QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年02月06日

醤油寒天(香梅咲)






2017年2月6日(月)

酒田市中町にあるマリーン5清水屋1階総菜売り場。
いろんな惣菜が並べられているなか、料亭香梅咲(かめざき)作成の御馳走もある。

その中で気になる惣菜があった。
名前も張り出されていなくて何と呼べばいいのかわからないまま、
レジのお姉さんに聞いたところ「醤油寒天です」と言うのだった。

私がイメージしていたのは「玉子寒天」だったが、
予想に反して「醤油寒天」とのこと。
玉子寒天は全体に真っ黄色なのだと言うことだった。

昔私が小さかった頃食べた寒天もこんな風に中にゆで卵が入っていた。
しかし、こんな芸術的な切り方ではなく玉子切りで厚さを均等に切られたものだった。

美味しくてできるとすぐに味見と称して端の方を食べることが、
うれしくてうれしくてしょうがなかった。

大人になって牛乳寒天やみかんの寒天、
タラコの寒天など珍しい寒天にお目にかかったことはあったが、
残念ながらゆで卵を入れた寒天はついぞお目にかかったことはなかった。

なつかしさもあってつい買ってしまったが、
長さ20㎝ほどで380円だった。
高いのか安いのかわからないがじっくり味わってみようと思う。




同じカテゴリー(食べ物・飲物)の記事
焼きいもホクホク
焼きいもホクホク(2017-10-21 17:47)

お昼は助六寿司
お昼は助六寿司(2017-10-20 16:41)

BIGのり弁
BIGのり弁(2017-10-18 13:50)

ト一屋のバター餅
ト一屋のバター餅(2017-10-17 17:29)

この記事へのコメント
わたしも醤油寒天すきです。

なんか、酒田特有の食べもんだって
いう人もいますが、
仙台や他地域でも食べるみたいですよね。
Posted by 酒田人 at 2017年02月06日 21:45
★ 酒田人 様

コメントありがとうございます。

昔月間SPOONで連載されていた青塚光子さんのごっつぉ歳時記の中には醤油寒天はありませんでした。
しかし、玉子寒天や玉子と椎茸の角天なるものがあって、これととても似ていました。

カロリーもそれほど高くなく美味しい寒天は私の大好物です。ただし記事の中の寒天は少し醤油が効きすぎているようにも感じました。
少し塩分控えめな醤油寒天をいただきたいですね。

なお、昔からの醤油寒天は他の県でも結構人気があるようで、クックパッドなどでもかなり紹介されているようですね。
Posted by 黒メダカ黒メダカ at 2017年02月06日 22:15
醬油寒天懐かしいですね。亡くなった母が山王
祭りのご馳走の一品として作ってくれました。
母のは2層になっていて、下層は砂糖醬油だけ
の寒天で、その上に砕いたゆで卵の白身を敷き
また寒天を流し込むといった手の込んだもので
した。他にも紅で桃色にしたのとか、色々と作っ
てくれました。同じような寒天を柳小路の総菜屋
でも売っていた気がします。今度酒田に帰った
時に清水屋を覗いてみようかな。
Posted by 橋本匡弘 at 2017年02月09日 13:17
★ 橋本匡弘 様

コメントありがとうございます。

実は私のところも二層になった玉子寒天でした。下層は醤油色で上の部分には玉子切りで切ったゆで卵を並べた上から寒天を流し込んだものです。

私も柳小路の総菜屋で寒天を買った記憶があります。今は無い柳小路のずらっと並んだお店です。懐かしい記憶です。
Posted by 黒メダカ黒メダカ at 2017年02月09日 21:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。