QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年06月27日

厚切ポークハムカツ





2019年6月27日(木)

朝曇り空だったのが昼近くになってから雨が降り出した。
そのままずっと夕方まで降り続いている。

歩くところもないのでいつものようにイオンモール三川まで行って1時間半ほど歩いた。
歩くのも飽きてきたので1階総菜売り場へ行って何か美味しそうなものはないかと探すと、
「厚切ポークハムカツ」があった。

結構厚さはあるが、ジューシーそうな断面に参った。
今夜はこのハムカツをごちそうにしよう。

本当は油物は控えたいが、たまに食べたくなる。
カロリーは119kcal、何とかなりそうだ。



  

Posted by 黒メダカ at 15:54Comments(0)食べ物・飲物

2019年06月27日

荒瀬川の鮎の遡上





2019年6月27日(木)

酒田市八幡地区を流れる荒瀬川の鮎の遡上を撮った。
温泉施設ゆりんこのすぐ目の前の荒瀬川はとんでもない量の鮎が遡上していた。

毎年のことなのだが、あまりこんなふうに元気よく跳ねて遡上する姿を見ることがなかった。
あらためてじっと見ていると小さな鮎がいとおしくさえ感じてしまうのだった。

昨日もカワセミはいたが、残念ながらカメラで捉えることはできなかった。
カメラを構えたとたんにピューっとどっかに飛んで行ってしまった。

カワセミはまたの機会にして撮った鮎の銀鱗の輝きがまぶしかった。
















  

Posted by 黒メダカ at 08:24Comments(0)自然・風景

2019年06月26日

困ったときの冷ぶっかけ290円







2019年6月26日(水)

朝から気温がぐんぐん上がって体感温度はすでに30度を越えている。
2階と1階では違うのだろうが、私の部屋は気温の上がる2階にある。

食欲もなくそれでも午後からの仕事の関係で何とか食べなければならない。
こんなときはあっさりしたものが食べたい。

酒田市下安町にある丸亀製麺酒田店に行くと美味しそうな白いうどんが待っていた。
何にもいらない「冷たいぶっかけうどん並290円」を注文するとすぐにできてきた。

いつもこんなに安くていいのかと思うが、考えて見れば原価はおそらく100円もしないだろう。
人件費を考えてもうどん専門店だからできる値段なのだと思う。

美味しいぶっかけうどんをいただいてさて、これから仕事だ。




  

Posted by 黒メダカ at 13:15Comments(0)外食・外飲み

2019年06月26日

写真でふりかえる昭和・平成の酒田





2019年6月26日(水)

昨日仕事が終わってから行った酒田市立資料館。
先週22日(土)から展示されている「写真でふりかえる昭和・平成の酒田」展。

9月2日までまだまだ長く展示されているので、
1回と言わず2回3回と伺おうかと思うほど面白い展示内容となっている。

酒田市の変遷では酒田町から酒田市へ変わったときから、
昭和・平成の大合併まで細かに展示されている。

圧巻なのは昭和50年代の酒田。
昭和51年柳小路マーケットが解体されその代わりにできたアメ横。
同じ年には酒田大火が発生、昭和52年には酒田共同火力発電所の運転開始、そして住軽アルミの操業開始。
昭和58年にはおしんブームが起こり、昭和59年には大寒波があった。

へたな文章よりも実際の写真で見ると本当に説得力があった。

そして、酒田市名誉市民、特別名誉市民の紹介や飲食店のマッチなど、
思い出すのももったいないほど懐かしい数々の品があふれていた。

今はすでになくなった思い出深い建物など写真の貴重さがとてもよくわかる企画展となっていた。


入館料は一般100円、小学生~大学生50円となっている。



  

Posted by 黒メダカ at 08:23Comments(2)自然・風景

2019年06月25日

三種の水まんじゅう





2019年6月25日(火)

昨日行った鶴岡市大山にある福田屋さんの看板が忘れられなくてあえて掲載する。
酒ゼリーの看板だが、半分酔っぱらったような字を酒の波に揺られているような看板になっている。

誰が考えたのかわからないが、何とも心地良さそうな看板になっている。
酒ゼリーの美味しさが存分に伝わってきて思わず買ってしまいそうだ。

この看板に釣られて駐車場に入る。
入口のドアには今度は水まんじゅうの文字があった。

先ほどまでの酒ゼリーはどこへ行ったのかいつのまにか水まんじゅうを注文していた。
あんこと桜餡、抹茶の三種類の水まんじゅう。
どれを食べても美味しい夏の風物詩だ。

ところで酒ゼリーはどこへ行ったのか。
すっかり忘れて月山シューまで買ってしまった。









何だか半分ボケてきたようで、
つい今しがたのことをすっかり忘れて、何を考えていたのか思い出せないことがある。
今回は買い物をして車に乗り込み出発しようと思ったら思い出したがそのまま出発した。



  

Posted by 黒メダカ at 16:31Comments(0)食べ物・飲物

2019年06月25日

クラ田せんぱいとタコ井せんぱい








2019年6月25日(火)

昨日少し時間があったので鶴岡市櫛引地区へ行ってきた。
その帰り道、寄り道して久しぶりに庄内観光物産館「ふるさと本舗」へ寄ってみた。

櫓(やぐら)が目印の国道7号線沿いの建物はかなり遠くからでも目に付く。
その櫓(やぐら)の脇のところに上下に動く何かがくっついていた。

私が鶴岡で勤務していた頃にはなかったような気がしたが、
近寄ってみると平成29年に設置されたもののようだった。

庄内と京都・大阪・USJを直接結ぶ夜行高速バスが運行されたのを記念して、
鶴岡市のくらげと大阪のたこ焼きをモチーフに作られたとのこと。
その名もクラ田せんぱいとタコ井せんぱいと名前が付いていた。

