QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年09月09日

升田地区の日向川






2017年9月9日(土)

昨日行った酒田市升田地区からさらに秋田方面へ向かったところ。
蕎麦畑があちこちにあって、次第に車一台がようやく通れる砂利道になった。

雨が降ったのか水たまりが多くゆっくり行くしかなかった。
途中「秋田との県境手前に崖崩れ発生」と書いてあった。

ここをずっと行けば秋田県由利本荘市鳥海町百宅(ももやけ)地区にたどり着くはずだったが、
諦めるしかない。

途中左手にある日向川の様子をのぞける場所が所々にあった。
小さな治水ダムがあり、大きな岩がごろごろと転がっていた。

しばらく行くと何か所か工事現場があった。
こんな山奥まできて工事をするなんて本当にご苦労だと思う。









鬱蒼とした木々に囲まれた細い砂利道の場所もあったが、
時々こんなに青空が見えるすばらしい場所もあった。

日向川は鳥海山系が源流になっているが、
その一つには滝の小屋周辺から流れてくる雪解け水や、
鶴間池から流れてくるものまで沢筋一帯の水が流れてくる。

それにしてもこの丸い岩の大きさに驚かされる。
こんな岩が大雨が降ったときにはごろごろと流されてくるのだ。

道の脇に紫のトリカブトの花があちこちに咲いていた。
強烈な毒で有名な花だがこの紫はきれいだと思う。









上流へ向かうのは途中で諦めて、
升田集落から鳥海牧場へ向かう途中にある貝沢橋へ寄った。

橋の上から見た上流と下流もやはり迫力ある大きな岩がごろごろと転がっていた。
治山・治水事業がなければこの場所もどんな風になっていたものやら。

少し日向川の歴史を勉強してみたくなった。





同じカテゴリー(自然・風景)の記事
秋の夜の亀ヶ崎公園
秋の夜の亀ヶ崎公園(2017-11-18 08:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。