QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年04月07日

酒田駅前開発で無くなる風景




2018年4月7日(土)

JR酒田駅前再開発が近づいてきた。
相馬屋菓子舗をはじめ転居を強いられる建物が多くあることがわかった。

駅前通りの工藤旅館やホテルイン酒田駅前も取り壊しになるらしい。
そして大通りではないが細い路地にある飲み屋街の一角も取り壊しになる。

昔懐かしい風景がまたひとつ消えて行く。
住む人も少なくなり、個人の家屋も少なくなっていく。





路地左側はすべて転居となる。





まっすぐに見える建物はすべて取り壊しとなる。





美しい建物がやってくる。


  

Posted by 黒メダカ at 17:52Comments(2)自然・風景

2018年04月06日

高瀬河童物語







2018年4月6日(金)

遊佐町高瀬小学校の前にあるおもしろい三体の河童(かっぱ)の像。
立て札には高瀬河童物語と書いてある。


「高瀬河童物語」

まほろばの里高畑に河童の三兄弟が住んでいた。
川太郎親子は高畠駅の太陽館前で幸せに暮らしている。
知恵三郎は全国を旅し、平成12年たまたま通った高瀬の美しき童の里がすっかり気に入り、
毎日新しい町作りを思案している。

河次郎は釣りが好きで毎日釣りをしていたが、
弟の知恵三郎が高瀬で楽しいことをしている噂を聞き、
弟に会いたくなり釣りをしながら最上川を下り、月光川を上り、平成13年正月にここで再会した。

河次郎に思いを寄せていた和田川のかずちゃんは河次郎が突然高畑から消え、
高瀬にいるとの噂を聞き、後を追い平成14年11月に河次郎と再会し目出度く結婚(むさかり)した。

高瀬の皆さん仲良くして下さい。


立て札にはこんな内容が書かれていた。
昨年の生徒数はわずか80名ほどだったが、楽しそうな小学校だなと感心した。

高瀬小学校から見える鳥海山は雄大でいかにも出羽富士らしい姿に見えた。











  

Posted by 黒メダカ at 08:07Comments(2)自然・風景

2018年04月04日

北部公園の竹林(たけばやし)




2018年4月4日(水)

酒田市東泉町にある北部公園。
我が家から歩いても20分くらいのところにある。

時々とことこ歩いて行きたくなる場所だが、
さすがに子どもたちに人気で小学生から中学生、
時には高校生までバスケやサッカーをして遊んだりブランコ遊びなどをしている。

昔は小高い山の陰に池があって、
そこにはアメリカザリガニが住み着いて、一時はザリガニ公園と呼んでもいた。

しかし、今は水はすっかり干上がり、
池はただのくぼ地に変わってしまった。

小高い山の陰にはもうひとつ竹林(たけばやし)がある。
なぜこんなところに竹なのだろうかと考えてもみたが、
子どもたちのかくれんぼには格好の竹林となっている。

ずいぶん大きくなった竹林と枯れた池と小高い山。
何とも妙な取り合わせだが、私は結構この景色が気に入っている。

小高い山の上に昇るとかなり遠くまで見渡すことができるが、
昨日は小学生が山の上を占拠していた。
春休みが終わった頃を見計らって今度は行ってみよう。









  

Posted by 黒メダカ at 08:16Comments(2)自然・風景

2018年04月03日

水と土に春のいぶき




2018年4月3日(火)

昨日歩いた京田川堤防から見た酒田市街地。
京田川にある枯れた葭原の周りがどんどん緑に変わっていく。
向こう岸もみどりでいっぱいだ。

何もないが少しのことに四季を感じるこんな風景が好きだ。
もう少しすると夏鳥の野鳥ヨシキリなどが渡ってくる。
賑やかな夏になるにはまだ少し間がある。


そしてこちらは酒田市宮野浦地内の田んぼ。
まだ田起こしも始まっていないが、緑の草が茂り始まった。







畦道(あぜみち)を歩いていると雉(きじ)の群れと出会った。
いつもは歩いて去って行くのに、昨日は慌てたのか低空飛行でどこかへ飛んで行った。
望遠レンズを持たずに歩いていたので写真は撮れなかった。
残念。




  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)自然・風景

2018年04月02日

カタクリ咲く八森自然公園




2018年4月2日(月)

午前中太陽が顔を出してきたのを見て、
酒田市八幡地区にある八森自然公園へ行ってきた。

駐車場から歩くことほんの1分ほど。
ピンクのカタクリの花が満開近くまで咲いていた。

他にもショウジョウバカマやキクザキイチゲ、
エンレイソウなど春の花が勢ぞろいといったところだった。

昨日降った雨のおかげで少し濡れていたが、
カタクリは日差しを浴びるとあっという間に花が開く。

珍しい白花のカタクリは見つからなかったが、
それでもこの季節、ピンクの花を見るとうれしくなってしまう。









こちらはショウジョウバカマ。
やはりピンクだが少しイメージが違う。
カタクリは下向きに咲く可憐な花、ショウジョウバカマは花火のように派手に咲く。







  

