QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年08月31日

舟止橋まで5千歩の散歩








2017年8月31日(木)

8月も最終日となった。
今年の夏もいよいよ最終盤である。

さて、昨日歩いたのは我が家から新井田川の遊歩道を上流域へ向かって、
約5千歩の辺りにある酒田市漆曽根地内の舟止橋(ふなどめばし)までだった。

ひところの真夏と違って日陰に入るとひんやりする風を頼って、
ゆっくりと歩き出したが、やはり遊歩道は暑い。
桜の木の下に避難しながらカメラ片手に被写体を探しながらの散歩だった。

ヤマザワ旭新町店の新井田川を挟んだ向かい側をとことこ歩き、
酒田市立第六中学校へと渡る金内橋の脇を通って、
国道7号線の下を通る地下道を通って、
富士見小学校の脇を通るころにはひと汗どころかふた汗を流した感覚だった。

その後も田んぼ道のような遊歩道は続き、
高速道の下を通るとまもなく舟止橋が見えてきた。

時々立ち止まってはカメラを構えてシャッターを切る。
高速道の辺りでは猛禽類の野鳥が数羽中空を飛んでいたが、
残念ながら望遠レンズは持参していなかった。
何の鳥だったのかまた来たときは確認してみようと思う。

さて、この舟止橋から上流は左に行くと新青渡、大島田方面へとつながってゆく。
そして右方面へ行くと平田小学校の裏手を経由して横代、生石方面の源流域へとつながってゆく。

舟止橋は歴史のある橋でその欄干のところには明治43年に竣工になった、
以前の橋の写真が刻まれている。
保存状態も良く今でもはっきりとその様子をうかがうことができる。

明治時代以前、この橋から船で山居倉庫まで米俵を運んでいたのである。
橋が完成して期待が膨らむ農家の明るい笑顔が見える。

現在の新しい橋が架けられたのは平成21年12月である。












同じカテゴリー(自然・風景)の記事
台風18号の雨と風
台風18号の雨と風(2017-09-18 08:08)

酒田南突堤通行止め
酒田南突堤通行止め(2017-09-16 08:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。