QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2020年05月09日

新芽が覆う丸池様






2020年5月9日(土)

いつものようにJR吹浦駅に車を置いて歩き出したのが10時頃だった。
快晴ながら風がすっきりとして心地よいお天気。

吹浦町内を通ってAコープのところを右折し交番のある登り坂をてくてく歩く。
坂の一番上まで行くと小さなトンネルが待っている。
確か物見峠はこのへんだったか。

少し休憩して息を整えて下り坂を一気に降りていく。
牛渡川が流れている橋を渡って広々とした田んぼ道の中を歩いて行くと、
左側奥に箕輪(みのわ)鮭漁業生産組合孵化場が見えてくる。

田んぼ道を右折し道なりに行くと孵化場に到着する。
ここまで30分足らずというところか。

この孵化場のちょうど真後ろに丸池様(まるいけさま)はひっそりと隠れるように佇んでいる。
最近は訪れる人が多すぎてロープで柵をはりめぐらしているが、それでも神秘的なことに変わりはない。

光の屈折の具合でコバルトブルーの鮮やかな色を見ることができるのだが、
昨日は少し時間が早すぎたか。
地元の詳しい人が言うには午後早めがいいらしい。

それでも雰囲気はわかってもらえるだろうか。












  

Posted by 黒メダカ at 08:17Comments(0)自然・風景

2020年05月06日

心字池の水芭蕉咲き始め






2020年5月6日(水)振替休日

連休の最終日。
どうやら山形県は新型コロナウイルスの脅威もどうにか防ぎ切ったようで、
来週の月曜日からは小中学校の登校がはじまるようだ。

ただし各市町村で濃淡があって鶴岡市などは11日から。
山形市では来月6月1日からとしているが、その前に少しずつ登校日を増やしていくとしている。

さて、私の職場はどうなるのだろうか。
まだ何も情報がない。

上の写真は昨日五月晴れのなか行った酒田市草津湯の台にある家族旅行村心字池の水芭蕉だ。
ようやく咲き始めたばかりのかわいい真っ白の妖精のような花だった。

木道の周りは雪が解けたばかりの水が浸している。
縁萌える周りの木々の葉が反射していた。












  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)自然・風景

2020年05月05日

代掻き盛んな中平田地区






2020年5月5日(火)こどもの日

連休真っ最中ながら今年は特別でさっぱり楽しみのない連休となっている。
昨日の新型コロナウイルス緊急事態宣言延長でこれからどうなるのか先が見えない日が続く。

山形県はこれからどうなるのだろう。
自粛はこれまで通りなのだろうか。

おそらく今日あたり具体的な中身が県知事または酒田市長あたりから出されるのだろう。
私の仕事はいつからになるのだろうか。


上の写真は酒田市中平田地区で行われていた田んぼの代掻き作業。
すでに田植えの始まったところもあって美しい庄内平野は季節がどんどん進んでいる。








  

Posted by 黒メダカ at 08:22Comments(0)自然・風景

2020年05月04日

酒田市東狢山(ひがしむじなやま)を歩く






2020年5月4日(月)みどりの日

昨日はあまりの暑さに海に行きたかったが我慢して山へ行く。
酒田市東狢山(ひがしむじなやま)は最上川南部に位置し、飯森山集落と坂野辺集落の間にある。

飯森山公園から酒田市立第四中学校へと結ぶ県道355号線の途中でもある。
写真は途中に架かる狢山橋(むじなやまばし)から飯森山公園、東北公益文科大学方面を撮ったもの。

昔は県道355号線などなく、
四中方向か十坂小学校方向へ回らなければならなかった。

ただし、山道が一本あって車が一台やっと通れるみちが存在した。
鬱蒼として狢(むじな)でも出そうなのでこの名前がついたのだろうか。

若い時からこの道が好きで時々訪れた。
今回は久しぶりの散策だったが、野鳥はいっぱいいたが狢はいなかった。







山の途中では柿の木畑がきれいに整備されて若葉が出ていた。



橋を渡ってとことこ歩いて行くとJA酒田市袖浦農協産直いちご畑に行きつく。







  

Posted by 黒メダカ at 08:13Comments(0)自然・風景

2020年05月03日

松林にも若葉の季節








2020年5月3日(日)憲法記念日

酒田市光ヶ丘から高砂方面に広がる万里の松原。
松の葉は常緑のためにいつもみどりかというと実は落葉もかなり存在する。

ちょうど今頃の季節は冬の間に落ち葉となった松葉が散歩道に被さっている。
つるつるしてなかなか歩きにくい厄介な松葉だ。

その松葉の間から緑の葉が萌えだしてきた。
落葉樹も新緑の葉がどんどん伸びてきてようやくいつもは暗い万里の松原も明るくなってくる。

ところどころにある山桜や連翹などもひときわ明るく見える。
昨日はとんでもなく暖かくて汗が帽子から滴り落ちてきた。

新型コロナウイルスの感染防止のためにマスクをかけているのがとてもつらい。
何と息をするのが大変なことだろうか。

途中で昔の同僚とばったり会った。
私はわからなかったが、向こうから声をかけられてようく見たら同僚だった。



  

