QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2019年11月18日

金沢屋の新そばとだし巻玉子








2019年11月18日(月)

鶴岡市羽黒町にある「羽黒のそば蔵金沢屋」さんに行ってきた。
私が鶴岡に勤務していたころからずいぶんお世話になったおそば屋さんだ。

この時期新そばが出始まっていよいよ美味しいおそばが堪能できる。
今日注文したのは板そばとだし巻き玉子。
少し高くなったが美味しいものは高くても食べたくなる。

細打ちの麺は喉越しがとてもよく、
あっという間に胃袋に流れ落ちていく。

腰も強く歯切れのよいおそばだ。
格調高く仕上がっていて見た目もすばらしい。













  

Posted by 黒メダカ at 14:48Comments(0)そばのこと

2019年11月11日

かもせいろそば





2019年11月11日(月)

朝からお天気が良かったので大石田町までお蕎麦を食べに行ってきた。
ご存知大石田そば街道には14件ほどの名店があって、どこに行くかも楽しみがある。

前回は大石田では風変わりな白い蕎麦を出す「わらぐちそば」をいただいた。
のど越しの良いとても美味しいおそばだった。

今回は大石田町の中心部にある「おそば美登利(みどり)」にお邪魔した。
注文したのは「かもせいろそば」だがせいろが2枚ついてくる。

2枚どちらもおそばでもいいし、1枚を麦切りにしてもよい。
2枚とも麦切りでもいいらしいが、温かいかも汁でいただくか冷たい盛りつゆでいただくか。
一度に2種類食べることができる。

冷たい盛りつゆには大根おろしのおろし汁がついてくる。
大根おろしの大好きな私にとってはとても美味しくいただける配慮だった。
温かいかも汁も濃厚な味で冷たい麺を入れても負けないくらいの旨さだった。












  

Posted by 黒メダカ at 16:52Comments(0)そばのこと

2019年11月03日

とざわ村新そばまつり








2019年11月3日(日)

家族三人で最上郡戸沢村「とざわ村新そばまつり」に行ってきた。
このおまつりが目的ではなかったが、たまたま見かけたポスターで行くことが決まった。

戸沢村中央公民館は酒田から行くと最上川を渡ってぼんぼ館方面へ行った所にあった。
会場は雨模様にも関わらずとんでもない台数の車で埋め尽くされていた。

「新そばまつり」はとざわ旬の市のなかのひとつ。
他にも多くのブースで旬の野菜や山のものなどを販売していた。

新そばは獲れたて、作りたての香りゆたかなものだった。
量が少しすくなめだが、それでも新そばの風味をじっくり味わうことができた。







  

Posted by 黒メダカ at 15:44Comments(0)そばのこと

2019年10月20日

朝日町蕎楽(きょうらく)のもりそば








2019年10月20日(日)

朝日町にある「一本松公園から見た椹平(くぬぎだいら)の棚田」を写真に収めて、
空気神社や朝日自然観へ向かう途中に見つけた小さなお蕎麦屋さん。

手打そば「蕎楽(きょうらく)」さんのおそばは10割そばとのことだった。
しゃっきりとした歯切れのよいおそばで、噛んでいるうちに甘みを感じるおそばだった。

田舎風のおそばとは一線を画すおそば。
大通りから少し外れた位置にありながらも結構お客さんがきているようだった。

注文してからメニューを見ておろしぶっかけそばがあったのに気が付いた。
季節限定とのことだが、いつなのだろうか。
ぜひ次回は堪能させていただきたいなと思った。










  

Posted by 黒メダカ at 17:36Comments(2)そばのこと

2019年10月14日

はやぶさそば








2019年10月14日(月)

山形県内に三ヵ所あるそば街道のひとつ「最上川三難所そば街道(村山市)」。
難所は碁点、三ヶ瀬(みかのせ)、隼の三ヵ所になるが、
そのひとつの隼難所のすぐそばにお店を構える「リバーハウスはやぶさ」さん。

今日は台風19号の影響でやってるかなぁと行ってみると平気な顔してこの前より上がらねなぁとのこと。
さっそく店の名物「はやぶさそば」を注文した。

今回は家族三人での訪問。
やはり一人より運転はずっと気が楽だった。

「はやぶさそば」は蕗の煮しめやささぎの胡麻和え、こごめの塩漬け、茄子漬、ぺそら漬けなどが出されるほか、
スープを入れるお椀にはわさび、おろし大根を始め鶏肉、菊、なめこ、しいたけ、ねぎ、わらびなどが入って豪華なおそばになっていた。

気温が14度とほとんど晩秋に近い寒さ。
結構厚着をして行ったが、それでも温かいお茶が心地よかった。









  

Posted by 黒メダカ at 18:43Comments(0)そばのこと

2019年10月10日

いろは支店の冷たい肉そば








2019年10月10日(木)

