QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年02月01日

懸命に生きる雪の中の野鳥たち




2018年2月1日(木)

昨日行った酒田市光ヶ丘地内の松林。
この時期天気が荒れるとかなりの確率で北方からの渡りの冬鳥が見受けられる。

その代表が白鳥やマガン、ヒシクイ、カモの仲間だが、
小さな野鳥も風に飛ばされながらやってきては松林で羽を休める姿を見ることができる。

鳴き声と羽の色などを目印にあちこち散策していると良く目にするのがジョウビタキやノビタキなどのヒタキの仲間。
しかし小鳥だけあって小さい分見つけるのはかなり難しい。

昨日は残念ながらいつもいるキジバトやメジロ、アカゲラなどに混じって、
唯一渡りのツグミなども見ることができた。
まずはキジバトの雪の中の餌探しだ。









次にまともに写せなかったキツツキの仲間「アカゲラ」と目玉がかわいい「メジロ」。







最後に北方から渡ってきた「ツグミ」。
身体はヒヨドリほどもあるがいかんせんおとなしい性格であまり目立たない。





羽の色など十分に美しい野鳥と思うが、腹のまだら模様が気持ち悪いという人もいる。
他に「アトリ」や「ジョウビタキ」なども目撃したが、残念ながらシャッターを押すまでには至らなかった。

どの野鳥も冬の野に懸命に生きる姿を見せてくれていた。


またしばらくしたら「野鳥観察のための」散策を続けたいと思う。







同じカテゴリー(生物)の記事
新小牧川のカワセミ
新小牧川のカワセミ(2018-08-15 08:13)

飛島の野鳥観察情報
飛島の野鳥観察情報(2018-05-17 08:01)


Posted by 黒メダカ at 08:02│Comments(6)生物
この記事へのコメント
こんばんは。
私が雪掻きをしていると、一羽のキジバトがやってきます。
かなり近くまで寄ってきて、じ〜っと様子を見られたりと、かえってこっちが緊張してしまいます。
しばらくチョコチョコと「一羽遊び」したりして・・・
消雪パイプから出るピュンピュン水での「水浴び」が大のお気に入り。
近寄って話しかけても逃げないので、野生なのにいいの?って思ったりして。
名無しじゃ寂しいから名前付けました・・・
「ウメちゃん」です。
カモも元気で泳いでいます。
トンビの親子が輪を描いています。
色々な鳥達がやってきます。
サンクチュアリな環境が嬉しい我が家の冬です。
Posted by わびすけ at 2018年02月04日 21:54
★ わびすけ 様

コメントありがとうございます。

わびすけさんはどちらの方なのでしょうか?
とても環境の良いところにお住まいのようで、私はうらやましい限りです。

我が家は街の真ん中で、かろうじて新井田川(にいだがわ)が近くを流れているような場所です。
ですから野鳥といえば雀やシジュウカラ、鴨たちぐらいなものです。

キジバトは最近では民家のぶどう棚やほんの少しの隙間に巣作りをしたりしているようで、ずいぶん人馴れしています。

ウメちゃんと言うのですか。
そのうちつがいで現れるかもしれませんね。
Posted by 黒メダカ黒メダカ at 2018年02月04日 23:25
鶴岡市内の、ど真ん中なのですが、
家の目の前には内川がゆ〜っくりと流れています。
コンクリート護岸ではなく、自然環境をできるだけ保全した形の川です。
鳥だけではなく、魚も悠々と泳いでいます。
春には目の前の桜並木を眺める事が出来、夏には藻刈り舟が。
家に居ながら、なんて贅沢な事でしょう(笑)

この辺りの旧町名はすごく粋で、
「元に戻せないかなぁ」などと思案しています。
Posted by わびすけ at 2018年02月05日 10:39
★ わびすけ 様

コメントありがとうございます。

鶴岡は私も勤務の関係で良く歩きました。
特に荘内神社周辺、内川周辺は野鳥も多く興味ある場所でした。

鶴岡公園のお濠にはカワセミがいたり、内川には大きな野鯉や緋鯉などがいたのを記憶しています。
夏の藻刈りは大変そうでしたが、清流を保つためには無くてはならない大仕事でした。

酒田も同じですが、旧町名の醸し出す響きは何とか残せないかと多くの人が思っていることではないでしょうか。
Posted by 黒メダカ黒メダカ at 2018年02月05日 16:18
思いを同じくする方がいらしたのが嬉しいです。
私の住まう町の旧町名は、そこに住む人々の生業に由来しています。
地域の誇りであって、無形文化財的な要素があるのではと。

おいしいネタをひとつ。
金峯神社の中の宮に「閼伽井の清水」と言う、岩間より湧出ている水が有ります。
当家では日々こちらの水をいただいております。
水汲みは力仕事、恒例行事です。
Posted by わびすけ at 2018年02月05日 23:12
★ わびすけ 様

コメントありがとうございます。

酒田市では新しくなった地名のところへ旧町名を書いた塔を建てて町名の由来などを記しています。
新しくした町名を以前の町名に戻すのは行政としても許すはずもなく、苦し紛れの策といったところでしょうか。

金峰神社の「閼伽井(あかい)の清水」は何度も聞いたことはありますが、残念ながら一度も行ったことはありません。
今度折を見て訪れたいと思います。
Posted by 黒メダカ黒メダカ at 2018年02月06日 09:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。