QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年07月18日

鳥海山滝の小屋まで散策

鳥海山滝の小屋まで散策

鳥海山滝の小屋まで散策

鳥海山滝の小屋まで散策



2019年7月18日(木)

毎年一回は行く鳥海山「滝の小屋」。
昨日は雲が多く時々日差しはさすが、ほとんど雲の中だった。

鳥海高原ライン終点から約30分ほどとことこ歩いていくと、
大きな雪渓を背にして建つ滝の小屋にたどり着く。

私の故障している心臓でもゆっくり歩いて30分かからずに到着する。
時間は午後1時30分登り始めて、小屋の前でおにぎりを食べ休憩をして戻ってきて約1時間。

本当はもう少し上まで行こうかと行ったのだが、
雲が多くてまったく見えなくなることもあったので断念することになった。

ニッコウキスゲが黄色の群落を作っていたり、
ハクサンフウロが鮮やかなピンクの花を見せていたり私にとっては約一年ぶりの山の雰囲気だった。

途中オコジョがかわいい姿を見せてくれたが写真に撮ることができなかった。
文明の音は全くしない山の中。
水の流れる音と野鳥の声しか聞こえない世界がとても懐かしく感じた。



鳥海山滝の小屋まで散策

鳥海山滝の小屋まで散策

鳥海山滝の小屋まで散策



参考のために。
滝の小屋は遊佐町営の山小屋となっている。
定員40名。
素泊まり2500円。
食事は朝1000円、夜1200円。
6月下旬~10月下旬まで営業。
寝具は布団・毛布がある。
管理人は普段は留守にしているため、事前に予約を入れること。
連絡先は0234-72-5886

滝の小屋から1時間ほどで川原宿に到着するが小屋は現在閉鎖されている。
公衆トイレは使用可能。











同じカテゴリー(自然・風景)の記事
灼熱の透明な集魚灯
灼熱の透明な集魚灯(2019-08-18 08:33)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。