QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年10月12日

日向川、鳥海橋から昭和橋








2017年10月12日(木)

昨日歩いたのは酒田市と遊佐町を分ける日向川の土手。
旧八幡地区を走る国道345号線が日向川を渡るのが鳥海橋だ。
わかりづらいのでひらがなで表示すると(ちょうかいばし)になる。
写真一枚目が一番上流側の鳥海橋。

そしてその下流域に行くと同じ字の鳥海橋(とりみはし)が塚渕集落から遊佐方面へと架かっている。
なぜこんなややこしい名前にしたのかわからないが、
(ちょうかいばし)よりも2年ほど早く作られている。
スーパー農道に架けられているため交通量はかなり多い。
2枚目の写真がそれである。

そして3枚目にあるのがそのまた下流域にある昭和橋。
車道が細く常時片側通行状態。
塚淵集落と遊佐町広面集落をつなぐ貴重な橋になっている。
JR南鳥海駅が近い。

この3本の橋を酒田側から遊佐町側をぐるりと歩いた。
ちょうど1万歩ほどだった。

雨も降らず、
かと言ってそれほど風もなく穏やかな秋の日だった。
心地よい風がときおり吹いたが汗をかなりかいた。
帽子が汗でぐっしょりとなった。


思いつくまま撮った写真を掲載する。







歩くたびにイナゴがぴょんぴょんと跳ねた。
蛙もときどきいた。







河川敷の畑で作られていたニンジンの葉には、
小型のキアゲハの幼虫がいっぱいいた。
このまま冬を越すのだろうか。







畑のあちこちに咲いていたコスモス。
稲刈りもほぼ終わって味気ない風景に彩りを添えていた。

昭和橋からの日向川の下流域のながれ。
この少し先に行くと旧八幡町内から流れてくる荒瀬川と合流する地点がある。
次回はそこまで歩いてみようと思う。





同じカテゴリー(自然・風景)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。