QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年08月22日

すだちおろし冷やかけうどん






2019年8月22日(木)

酒田市下安町にある丸亀製麺酒田店さんに行ってきた。
時々思い立ったように食べたくなってつい行ってしまう。

手軽なシステムがいいのか、それともあの太いもちもちの麺が美味しくて行くのか。
それともリーズナブルな料金だから行くのか。

理由はいろいろあるが、
私のお気に入りのうどん屋さんだ。

今日は「すだちおろし冷やかけうどん」を注文した。
ちょうど打ち立ての麺ができあがったところだったので本当に美味い麺をたべることができた。

これで450円。
出汁の効いたスープも美味しいし、大根おろしとスダチのしぼり汁もしっかり効いていた。



  

Posted by 黒メダカ at 12:15Comments(0)外食・外飲み

2019年08月22日

宮野浦海岸でぼんやり





2019年8月22日(木)

先日のお天気の良い午後、
久しぶりに土門拳写真記念館から出羽大橋の下をくぐって、
京田川沿いに宮野浦海岸の砂浜まで歩いた。

距離としてどのくらいになるのかわからないが、
しっかり給水のためのペットボトルを準備し、帽子を被ってとことこ歩いた。

それほど早く歩く必要もないのでプレッシャーは何もない。
しいてあげればカメラが重いなぁと感じたことくらいだ。

ゴルフ場の脇を通って砂浜になるとさすがに歩きにくかったが、
浜風が心地良く、頭から滴り落ちていた汗が急にひいていくのがよくわかった。

海辺に到着すると透き通る海水がとても青く見えた。
今年もとうとう釣りをする機会はなかった。
砂浜に腰を下ろして遠くを見ると穏やかな海がずっと続いていた。



こんな風に海を見ながらぼんやりと過ごすことなどここ何年も無かったような気がする。
貴重なひとときだった。

30分ほど海を見た後、宮野浦地区の細い小路を歩いて戻った。
ほとんど人と出会うことのない地区だが、一度もあいさつをしないうちに土門拳記念館に着いた。

約2時間半のウォーキングだった。










  

Posted by 黒メダカ at 08:19Comments(0)自然・風景

2019年08月21日

くるみあんぱん






2019年8月21日(水)

今日の午前中は月に一度の月命日。
お寺の和尚様がやってきてお経を読んでいただく日だが、
何しろこの暑さで和尚様も大変だ。

私は昼からの仕事だから都合はいいが、
和尚様は暑いのにミニバイクで駆けつけてくれた。

和尚様が帰ってから近所のパンの喜屋さんに行って美味しそうなパンを買ってきた。
あまり食欲はないが、夜の10時近くまでの仕事は結構おなかがすく。

写真のパンはくるみあんぱん。
パン生地にくるみがごろごろと入って、中のあんこと口の中で混ざり合う。
香ばしくて甘くて、何とも美味しいパンだった。

もう一つはウインナーとパンがチーズで合体したこれも美味しいパン。







いつも名前を忘れてしまうが、私の好物のひとつになっている。





  

Posted by 黒メダカ at 12:59Comments(0)食べ物・飲物

2019年08月21日

酒田北港水路の熱い夏








2019年8月21日(水)

昨日夕方の酒田北港水路にいたウミネコたち。
隠れるところのないコンクリート地獄の水路はどのくらいの熱さなのだろうか。

試しに触ってみるかと手を置くと、
やはり予想通りの熱さが手に伝わってきた。

この暑さの中、何を間違えたか一組の釣り人が来ていた。
男女三人組だが、あまり釣りなどしたこともないような姿でサビキ仕掛けの竿を水の中に垂れていた。

いきなり竿がしなって上げてみると小さなアジが隙間なく針に食いついてきていた。
あまりに小さなアジはコンクリートの上に投げてやるとウミネコが群がってやってきていた。

こんな状況がしばらく続いていたが、
ウミネコもさすがの暑さに水の上を泳ぎ始めていた。

護岸のコンクリートの上には陽炎が立ち上りそうな気配。
さっさと車に乗り込んでタオルで汗を拭いた。

今朝方の雨はどこへ行ったのだろうか。
まだまだ暑い日が続きそうだ。






  

Posted by 黒メダカ at 08:21Comments(0)自然・風景

2019年08月20日

甘いとうもろこしばかり






2019年8月20日(火)

今年になってからずいぶんとうもろこしを食べたが、
どれも甘いとうもろこしばかりだった。

以前は当たりはずれがあって美味しいものもあったが、
残念ながら実りすぎたのかぼそぼそするものもあったものだ。

スーパーで買う時もしっかりと中を見てから買えるようになっているし、
実際に試食をしながら買うこともできるようになった。
そして何よりもすばらしいのが当たりはずれがなくなりどれを食べても美味しいものばかりになった。

今年はこんなふうに何度食べても美味しいものばかりだが、
来年になると変わったりするものだろうか。

地球温暖化でとうもろこしが急騰したりすれば食べることができなくなるかもしれない。
そんな心配もあるが、とにかく今年のとうもろこしは美味しい。

娘に言わせるとあそこの店のは少し微妙だ。
あそこの店のはどれを食べても美味しいとのこと。
やはり当たりはずれはあったのかな?




