QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年10月04日

遊佐町西浜海岸周辺の秋の散策




2018年10月4日(木)

昨日歩いた遊佐町西浜周辺の秋の日の風景。
どこを切り取っても一枚の絵になるほどのすばらしい景色が続いた。

一枚目は月光川河口を挟んで国道345号線の通る風景を写した。
湧水から流れ出る牛渡川はじめ洗沢川などが合流する月光川が日本海に注ぐ河口周辺、
ここにもカワセミなどの美しい野鳥が棲みついている。

青空をバックに緑色の森林とそれを写す月光川がとても美しい。





漁港入口のところに鳩がいた。
私が近づいても飛ぼうともせずとことこ歩いていた。
足環が付いているところを見るとレース鳩なのだろうか。
まん丸い目がとても印象的だった。





漁港を過ぎて西浜海水浴場を目指して歩いていると、
赤とんぼが今が盛りと飛び回っていた。
トラロープにも鈴なりに止まっていたが、私が近づくとどんどん逃げて行った。
一匹だけなぜか逃げずに止まっていたのを写した。
きれいな目をしている。





吹浦第三突堤は一番南側の突堤になる。
釣り人がよく訪れる場所だが、先まで行くにはかなりの距離になる。
どうせお天気も良いしとトコトコ一番先まで行ってみる。
ソーラーパネル付きの小型赤灯台があった。

何が釣れているのかわからないが、私が見ている前では何も釣れなかった。
女性も数名来ていたが、皆さん楽しそうに話しながら釣りをしていた。





対岸にある白灯台でも釣りをしている人がいた。
どこから行くのかわからないが、私は一度も行ったことがない。
遠く秋田方面の海岸線が見える。
視界が良ければ男鹿半島の寒風山まで見えることもある。
飛島も見えたが平べったく見えるだけで面白くない。





西浜海水浴場も今はすべておしまい。
きれいな砂浜が続いているが、少し陸の方を見れば漂着物がものすごい量になっている。
波が押し寄せてくるが、美しい貝殻もところどころに落ちている。
秋の砂浜もいいものだと改めて思う。




  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)自然・風景

2018年10月03日

遊佐町の神秘な池の色






2018年10月3日(水)

今日は朝から秋晴れの気持ち良い日。
久々に遊佐町にある神秘の色に染まる湧水池の「丸池様」に行ってきた。

曇り空のときはさほど目立たない池の色も、
青空が広がるとエメラルドグリーンが鮮やかに浮かび上がる。

県外から見に来ていた女性客二人組は、
ひと目この色を見てきゃーきゃーと驚きの声を発していた。

こうして写真で撮ったものを見ても、
あらためてすごい色だなぁと感じてしまう。



  

Posted by 黒メダカ at 16:07Comments(2)自然・風景

2018年10月03日

酒田柳小路ただいま剪定中




2018年10月3日(水)

酒田市中町にある通称「柳小路(やなぎこうじ)」。
小路の左側と右側の違いがわかるだろうか。

左側はすでに剪定(せんてい)されて長い枝が短くなっている。
対して右側の柳は緑の葉が風にそよぎふさふさしている。
いや、どちらかと言うとぼさぼさ状態の頭の髪の毛のようになっている。

昔はこの通りの真ん中に両側に面して小さな店舗がずらりと並んでいた。
正式な建物ではなく、屋台に毛の生えたような簡易の建物だったが、お客はひっきりなしだった。

私もよくお世話になった。
コーヒー屋さんから魚介類、野菜、焼き芋など、あらゆるお店があったように思う。
懐かしい風景が今でも目に焼き付いている。

あの当時もやはりこんな風に柳の枝の剪定作業が行われていたのだろうか。
少しも思い出せずに、しばらく剪定作業を見つめていた。







  

Posted by 黒メダカ at 08:12Comments(0)自然・風景

2018年10月01日

大型台風24号日本列島を縦断




2018年10月1日(月)

写真は酒田市八幡地区を流れる荒瀬川。
7月の豪雨のときは氾濫危険水位まで達して避難指示の出た川だったが、
昨日夕方の時点ではむしろ水位は渇水状態に近い。

今朝未明に通過した大型台風24号は、
どうにか無事に庄内地方を通過したように見える。

日本列島南域、西域では相当被害がひどかったようだが、
これから後始末に追われる日々が続くことになる。

産直たわわの西側から写した稲刈り中の田んぼと鳥海山。
どんよりとした雲が覆い被さっていた。

今日は小学生は臨時休校となったそうだ。







  

Posted by 黒メダカ at 08:24Comments(0)自然・風景

2018年09月28日

秋の飛島は青空がよく似合う








2018年9月28日(金)

何とかパソコンのリカバリーが終了した。
その後のセッティングのなんと面倒なことか。
久しぶりにパソコン設定のむずかしさを痛感させられた。

まだ完全に以前の状態に戻っていないが、とりあえずインターネットはつながり、
メールとプリンターも動くようになった。

まだ細かな設定はこれからだが、
アカウントやらパスワードやらがこんがらがってしまった。

今日はお休みだったがせっかくのお天気だ。
急きょ離島飛島に行ってきた。

渡りの野鳥は数種類見ることはできたが、動きが早すぎて写真に撮ることはできなかった。
青い空と碧い海がとても心地よかった。

どこにも行かないすずめとウグイスは撮れた。










  

