさまは、
私にとってあまり興味の対象とならない。

日本全国おひなさまで我が家にもおひなさまはあるが、
このところずっと飾ってはいない。




  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)酒田関連

2018年02月26日

酒田のお城はどこだ?




2018年2月26日(月)

このところ立て続けに酒田のお城の話題になったことがあった。
西郷隆盛さんの南洲神社が酒田市飯森山にあるのが話の始まりのようだが、
皆さんもともとあった酒田の亀ヶ崎城のことを知らない人が多い。

酒田市亀ヶ崎にある県立酒田東高校の場所が亀ヶ崎城のあった場所になる。
しかし、観光地ではないため誰も近づくことはできない。
無断で酒田東高校に入るわけにはいかない。

そして亀ヶ崎城址としての面影も西側に連なる3mほどの土塁(どるい)があるのみで、
建物も堀跡も何も見つけることはできない。

もともと酒田にいた殿様は本間様の陰に隠れてあまり目立つ存在ではなかったこともあって、
酒田市民も亀ヶ崎城を観光に使おうなどとは考えていなかったようだ。

山形県内をあちこち歩いてみて感じるのはやはり歴史的建造物を大切にしていることだ。
山形の山形城跡「霞城公園(かじょうこうえん)」を始め、
米沢の「松ヶ岬城」や新庄城址「最上公園」、鶴岡の鶴ヶ岡城址「鶴岡公園」など、
しかし、酒田にはそんな公園は見当たらない。

本間様や三十六人衆が商人だったことから亀ヶ崎城の城はあっても、
別に自治組織を作り運営をしていたことも影響しているのだろう。

昨日歩いた酒田市亀ヶ崎にある酒田東高校脇の道路には、
亀ヶ崎城についての説明が少しだけ掲示されている。







3mほどの土塁でも甲冑(かっちゅう)を着て登るのは大変だっただろう。
山城と違って平城(ひらじろ)の亀ヶ崎城はやはりお濠で城を守っていたようだが、
酒田市民は保存することもしてこなかったようで、まるで跡は見えない。

  

Posted by 黒メダカ at 08:17Comments(0)酒田関連

2018年02月25日

とびしまの野鳥だより




2018年2月25日(日)

酒田市船場町にある酒田市定期航路乗り場にある「野鳥観察情報」は、
毎年春と秋に貴重な写真入りで発行されている。

興味のある人のために余分に印刷され持ち帰ることができるようになっている。
平成29年春には日本初記録の「ムナグロノゴマ」が見つかり話題になった。

私も飛島に渡っていた時期と重なるのでもしかしたらいたのかもしれないが、
私には見つけることはできなかった。

さて、昨年秋にも野鳥だよりは発行され、
私が見たこともない「ユキホオジロ」なども観察されていた。





私は今年も何回か飛島に渡って散策をするつもりでいるが、
自然豊かな飛島の地をそのまま伝えることができればうれしい。

今日の発着所は風が冷たく黙っていると凍えそうな寒さだったが、
それでも「出航」の表示が大きく張り出されていた。





中に入ってみるとお客さんは三人ほど。
大きな荷物といっしょに椅子に腰かけていた。



  

Posted by 黒メダカ at 10:06Comments(0)酒田関連

2018年02月15日

少年歌舞伎のインタビュー




2018年2月15日(木)

今日は黒森歌舞伎の正月公演一日目。
酒田市黒森地区にある黒森日枝神社境内は多くの観客やカメラを持つ写真愛好者などで賑わった。

私が見たのは12時から始まった少年歌舞伎。
「青砥稿花紅彩画」より稲瀬川勢揃いの場(いなせがわせいぞろい)。
子供たちの元気の良い啖呵が心地よく境内に響いていた。
かっこ良い「大見得を切る」所作が様になっていた。

さて、写真は演技が終わったあとの毎年恒例の6年生の皆さんへのインタビュー。
ここ黒森小学校も例にもれず少子化の影響で生徒数がぐんと減少している。

「今日の朝は何を食べましたか?」
「ごはんと黒森納豆です!」
毎年決まりのインタビュー内容らしいが、少し楽しい。

最後に6年生の皆さんに後継者になりたいか聞いたところ、
手を挙げたのは一人だけだった。
いや、一人いたのは立派と言った方がいいのかもしれない。


以下、黒森歌舞伎風景を掲載する。





















カラーコーンとバーに囲まれた中が見学者用の椅子になる。
その外側はカメラ愛好者が持ち込んだ三脚がズラリと並ぶ。
一台数十万円から百万円を超えるようなカメラがこんなに並ぶと何のための歌舞伎かと首をかしげたくなる。

この中に入るのに三脚が邪魔で入れない状態になる。
観客は外に追い出される。
変な話だ。




  

Posted by 黒メダカ at 18:55Comments(0)酒田関連

2018年02月14日

将棋の未来




2018年2月14日(水)

今日は遅番勤務。
午前中は私の月に一度の医者通い。

先日行った精密検査や胃カメラの結果を言い渡される。
毎年のことだが、何ともやり切れない思いが脳裏をよぎる。
何しろ、私の心臓手術もこの検査結果で初めて必要とわかったのだから。