久しぶりに遠出をした。
山形県内陸地方の寒河江、河北辺りを散策。

お昼は河北の冷たい肉そばをいただいた。
わかりやすい場所にお店があるいろは支店は駐車場が広くて助かる。

久々に食べる冷たい肉そばは特徴のある甘いスープが何とも言えず美味しい。
寒河江市からも東根市からもそれほど遠くない河北町。
地理的に都合の良い場所にあるなぁといつも思う。

美味しい肉そばをいただいたあとは寒河江市方向へ向かった。










  

Posted by 黒メダカ at 16:21Comments(0)そばのこと

2019年09月30日

そばの陣じゅんさい








2019年9月30日(月)

最上川三難所そば街道の一番札所「そばの陣じゅんさい」さんに行ってきた。
大石田町との境目にあるじゅんさい沼のそばにあるこのお店のおそばは酒田では考えられない太麺だ。

のど越しさわやかにと言うよりはもぐもぐ噛んでおそばの風味を味わうおそばだ。
もちもちしてとても噛み応えがあり、予想以上に美味しいおそばだった。

板そば普通盛り800円には美味しい漬物もついていた。
おなか一杯になってお店をあとにした。

その後そば街道を南下し、最上川三難所を通過したが、
何しろ駐車する場所もなく写真を撮るのに一苦労した。

最上川美術館(真下慶治記念美術館)に行ったり、
龍神の吊り橋を散策しながら楽しんできた。

これはまた別の記事で紹介しよう。









  

Posted by 黒メダカ at 18:35Comments(0)そばのこと

2019年09月30日

最上川三難所そば街道






2019年9月30日(月)

庄内にいるとお蕎麦屋さんが少なくて残念でしょうがない。
それにあっても値段がとんでもなく高い。

人件費やそば粉の高騰で高くなるのはわかるが、
それでも内陸のお蕎麦屋さんに比べると圧倒的に高いと感じる。

山形のそば街道は三ヵ所にあると言われる。
ひとつは大石田そば街道、ふたつは尾花沢そば街道、そしてみっつめが最上川三難所そば街道。
以前山形勤務のときは何とも思わずに美味しくいただいていたが、
今になって思うと、もっとまじめに食べていればよかったと思っている。

会社を退職してから尾花沢や大石田に行くときは必ずと言っていいほどそば街道の名店にお邪魔している。
どこも美味しくて感動をしてしまうほどだが、残念ながらまだ行ったことのないお店も相当ある。

少しずつでも行ってみたいなとインターネットで検索しては、
どこがいいのか探しながら楽しんでいる。

上の案内マップは「最上川三難所そば街道」だ。
村山市だと酒田から約2時間ほどかかる。
それでも行きたいお店が結構ある。
もちろん山形にいたときに行ったことのあるお店もある。

今日はさいわいお休み日だ。
これから準備をしてドライブをかねて行ってみようか。




  

Posted by 黒メダカ at 08:52Comments(0)そばのこと

2019年09月10日

大台野集落のそば畑








2019年9月10日(火)

昨日行った日向里(にっこり)カフェのあるところから、
大台野そばが土日営業をしている大台野集落のあるところまでは、車で約10分ほど。

玉すだれの滝がある升田集落から左方向へ山を登っていく。
途中数河の池を左に見ながら細い道を登っていくと集落が見えてくるが、
その前に広大なそば畑が現れる。

昨日のそば畑は風もほとんどなく静かな姿をしていたが、
花の盛りは過ぎて、いよいよ結実してくる時期が近づいてきていた。

今年も美味しい新そばが食べられる時期が来る。
そう思っただけでうれしくて仕方がない。

写真は鳥海山方向に向かってシャッターを押したが、
残念ながら頂上は見えなかった。



  

Posted by 黒メダカ at 08:22Comments(0)そばのこと

2019年09月09日

日向里カフェで大台野そばに舌鼓








2019年9月9日(月)

先日も伺ったがやっぱり手打ちの大台野そばが食べたくてまた行ってきた。
受付の女性が私のことを知っていて、「毎度どうも」と言ってくれたが、まだ2回目だよ。

12時少し前だったがお客さんは全部で10名ほど。
月曜だからこんなものなのだろうか。

すぐに大台野そば800円を注文し、カフェの中をうろうろ。
いろんなものを販売しているのに驚く。

大きなテレビでは開店したときの様子をビデオで流していた。
ボランティアの人たちだろうか、みんな頑張っている姿をよく映っていた。

大台野そばが運ばれてきた。
ここのおそばはいつ食べても美味しい。
それに麺が透明感があって、やさしい味がする。
食べてうれしくなるおそばは少ないが、ここのおそばはうれしくなる。

販売しているものを少し写真に撮った。
掲載しておく。


















  

Posted by 黒メダカ at 17:45Comments(0)そばのこと