QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年05月16日

COFFEE 山椒小路







2019年5月16日(木)

仕事帰りに寄った酒田市本町に4月オープンしたばかりの喫茶店。
酒田市役所の隣にある希望ホールのその隣、
昔、新井田川に降りて行くこの通りのことを山椒小路(さんしょうこうじ)と言っていたことから命名したものと思われる。

数ある小路の名前の中でも良く出てくる小路のひとつだ。

中に入ると注文をしてから席につくシステムになっている。
アイスコーヒーをお願いして外の見える席に座った。

酒田まつりが近づき、上と下の神宿(とや)を見学に行ってきたら、
この暑さで大汗をかいてしまって、アイスコーヒーがとても心地よく感じた。





看板の脇にあるのは山椒の木か。



  

Posted by 黒メダカ at 17:07Comments(0)外食・外飲み

2019年05月16日

田植えの風景







2019年5月16日(木)

五月(さつき)の季節は田植えの季節だ。
昔の田植えは一家総出で、子どもからお年寄りまでみんなで行っていた。

私が小学生だったころはやはり駆り出されて苗投げをやらされていた。
大人の人たちが腰をかがめて手植えで丁寧に植えて行くと途中で苗が足りなくなる。
そんな時に畦(あぜ)から苗を投げてやるのだった。

田んぼの中には緑と黄色の縞模様のヒルがいて、
良く足から血を吸っていた。
かゆくてしょうがなかったが、取ろうとしてもなかなかしつこくて取れなかった記憶がある。

その後悪い血をすってくれるんだよと聞いたことがあるが本当だったのだろうか。

休憩時間になると面白いように菓子が出てきた。
これが楽しみで早く休憩にならないかといつも考えていた。


今はすべて田植え機械がまとめて植えてくれるようになった。
画期的なのだが、問題はこの機械の値段になる。

昔のような腰を痛めるようなことは少なくなったが、
それでも隅のところなどはやはり手植えでやらざるを得ない。


写真は八幡地区で見かけた田植え風景だ。
静かな田んぼに機械の音が響いていた。










  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)自然・風景