QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2016年12月20日

カモと人間の距離

カモと人間の距離


2016年12月20日(火)

酒田市飯森山にある白鳥池。
この時期は鴨(カモ)の池となるが鯉への餌やりをする人が、
いつの間にやら寄ってくるカモにせがまれるシーンを何度も見ている。

写真は女性二人が小さな子供と小さなワンちゃんを連れてやってきたところ。
最初は池の端まで行っていたが、カモが押し寄せてきて少しずつ下がったところ。

池の中にいたカモの一部が何匹か陸の上に上がって、
「わたしにもちょうだいよ~」とせがんでいるのがよくわかる。


以前最上川にあるスワンパークでも餌やりは盛んだったが、
しまいには人間の手からパンを奪う白鳥やカモもいた。

人間とカモや白鳥などの野鳥との距離ははたしてどのくらいがいいのか。
鳥インフルエンザの原因はカモや白鳥などの渡り鳥にあることはある程度知られてはいるが、
すべての野鳥が原因かと言うとそうとばかりも言えない。

また、渡り鳥をすべて人間の周りから追い出すわけにもいかず、
対応はかなり苦慮することになる。

遠巻きに観察しながら注意深く対応する。
美しい野鳥を見ながら考えてみたが野生の生き物として、やはり人間とは一線を引くことくらいしか思い浮かばない私であった。





同じカテゴリー(生物)の記事
冬の羽繕い
冬の羽繕い(2020-02-18 08:01)

新小牧川のカワセミ
新小牧川のカワセミ(2018-08-15 08:13)


Posted by 黒メダカ at 08:02│Comments(0)生物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。