QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年08月08日

暑いときの熱々手羽先





2019年8月8日(木)

もう建物を解体してから何年になるだろうか。
酒田市寿町にある大信寺という寺の入口近くに長五郎という焼き鳥屋さんがあった。

焼き鳥屋さんだから当然焼き鳥を求めて会社帰りの人や、近所の馴染みの人なども、
夕方になるとあちらこちらから集まってきては1・2杯飲んでは焼き鳥を食べ帰って行った。

私も本町に勤め先があった関係で仕事帰りに寄ることが多かったが、
焼き鳥屋さんだからと言って焼き鳥は注文せずに、イカ刺しやタコの頭などを注文していた。
また、煮魚なども美味しくて、どちらかと言うと焼き鳥よりも魚介系の方が多く食べたような気がする。

ところで焼き鳥のほかに手羽先揚げなどもあってこれがまた予想外の美味しさで、
時間は少しかかったが何度も注文をしたものだった。

手羽先を油で揚げるだけの素揚げだったがじっくりと火を入れた熱々をいただくと、
それはそれは美味しくて、焼酎をいつもより余計にお代わりしてしまうほどだった。
手渡された新聞紙で手羽先を包みながら食べる素朴な味わいの手羽先だった。

この長五郎さんの手羽先が忘れられずにあちこちの肉屋さんに行っては購入しているが、
どこも素揚げの手羽先は置いていない。

写真は酒田市一番町にある肉・惣菜の小の木さんの手羽先だが、
美味しいたれがまぶされていて、これはこれで美味しいのだがまた少し違うのだった。

今度我が家でも素揚げをしてみようかと思っているが、
やはり時間がかかるのと油の扱いが面倒で少しためらっている。

あの熱々の手羽先が忘れられずにいまだ手羽先を追い続けているが、
いつの日か同じものを食べることができるだろうか。






  

Posted by 黒メダカ at 17:35Comments(0)食べ物・飲物

2019年08月08日

羽黒山登山で心臓よ甦れ





2019年8月8日(木)

昨日行ったのは鶴岡市にある羽黒山、約一年ぶりに登ってきた。
写真は参道の中で一番きつい二の坂を越えた辺りにある杉木立。
私の一番好きな場所でもある。

今回は昨年よりも私の心臓は悪化していると言われたが、
実際のところどうなのか試したくてゆっくりと登り始めた。

随神門を潜って下り坂を下りていくといつもの赤い橋にたどり着く。
雨が降らないせいか滝があるはずなのにさっぱり水が落ちてきていなかった。

先日秋田県にかほ市にある中島台・獅子ヶ鼻湿原へ行ったときも、
ずっと上り坂だったのでわざとゆっくりと登ったが、今回も同じようにゆっくりと登り始める。

いつもは上まで一時間もあればゆっくり登るのだが、
昨日は一時間半ほどかけて登った。

それでも私の心臓は限界にきていたようで、
何度も休みながらの登山となった。

脇を平気な顔をして子供たちが追い抜いていく。
さっぱり苦しそうでないのがとてもうらやましくさえ思えた。

茶屋にも寄らずマイペースで三の坂にかかったところで、
真新しい埴山姫神社(はにやまひめじんじゃ)がある。

二年ほど前強風で倒れた大杉が神社を直撃。
しばらく復旧工事がなされていたが、新しい神社になってさっそく赤い糸が大量に結ばれていた。

上にある神社のお守りに同封された赤い紐を結んでお祈りすると、
縁結びの御利益があるとされている。

上まで行ってまた同じ道を下ってくると足ががくがくと感覚がなくなってくるようだった。
ゆっくりとゆっくりと下りていった。
























やはり私の心臓は確実に弱くなっているように感じた。
検査では通常の人の50%以下との判定だったが、それよりももっと機能は低下しているように感じられた。

何とか鍛える方法はないのか、医者の先生と模索してみようかと考えている。
(残念ながら今の段階では私の心臓はどの程度壊死しているのかさえもわかっていない。)






  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(2)自然・風景