Posted by 黒メダカ at 08:08Comments(0)自然・風景

2020年05月02日

春霞の大浜海岸






2020年5月2日(土)

酒田市光ヶ丘にある野球場に車を置いて日本海方向へ歩き出した。
陸上競技場からまっすぐに西に向かう道路をとことこ歩く。

かなりの距離がありそうだが実際にはそれほどない。
案外近くて散歩にもならない距離だ。

私だけかと思ったらやはり高校生らしき男子生徒が数名。
そして女性の二人連れ、二人の子どもとお母さんなどがいた。

4月30日の大浜海岸は春霞で遠くが見えない日だった。
上の写真は大型タンカーと白灯台。
手前で羽を広げているのはウミウのようだった。

波打ち際まで行くと誰かが拾ったのか、貝殻が落ちていた。
少しだけ波が押し寄せていた。

春のぼんやりした海もいいな。
与謝蕪村の句に

春の海ひねもすのたりのたりかな

なんてのがあったが、まさにそんな風景だった。













  

Posted by 黒メダカ at 08:18Comments(0)自然・風景

2020年05月01日

梨畑は白い花満開








2020年5月1日(金)

新型コロナウイルスと戦う4月が終わり5月に入った。
ウイルスの勢いはなかなか弱まらず、引き続きの状況となりそうだ。

さて、昨日行った酒田市刈屋地区は梨の栽培で有名なところ。

今年も真っ白い花が満開になっていた。
この花の下では一つひとつ丁寧に受粉作業が行われていた。

昨日はお天気はいいものの遠くかすんでぼんやりとした鳥海山が見えた。
いつもだとはっきりと姿を見せてくれるのだが惜しかった。

先月27日にも行ってシャッターチャンスを待ったが、
その時は雲に頂上が隠されて下の方しか見ることができなかった。



私自身はぼんやりした鳥海山よりも雲に隠れてもはっきりした鳥海山の方が好きだ。
参考のために雲のある鳥海山も掲載しておこう。








  

Posted by 黒メダカ at 08:14Comments(0)自然・風景

2020年04月30日

まざりたいメジロ






2020年4月30日(木)

酒田市南新町にある日和山公園。
ここは山王森とつながっているためか野鳥が結構多い。

お馴染みのシジュウカラやヒヨドリなどに混じってメジロも目立つ緑色でひょいひょい飛んでいた。
大きさはスズメやシジュウカラと同じくらいだが何しろ緑色の体色と目の周りの白い色。

北前船が浮かぶ池のすぐ横にある小さな滝のあるところ。
今は滝の流れが止まっているため野鳥の集まる場所になっている。

私が行ったときはちょうど水浴びの時間。
小さな水たまりにシジュウカラが入ったかと思うとメジロもうらやましそうにやってきた。

これまではメジロの水浴びばかりを見ていたが、
シジュウカラがこんなに水浴びが好きだったとはと驚いてしまった。









  

Posted by 黒メダカ at 08:19Comments(0)自然・風景

2020年04月29日

山王森の青いきつつき








2020年4月29日(水)

昨日行った酒田市日吉町にある山王森。
ピヨーピョーと甲高い鳴き声が広い空へこだましていた。

どこかで聞いたことのある声だなと声のする辺りを見渡してみると、
いたいた、やはりきつつきの仲間アオゲラだった。

この辺ではこれ以上大きなきつつきの仲間はいない。
アカゲラもいるがアオゲラよりもひと回り小さい。

飛ぶときはきょっきょっと鳴きながら移動していくが、
大空へくちばしを突き出して鳴くときはピョーピョーと甲高い鳴き声になる。

ときどきカカカカカカカとくちばしで木をドラミングする。
その音の大きさもさすがにびっくりするほどだ。

コゲラはシジュウカラくらいの大きさのきつつきの仲間だが、
ドラミングの音もかわいい。

こんな街の真ん中のような山王森にはいろんな野鳥がいる。
信じられないような自然の豊富さだ。
















  

Posted by 黒メダカ at 08:13Comments(0)自然・風景

2020年04月28日

さえずりのこみちにヤマガラ








2020年4月28日(火)

酒田市八幡地区にある八森自然公園。
休業中のパークゴルフ場すぐ脇にある「八森ふれあいロード、木の実のこみち、さえずりのこみち」。

この時期レンギョウの黄色や雪柳の白、桜のピンクと色とりどりの花が満開になる。
そしてその花の蜜を目当てにいろんな小鳥がやってくる。

昨日はメジロやシジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、コゲラ、ヒヨドリなど、
群れになって集まっていた。

私の目当てはヤマガラ。
茶色のシックないでたちをして人懐こい視線をみせるかわいい野鳥だ。

集団でも移動を繰り返したりもするが、
どちらかというと小集団が多い。

そして、人間に興味があるのか一匹だけ残って様子を見ていたりすることもある。
昨日も私が近づくと集団はばーっと散ってしまったが、何匹か残っていて私を待っていてくれた。

枝にちょこんと止まってときおり首を傾げたり、横を向いたり。
そうかと思うと地面に降りてきて私の案内役になってくれたりもする。

そのたびにシャッターを押し続けたが、
何とも上手く撮れたのはほとんどなかった。

何とか見ることのできる写真を掲載する。












  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)自然・風景