酒田に住みながらそんなことも知らずにいたが、
先日の山形県沖地震で、電話での見舞いをいただいた大阪のいとこから、
折を見て大阪にも遊びに来てくださいと言われたことを思い出した。

これまでは羽越本線経由の特急列車しか思い浮かばなかったが、
高速バスと言う手もあったか。

いつになったら行くことができるかわからないが、
頭の片隅には入れておこうと思った。









庄内観光物産館が土産物施設部門全国3位になったのだそうだ。
確かに中に入ると土産物の種類がとんでもなく多い。
それに季節の果物なども多く取り揃えられていて、見ていて楽しくなった。







  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)自然・風景

2019年06月24日

ヒメサユリ咲く大山自然公園







2019年6月24日(月)

昨日行った山形県内陸部大江町にある大山自然公園。
5月には咲始め、末頃には満開になると言う「ヒメサユリ」の花を求めて行ってみたが、
やはり時期はとうに過ぎて、かろうじて咲いていた数輪の花を観賞してきた。

ヒメサユリは乙女ユリとも呼ばれ、
山形・新潟・福島の3県にまたがる朝日、飯豊、吾妻山系などでしか見られない貴重な花となっている。

かなり昔のことになるが当時の朝日村(現鶴岡市)の大鳥池から以東岳に登ったときに見たように気がして、
調べて見たが、ニッコウキスゲと同じところに咲いていて普通のユリよりは小ぶりだとだけ記憶していた。

今回実際に見てみるとやはり少し小ぶりであの時見たユリと同じだと確認が取れてほっとした。
今となってはとても行くことのできない大鳥池と以東岳。
昔懐かしい思い出が蘇る。

林の中一面に咲くヒメサユリの写真が飾られていたが、
大事に育てられているのがよく理解できた。

今回は残念ながらほんの数輪しか見ることができなかったが、
来年はもう少し早い時期に訪れて楽しみたいと思った。












立派な宿泊施設や三種類のトレッキングコースがあったりとすばらしい環境の中で、
過ごすことのできる自然公園となっていた。

夏には子供たちで大いに賑やかになるのだろう。





  

Posted by 黒メダカ at 16:47Comments(0)自然・風景

2019年06月24日

3Lのさくらんぼ





2019年6月24日(月)

さくらんぼの季節になった。
んだブロガーの楽天親父さんやtan-tanさんの影響を受けてさっそく昨日高速を飛ばして寒河江スマートICへ行ってきた。

もちろん目的はひとつではないが、
美味しいさくらんぼも目的のひとつ。

さっそくJAさがえ西村山アグリランドへ行って3Lの大きなサクランボをゲット。
写真右側4個が佐藤錦で左側2個が高砂という品種。
さすがに真ん中に陣取る3Lのさくらんぼは大きい。(左右の4個はL)
その代わり値段も1粒100円ほどになる豪華なものだった。

その後最上川ふるさと総合公園で開催されている「てとて市」を見て回る。
駐車場はほとんど満車状態、人の数も歩くのが大変なほどの盛況ぶりだった。
酒田や鶴岡でも開催されているクラフトフェアやクラフトフェスタにグリーンとアートがプラスされたような青空市だった。











ところでやはり気になる園内に多くあるさくらんぼの木々。
採らないでくださいと書かれても、手を伸ばせば届くところにある真っ赤に熟したさくらんぼ。
子供たちの手には届かないが、飽きた子供たちは池の中を泳ぐオタマジャクシばかりに興味津々のようだった。




  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)自然・風景

2019年06月23日

朝日町そば屋亀次郎







2019年6月23日(日)

朝、雨が降っていたが次第にお天気が良くなって内陸朝日町までお出掛けをした。
さすがに日曜日だけあって、相当な交通量だったが、目的地が違うためそれほど苦労はしない。

大江町にある大山自然公園のひめさゆりが目的だったが、
それはまたの機会に掲載することにして、
今回は朝日町にある道の駅あさひまち「りんごの森」のすぐ隣にあるそば屋亀次郎の冷たいたぬきそばを掲載する。

お昼時間はとっくに過ぎてもお店はずっと満員状態。
何とか空いていた一席に座らせていただき、ようやく息を吹き返した。
暑くて汗が頭から噴き出していた。

これまでもこのおそば屋さんの前を何度も通過はしていたが、
中に入ってごちそうになるのは初めてだった。

たぬきそばは麺に天かすを掛けたもの。
今回は冷たいたぬきそばだけあって、おそばはしっかりと腰のある美味しいおそばだった。









  

Posted by 黒メダカ at 17:34Comments(2)外食・外飲み

2019年06月23日

飯森山公園のピンクシャワー







2019年6月23日(日)

酒田市飯森山にある飯森山公園はあじさいの名所だ。
昨日咲き具合はどうだろうと歩いてみたが、まだ少し早かったようで咲き揃ってはいなかった。

写真のあじさいは「ピンクシャワー」と言うらしい。
まさにピンクのシャワーが降り注ぐような花の形をしている。

そんなふうにゆっくりと写真を撮りながら歩いていると雨が降ってきた。
ピンクではないがシャワーのような雨だった。

土門拳記念館の西側の雨に当たらないところでしばし雨宿り。
傘をさして散歩する人も結構多くいたが、傘の花が咲く景色もまたよい。

ふとそばのあじさいの葉に小さなカエルが隠れているのが見えた。
緑色の雨蛙だが、なんとも心細そうにこちらを見ていた。









  

Posted by 黒メダカ at 08:22Comments(0)自然・風景