Posted by 黒メダカ at 17:16Comments(0)自然・風景

2018年09月22日

中町モールの水柱今年は終了






2018年9月22日(土)

酒田市中町モールの地面から湧き上がる水柱(噴水)は今年は終了。
時間で自然に湧き上がってくる水柱に子どもたちは嬉々として飛び跳ねていた。

だいぶ寒くなった昨日、最後の水柱を見に行った。
誰もいないモールで湧き上がる水の塊。

湯気だろうか。
霧状になった水柱が誰もいない中町モールで美しく靄っていた。


来年は6月中旬、また楽しい子どもたちの顔が戻ってくる。








  

Posted by 黒メダカ at 07:14Comments(0)自然・風景

2018年09月21日

ゆうがたの新井田川散歩






2018年9月21日(金)

昨日は朝からずっと曇り空だったが、
ようやく夕方になって青空が広がり太陽の光も輝いた。

見える橋は浜田2丁目と新橋を結ぶ「新橋」。
遠く鳥海山も顔を出していた。

それにしても秋の進み具合が早い。
虫の声が大きくなるにつれて寒さが増す。

遊歩道脇の土手では彼岸花(曼珠沙華)が真っ赤な花を咲かせていた。
そういえば昨日が彼岸の入りだった。






  

Posted by 黒メダカ at 08:18Comments(0)自然・風景

2018年09月20日

荒瀬川周辺豪雨の爪痕






2018年9月20日(木)

昨日は酒田市八幡地区荒瀬川の周囲をウォーキング。
上流へ行ったり下流へ行ったりしながらも風はもうすっかり秋の風。
半袖では少し寒いくらいの天候だった。

舞鶴橋の少し下流域を写したが、
一枚目は普段ののんびりした風景ながら、
二枚目の写真はそのすぐ上流のもの。
8月初旬の豪雨の影響でえぐり取られたままの堤防があった。

確かにあの時は避難指示まで出されたとんでもない豪雨で、
かなり堤防の上の方まで水が溢れていたとのことだった。

今更ながら豪雨の恐ろしさを垣間見るような気持ちになった。
まさかこのまま放置するわけではないだろうが、あれからすでに一ヵ月が過ぎている。


少し離れた田んぼを歩いていると久しぶりに鳥よけグッズが目に止まった。
確か目玉風船というのではなかったか。
ユニークな鳥よけながらその効果はどんなものなのだろうか。








  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)自然・風景

2018年09月19日

秋の日に京田川堤防を歩く






2018年9月19日(水)

昨日歩いた飯森山公園から京田川堤防。
その後高見台から緑ヶ丘、そして飯森山西にある出羽遊心館脇から酒田市美術館と歩いた。

ちょうど飛島をぐるりと一周するくらいの距離になったが、
それほど汗もかかずに、やはり秋の空気になったのだと感じさせられた。

写真は京田川堤防の上から見た公益大方向にある黄金色に輝く田んぼと、
稲刈りが終わって杭掛けされている稲わらを写した。

もう一枚はとんびよりずっと小型の猛禽類「ノスリ」だ。
カラスよりも小型か同程度で一見するとかっこいいが最近増えすぎて案外どこにでもいる猛禽類となった。

青空の中で飛び交う姿は美しくさえ見えるが、
喧嘩したのか羽が何枚か欠けている。

ネズミやヘビを餌とする点からいえばもっと人間に愛されてもいいと思うが、
案外名前さえ知らない人が多い。
ちょっと残念な猛禽類でもある。



  

Posted by 黒メダカ at 08:13Comments(2)自然・風景

2018年09月17日

飛島ウォーキングはうす曇り








2018年9月17日(月)敬老の日

昨日行った酒田市の離島飛島でのウォーキングは心地よい薄曇りの気候だった。
釣り客が賑わう港を後にして島をぐるりと歩く人なんて誰もいなかった。

数人が自転車で私を追い越していったが、
皆さんただ見学するだけの人ばかりだった。

勝浦港から今年泊まったおばこ旅館前を通って、
中村港を通って飛島小中学校を通り、
ヘリポートの脇を通って農免道路へ上がっていく。

グランド脇を通って森と畑の続く農免道路を歩いて行く。
アイドルのヤギさんが道路で横になっていた。
そのまま声をかけて海水浴場方面へ歩いて行く。

ぐるりと周って約2時間は早いのか遅いのかわからないが、
西海岸へは行く余裕がないのがつらいところ。


ところでこの日から実は定期航路「とびしま」は中間検査のために、
代船として客船「さんらいなぁ2」が運航する予定になっていた。
しかし、朝乗った船はなぜか「とびしま」だったが、
帰りは客船「さんらいなぁ2」だった。
























  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(2)自然・風景