QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2016年10月29日

酒田大火40年






2016年10月29日(土)

今日は朝から風が強い。
ちょうど40年前の今日も同じように風が強かったと聞いている。

私は高校を卒業し宮城県岩沼市で働いていて、
夜7時のニュースで酒田大火のことを知った。

次の日の朝取るものも取らずに電車に飛び乗った。
国鉄酒田駅に到着すると、きな臭い匂いがプンと漂っていた。

あれからもう40年になる。
今日の夕方、40年前にいだ川をはさんで延焼を免れるために行った、
空へ向かっての放水が行われる。

夕方5時40分から1分間だけの放水は、
郵便局のある新栄橋から中ノ口橋の間で、
40年前と同じく強風のなかで行われることになりそうだ。




同じカテゴリー(酒田関連)の記事
夏祭りがやってくる
夏祭りがやってくる(2017-06-30 08:04)

この記事へのコメント
そういえば、思い出しました。
わたし達が住んでい居る町は、
早い時点で諦められてたんでした。
で、川より先は燃やさないようにと・・・

家の玄関前で団員らしき人が話し込んで、活動してないのをみて、まだ18才の私は空しくなったのを覚えてます。

父の話によると、家は午前0時頃燃え、見送ってきたと涙ぐんでました。
Posted by 酒田人酒田人 at 2016年10月29日 22:34
★ 酒田人 様

コメントありがとうございます。

消火作業は猛烈な風のせいで思うようにできなかったのが実態のようです。

風向きの関係で家からの荷物の運び出しや火事場泥棒などの話があちこちで聞かれました。

我が家も当初燃える方角でしたが、途中から風向きが変わり奇跡的に燃え残った地域となっています。
Posted by 黒メダカ黒メダカ at 2016年10月30日 12:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。