さて話は変わって、中学生棋士がプロにデビューして連勝の新記録を達成したとたん。
全国の小学生や中学生が将棋大会や将棋道場に溢れるようになった。

酒田でも鶴岡でも将棋大会が熱気を帯びるようになった。
皆さん一様に中学生プロ棋士の名前を出して「ぼくも(私も)プロになりたい」と言う。

私も昨年たまたま休みの日に将棋大会があって参加してみたが、
惜しくもメダルは逃してしまったが健闘はしたと思う。
昔取った杵柄(きねづか)はまだ健在だった。

一時的なブームという人も多い。
そんなに簡単なものじゃないという評論家もいっぱいいる。
しかし、現在のような混沌とした時代のなかで、
必死に考える姿を見ただけでもすばらしいなと思うのは私だけだろうか。

写真はNHKテキスト「将棋講座」と付録の「阿部健治郎の囲い最前線」。
付録を書いているのは酒田市在住のプロ棋士阿部健治郎7段である。

2002年6級で奨励会入会。
2009年4段、2016年7段。
時々NHK杯に登場し、強豪を破ったりもしている。

こんな酒田市民もいるのだ。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)酒田関連

2018年01月30日

酒田本港と最上川を繋いだ下瀬閘門(こうもん)






2018年1月30日(火)

連日の冷え込みでなかなか最上川の氷結が解けない。
それでも出羽大橋下流域になると何とか氷は解け出し日本海へと流れていた。

そんな酒田市下瀬の最上川に面したところに下瀬閘門跡地(しもせこうもんあとち)がある。

私がまだ小学生だった頃、
今は亡き父が私を連れてこの閘門にハゼ釣りに来たことを思い出した。

父はそれほど釣りが好きそうではなかったが、
私が熱中していたのを知ってあえて自転車でこんなに遠い下瀬閘門まで連れてきてくれたのだった。

昔は入れ食い状態でハゼだけではなくシノコダイやカレイなどがおもしろいように釣れた。
その後父は何を考えたのか中古のポンポン船を買い新井田川に係留し、
時間を見ては近くの消防団仲間と海へと釣りにいくのだった。

父が船をいつ手放したのかは知らないが、
その時の下瀬閘門が無くなり現在では跡地となっていることを知ったのはずいぶん経ってからだった。

下瀬閘門跡地の説明書きにある分を記載しておく。



「最上川と酒田港を繋いだ下瀬閘門(こうもん)跡地」

 大正時代の最上川河口は全国的に有名な河口港であったが、
河口港の宿命である流入土砂により水深が大きく変動し、
また、入港船の大型化に伴い水深不足に悩む酒田港の利用は次第に減少した。
 このため大正10年から昭和7年にかけて最上川と港を分離する工事を行い、
港では大型船の就航が可能となった。一方最上川と港に水位差が生じたため、
船の就航が可能なように水位差を調整する下瀬閘門(運河)が設けられた。
 閘門は昭和57年に利用減により取り壊され、現在は下瀬樋管として、
その姿を残している。





いつもは水位を計るための水位計だが、
氷に囲まれて役に立たない状態になっていた。



  

Posted by 黒メダカ at 08:13Comments(0)酒田関連

2018年01月28日

酒田日本海寒鱈まつり






2018年1月28日(日)

穏やかな日曜日になった。
今日は午後からの仕事。
朝のうちに酒田日本海寒鱈まつりに行ってきた。

寒鱈汁の匂いがどうしても鼻について食べることができないが、
雰囲気だけ楽しもうとぐるっと歩いてきた。

観光の人もいるのかとんでもないほどの人ごみだった。
歩くのが大変なほどの会場となっていた。

同時開催の「酒の酒田の酒まつり」も好評で中央公園は満員。
私は酒の飲めない身体だから目に毒そのものだった。
美味そうな日本酒がいっぱいあった。










  

Posted by 黒メダカ at 14:12Comments(0)酒田関連

2018年01月20日

陸に上がった鉄の船




2018年1月20日(土)

昨日晴れたときに散策していて見つけた酒田市入船町の造船所の鉄の船。
いやにごっつい鉄の船だ。

こんなにごっつくても水に浮かぶのだから驚く。
何をする船なのかわからないが修理か点検か陸に上げられていた。

船はいつも水の中にいて当たり前だと見ているが、
こんな風に陸に上げられてまじまじ見ると面白い発見もある。

何だか見てはいけないものを見ているようで興味が尽きない。


さて、この後最上川河川敷に行くといつもはとっくに来ている冬鳥のツグミを見つけた。
人なつこくてあまり逃げない野鳥だが、私を観察しているのかじっとこちらを見ていた。






  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(0)酒田関連

2018年01月09日

文化センターに酒田凧集合






2018年1月9日(火)

酒田市中央西町にある酒田市総合文化センター1階ロビーが酒田凧で溢れている。
酒田凧保存会で飾ったもので、正月作品展となっていた。

毎年酒田凧を見ると華やいだ気分になるが、
酒田凧特有の「武者凧」「亀凧」「人凧」「だるま凧」「カスべ凧」などが壁いっぱいに飾られてあった。

亀凧は酒田の城が「亀ヶ崎城」からきたものらしいが、
人凧は人間の全身を凧に書き込んだ珍しいものとのこと。

昭和50(1975)年頃に市内の旧家から「万延元年」(1860)と「慶応二年」(1866)の記載のある凧の下絵が発見され、
それからほどなく酒田凧保存会が結成された。
凧絵は北前船で大阪から来たと推定されており、
歴史は相当古いものとなる。

これまでない酒田のマスコットキャラクター「あののん」「もしぇのん」の凧などもあって、
ロビーを通る人たちの心をなごませていた。












  

Posted by 黒メダカ at 08:16Comments(0)酒田関連