QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2017年01月01日

精霊の守り人

精霊の守り人


2017年1月1日(日)

昨年暮れから読み始めた大河ファンタジー「精霊の守り人(せいれいのもりびと)」。
2006年に発刊されてから今年で11年目を迎える。

実は「精霊の守り人」はその後守り人シリーズとして、
「闇の守り人」
「夢の守り人」
「虚空の旅人(来訪編・帰還編)」
「蒼路の旅人」
「天と地の守り人第一部ロタ王国編」
「第二部カンバル王国編」
「第三部新ヨゴ皇国編」
「流れ行く者(守り人短編集)」
「炎路を行く者(守り人作品集)」
こんなに発刊が続いている。

私が今読んでいるのは2冊目の「闇の守り人」。
2014年に国際アンデルセン賞を受賞したのを見てもわかる通り、童話に近いファンタジー小説である。

スターウォーズが大好きな私にとって、
この手の小説は案外読みやすく、どんどんハマっていく。

NHKで昨年から綾瀬はるか主演で放送されているが、
まだ一度も見たことはない。
それでも書評や作者上橋菜穂子氏の履歴などを見ていつかは読んでみたいとは思っていた。

ブックオフで108円で手に入れた2冊の本だが、
値段以上に楽しく読ませてもらっている。




同じカテゴリー(文芸)の記事
守り人シリーズ読破
守り人シリーズ読破(2017-02-09 08:03)


Posted by 黒メダカ at 17:51│Comments(0)文芸
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。