  

Posted by 黒メダカ at 17:20Comments(0)食べ物・飲物

2019年08月20日

中町モールの噴水活躍中








2019年8月20日(火)

昨年4月完成した酒田市中町モールの噴水が出る水遊び施設。

連日30度を越える猛烈な暑さに大人は外へ出るにも危険性が伴うほどのお天気。
しかし子供たちは家の中ばかりにいるわけにもいかず、
それでもなるべく安全な場所を探しながらの夏休みを送っているようだ。

24ヶ所の噴水は80cmまで上がり、細かなミスト状の霧まで出てくる。
6月下旬から9月上旬の午前10時から午後4時まで稼働しているが結構子供たちがやってくる。

昨日は小学生の女の子や小学生の男の子。
そして、まだ歩き始めたばかりのような男の子と三人が気持ちよさそうに遊んでいた。

できれば私も一緒になって遊びたい気持ちは山々なれど、
街の真ん中で水に濡れるわけもいかず、雰囲気で涼しさをお裾分けしてもらった。







散歩をしていると日陰があるだけでうれしくなる今日この頃。
今日は朝から雨降りだが、最高気温が30度に届かない予報にほっと一息ついている。



  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)自然・風景

2019年08月19日

ダブルジャム食パン





2019年8月19日(月)


酒田市中町にあるマリーン5清水屋さん。
1階のパン屋さんボンジュール神戸さんは高級パン屋さんらしい。

一辺が5cmほどの食パンにダブルにジャムが挟み込まれたダブルジャムパン。
左側があんずで右がいちご。
一口食べてみるとまず食パンの細かな質に驚かされる。

そしてジャムの美味しさに驚かされる。


もうひとつ買ったのは白身魚フライサンド。
なかにはタルタルソースあたりが入っているのかなと食べてみると、
ピリ辛のソースが入って何と美味い事か。






ひと味違う高級パンは2個で440円だったが高いのか安いのかの判断は少し難しい。





  

Posted by 黒メダカ at 13:24Comments(0)食べ物・飲物

2019年08月19日

山の上の青い空と白い雲






2019年8月19日(月)

昨日行った遊佐町吹浦のブルーラインから登った鳥海山大平口少し手前にある大平山荘。
だだっ広い駐車場から写したが、青い空とぽっかり浮かぶ白い雲が爽やかな空模様だ。

お客さんは皆さんよく御存知で、鹿公園でおせんべい(100円)を食べさせるとさっさと秋田県側に移動する。
同じ鳥海山の登山口鉾立ルートがある鉾立山荘駐車場をめざす。







鉾立には宿泊施設鉾立山荘(小屋)や売店や食堂がある稲倉山荘、ビジターセンターなどがあって、
展望台なども数ヶ所設置されている。

トイレなどもきれいに整備されて、
中高年の登山者は概ねこの登山口から登山を開始する。

御浜小屋(おはまごや)まで約2時間、頂上まで4時間半ほどのコースは、
健常者なら日帰り登山もできるコースとなっており、御浜までの高山植物見学コースなども人気がある。

私も若いころはここから何度も頂上まで日帰りで行ってきたりしていた。
何とかせめて御浜小屋までもう一度行ってみたい気持ちはあるが、
おそらくドクターストップで止められてしまうのがオチかもしれない。








以前稲倉山荘のあった南側の丘の上から頂上方向を見たら美しい頂上が見えた。
いつも見ている下界からは薄くしか見えなくて久しぶりの頂上のような気がした。

鉾立小屋の近くから写したが、どんどん白い雲が視界を悪くしていった。
鉾立にいるとヒンヤリした空気が自然界の冷房のように身体を包んでくれた。
この冷気に当たることができただけでもここに来た甲斐があったと思った。







周りはトンボが無数に群がって飛んでいた。
足元には緑色のバッタ(フキバッタの仲間)がピョンピョン跳ねていた。




  

Posted by 黒メダカ at 08:23Comments(0)自然・風景

2019年08月18日

高級笹かまぼこ






2019年8月18日(日)

東京にいる息子夫婦が帰ってしばらくになるが、
ようやくお土産でいただいた笹かまぼこを食べ始めている。

私も以前宮城県で仕事をしていた関係で「笹かまぼこ」について知識は持っている。
大きいのから小さいのまでまた使う魚によって高級なものから手軽なものまで、
かなりの種類があるのだった。

写真の笹かまぼこはその中でもかなり高級な笹かまぼこに当たる。
もちろんこれだけの御贈答用だと値段も結構なものになる。

息子のお嫁さんの実家は宮城県石巻にあるが漁業の町が震災から復活しつつある。
そんな中でかなり奮発したのだろう。

今夜は高級笹かまぼこをかじりながらナイター観戦でもしようか。





  

Posted by 黒メダカ at 19:32Comments(0)食べ物・飲物

2019年08月18日

灼熱の透明な集魚灯







2019年8月18日(日)

酒田本港に停泊している小型イカ釣り漁船。
一灯当たり3000ワットの明るさになるというメタルハライドランプ。
甲子園球場などでも使用される強烈な明かりだ。

最近はLEDランプも普及され大型のイカ釣り船などはほとんどが切り替えられている。
16分の1以下の消費量だと言う。

しかし小型の船ではそう簡単に取り替えはできず、
今でも昔ながらの集魚灯を使っている船が多い。

真夏の集魚灯。
ぎらぎら輝く夏の日差しに乱反射するガラスの輝きはますます暑さを感じてしまう。

昼下がりの酒田本港は陽炎が立ち上る中漁船は静かに揺れていた。








  

Posted by 黒メダカ at 08:33Comments(0)自然・風景