Posted by 黒メダカ at 13:22Comments(0)自然・風景

2018年03月31日

北港緑地展望台からの眺め




2018年3月31日(土)

酒田市高砂にある酒田北港緑地展望台からの眺めが心地よくなってきた。
冬の間閉館となっていたが、ようやく開館。
多くの人が訪れるようになってきた。

展望台のある7階まで一気に登り、
360度のパノラマを見ると思わず歓喜のため息が出る。

写真は北側に見える酒田北港水路方面。
温排水のところや遠く秋田県も見える。

昨日はお天気は良かったが気温は上がらず、
その分遠くまで視界が開けた。





西側を見ると遠く飛島がうっすらと見えた。
そろそろ飛島へ行く季節になってきた。
渡りの野鳥は5月連休辺りまで見ることができるが、やはり早く見たくなる。





南側に見えたのは大浜海岸。
コンクリートが押し寄せてずいぶん狭くなったがそれでもキス釣りをする人たちが多い。
昨日は誰もいなかった。





酒田本港から伸びる赤灯台が夕陽に染まっていた。
海の色もきらきらとまぶしい。




  

Posted by 黒メダカ at 08:12Comments(0)自然・風景

2018年03月30日

荒瀬川に春の花






2018年3月30日(金)

酒田市八幡地区を流れる荒瀬川にも春の花が咲き始めた。
写真は紫色のキクザキイチゲ。

ぽかぽかとした荒瀬川沿いの遊歩道を歩いていると土筆(つくし)が顔を出し、
蕗の薹(ふきのとう)の花が開いていた。

暖かな日差しは本当に心地よい。

しかし、この暖かさも急な気温の変化で体調の維持がとても難しくなっている。
何ともこの難しい体調管理。
何とかごまかしながらでもこの時期を過ごすしかない。

荒瀬川がずいぶん増水していた。









  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)自然・風景

2018年03月29日

JR南鳥海駅と鳥海山




2018年3月29日(木)

酒田市米島にあるJR南鳥海駅。
少し南側にある跨線橋の上から鳥海山といっしょに写した。

広がる田んぼの真ん中にある小さな駅は、
すでに無人駅になってから久しいがそれでも少しずつ利用する人はいる。

駅はこざっぱりとしてきれいで居心地が良い。
誰かが掃除をしているのだろうか。
とても衛生的な駅だった。

鉄路は錆びて赤く変色しているが、
特急いなほなどがどんどん走っていく。

駅の周りに民家は多く、
私の昔の同僚などもいるはずだがどの家だったか忘れてしまった。















  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(2)自然・風景

2018年03月28日

酒田本港春の香り




2018年3月28日(水)

昨日歩いた酒田本港、春の雰囲気たっぷりの写真を数枚。
大きなタンカーが荷物を下ろしていた。
いつも真っ白い岩塩などが降ろされる岸壁だ。

後ろにある風力発電のプロペラがまぶしい。





足元の水際が透き通って底まで見えた。
岩についている海草も春色になっていた。





カワウもウミネコもいっしょになっての日向ぼっこ。
皆さんのんびりと太陽の恵みを受けている。





いつもはギャーギャーうるさいムクドリもおとなしく毛繕い。
もうすぐ北へ旅立つのだろうか。
ツグミもいたが珍しくビュンビュン飛び回っていた。
いつもはミミズを探しながらボケーとしているのに。


  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)自然・風景

2018年03月27日

鏡のような新井田川水面




2018年3月27日(火)

今日も朝から穏やかなお天気。
新井田川は風もなくまるで鏡のような水面が向こう岸の家並みを写している。

久しぶりに歩いてみるとさすがに冬の寒さはなくなって、
春になったのだと感じられる日和になっていた。

昔は春にはイトヨを捕まえる刺し網を仕掛けて群れがやってくるのを待っている風景があった。
しかし、いつからかイトヨも少なくなり刺し網をする人も見えなくなった。

段々つまらなくなる風景ばかりだが、
新井田川沿いに咲く桜並木は今も健在だ。

特に東栄町付近の桜並木や新橋2丁目から北新橋にかけての桜は、
本当に見事と言うしかない。

旧商業高校グランドから新井田川を挟んだ向こう岸にある珍しい桜の木3本の色も鮮やかだ。
もうすぐ桜見物ができる季節になってくる。







  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)自然・風景