QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年09月12日

茂八商店の大判焼き





2019年9月12日(木)

鶴岡市本町にある森茂八(もはち)商店の大判焼きを買ってきた。
上があずき、下の左がハンバーグ、下の右がキーマカレー。

キーマカレーは人気があって一口食べてみてのその辛さに驚く人も多い。
私もあまり辛いのは得意ではないので、注意しながら食べたがとても美味しくいただいた。

もともとは創業300年の荒物屋(あらものや)さん。
畳材料卸、各種清掃業、伝統工芸品販売、手作り和雑貨販売のほかにたい焼きや大判焼きを販売している。

夏でもしっかり販売している大判焼きは三種類の他に日替わりのものがある。
今日はカスタードクリームだったが、季節のものなどもあるようだった。










  

Posted by 黒メダカ at 17:04Comments(0)食べ物・飲物

2019年09月12日

映画「天気の子」を体感








2019年9月12日(木)

昨日土砂降りで外を歩くこともできずに、
たまには映画でも見ようかと三川町にあるイオンシネマ三川へ行ってきた。

7月に公開をした新海誠作品の「天気の子」を見た。

雨に濡れる東京の街並み。
雲の間から射す太陽の光。
画面の美しさがとんでもなく繊細な映画だった。

十台の男の子帆高(ほだか)と同じ十台の女の子陽菜(ひな)の青春ファンタジーは、
雨や雲、日差しや影などの美しい自然を描き切ることで素直に楽しめる内容になっていた。

延々と雨が降り続く東京の空。
「天気の子」の意味は「天の巫女(みこ)」だった。
天の巫女は消滅することで空が晴れるという伝説があるのだという。

最近の映画は観る映画ではなくなったようだ。
映画館に入って映画を体感するのだと言う。










  

Posted by 黒メダカ at 08:21Comments(0)その他