QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2018年11月10日

県美展酒田巡回展は力作ぞろい

県美展酒田巡回展は力作ぞろい


2018年11月10日(土)

酒田市美術館で7日から開催されている第73回県美展酒田巡回展。
大作、力作揃いで見応え満点の展覧会となっていたが、
今回は彫刻「待ったなし」に注目してみた。

作者は新庄市の沼澤徳治氏。
山形放送賞を受賞した作品だが、この表情がなかなかよい。
木彫りの暖かさもあって、ほのぼのとした作品となっているが、力士の厳しい表情も生きていた。

日本画、洋画は言うに及ばず、工芸でも見事な作品が目立った。
しかし、ひと頃よりも作品数が少ない。
それだけが残念だった。

同じ会場でこども県展が開催されていたが、
毎年ほっこりとさせられる作品が多くてうれしくなる。

下の金魚の作品「夏日和」はまるで今にも画面から飛び出てくるようだった。
そして、「もえる野球」はいつも私が見ている浜田スポーツ少年団の団員の作品。
一所懸命にボールを追い、バットを振っている姿が目に浮かぶ。
ほかにも楽しい絵がいっぱいあった。


県美展酒田巡回展は力作ぞろい

県美展酒田巡回展は力作ぞろい

県美展酒田巡回展は力作ぞろい


第73回県美展酒田巡回展、第60回記念こども県展は11月12日(月)まで。
一般540円、高校・大学生270円、中学生以下無料。






同じカテゴリー(美術館)の記事
子ども美術展
子ども美術展(2020-02-05 08:18)

まなびあテラス再び
まなびあテラス再び(2019-10-15 08:01)

金魚絵師の金魚色
金魚絵師の金魚色(2019-09-29 08:01)


Posted by 黒メダカ at 08:01│Comments(0)美術館
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。