QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年07月20日

平成最後の夏に五重塔の内部を覗く






2018年7月20日(金)

平成最後の夏はとんでもなく暑い夏になっている。
そんな暑い中鶴岡市羽黒町にある羽黒山五重塔の内部を覗いてきた。

羽黒山は杉木立に囲まれているせいか、
それほど暑くは感じなかったが、それでも歩けば汗は出る。

五重塔に到着するとそばに建てられた臨時の受付所で500円を払う。
国宝羽黒山五重塔護符を渡されお祓いまでされるのだった。
護符の裏には三神合祭殿再建200年記念と書いてあった。

特別に作られた階段を登っていくと一階に入ることができる。
その前にしっかりと注意事項を話される。

写真は撮らないでください。
ご神体がありますので2礼2拍手1礼です。
頭のところの柱が低くなってますのでぶつけないようにお願いします。
中はぐるっと1周できます。
それではごゆっくり観覧ください。

いったん外へ出て今度は専用の階段を二階へ登っていく。
心柱(しんばしら)は2階から最上層の屋根の上の相輪を支えていること。
当初は1階からあったのだが、1階部分が腐れたためこのような形になったこと。

実際中に入って見るのではなく外部から上を覗き見る形になっていた。
心柱は8角形でそれほど太いものではなかった。

私の変な質問にも丁寧にお答えいただき、
ベテランの女性説明員の方本当にお世話になりました。







その後止めればいいものを途中にある茶屋まで登って行った。
頭のてっぺんから足の先まで汗まみれになってしまった。

それほど苦しくはなかったものの、
やはり自分の身体のことを心配してそのまま下山してきた。

途中五重塔の近くにあるトイレを発見。
新しく設置されたものだが、これまで何十年も設置されなかった公衆トイレ。
時代の流れなのだろうか。
それとも外国人観光客からの問い合わせで設置となったのだろうか。











同じカテゴリー(自然・風景)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。