QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年05月15日

尾花沢のそば食いへ







2019年5月15日(水)

たまに地元を離れての昼飯もいいものだ。
今日は国道47号線経由で尾花沢まででかけて本場のお蕎麦をいただいた。

尾花沢そば街道には10軒のお蕎麦屋さんが登録されている。
前もって新しくなった尾花沢市役所へ寄り、
パンフレットを手に入れてから三番所の「そばや匠(しょう)」さんへ行きゲソ天ざるそばを注文した。

お店には中華そばや冷やし中華などもあり、少し迷ったがやはりざるそばにした。
久しぶりに食べる少し硬めのそばの香りが心地よく口の中に広がった。

実は来月この尾花沢総合グランドを会場に、
先日行われた大会で準優勝したチームが参加することになるスポ少大会県大会が行われる。

酒田市からは約80kmほど、一時間半ほどで到着するが、
途中新しい道ができたりでルート案内が必要かなと感じた。









  

Posted by 黒メダカ at 16:35Comments(0)外食・外飲み

2019年05月15日

新井田川の野大根





2019年5月15日(水)

酒田市中平田地区にある手蔵田集落(てぐらだ)。
新井田川ほとりには桜並木が植えられ、春には満開になるとみごとな景観となる。

桜の季節は終わり、今の堤防には野大根の薄紫が一面を覆っている。
中には菜の花の黄色も混じるが、圧倒的になぜか野大根の花の群れ。

水の張られた田んぼや緑の多くなった周りの景色のなかで、
この薄紫は美しくさえ見えた。

新井田川はここから中平田地区を流れて、北平田地区へと通じて行く。
漆曽根を経由して市街地に入って行くが、なぜかこの野大根は市街地ではほとんど見ることがない。

そもそも野大根は育てていた大根が野性化したもの。
特に土壌に悪影響を及ぼすことなどは何もない。

ある地方では野大根を育てて一面野大根の花にして見学者を迎え入れているところや、
野大根まつりを開催している地域もある。

過疎化が進む手蔵田地区だが、
同じように野大根を使って企画をすることもないのかもしれないが、それにしても美しい。








  

Posted by 黒メダカ at 08:17Comments(0)自然・風景