QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年07月30日

遊佐町牛渡川の山の中

遊佐町牛渡川の山の中



2019年7月30日(火)

昨日行った遊佐町JR吹浦駅。
ここに車を置いてとことこ牛渡川へ。
約20分ほどの距離ながら坂道があって汗が一気に噴き出す。

牛渡川には県内外からの観光客が次から次と訪れていた。
私が目的としていたのは丸池様の後ろを通る山道を歩くこと。

ちょうど光も当たらず散策にはちょうどいい遊歩道となっている。
ただし、やはりこの道も坂道ばかり。

誰もいるわけもない山道を歩いていくとどんどん耳が鋭くなっていく。
野鳥の声や蝉の声などを聞き洩らさないように進んでいく。

エゾハルゼミの降るような声はとうに終わりヒグラシが騒々しい位に鳴いていた。
代表的なキキナシでは「かなかな」となっているが、どうしても私には「キキキキキ」「ケケケケケ」としか聞こえない。

アオゲラの「キョキョキョ」という特徴的な声が聞こえたかと思うと、
オオルリのとんでもなく澄んだ声が聞こえたりした。

キリギリスが私の身体めがけて飛んできたかと思うと、
小さなアマガエルが私の足元を飛んでいく。

こんな風に往復2時間も歩くとさすがに疲れ果てた。
何しろお昼ごはんも食べずに歩いていたのだから。

それでも汗がしたたり落ちる位動き回るのも気持ちがいいものだ。
昔のように過激な運動をすることなく汗を吐き出すことができる。



遊佐町牛渡川の山の中

遊佐町牛渡川の山の中

遊佐町牛渡川の山の中

遊佐町牛渡川の山の中

遊佐町牛渡川の山の中








同じカテゴリー(自然・風景)の記事
灼熱の透明な集魚灯
灼熱の透明な集魚灯(2019-08-18 08:33)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。