QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年09月05日

大葉のてんぷら




2018年9月5日(水)

夕方行った酒田市中町にあるてんぷら専門店万両(まんりょう)さん。
一人が入るとほとんど満員の小さなお店ながら、
そのてんぷらの種類は魚類、野菜類、掻揚など合わせて30種類を超える。

他にも季節のものが入ってそれは行ってからのお楽しみになる。

真ん中にどんと乗っかっているのは大葉のてんぷら。
これが35円。
大正エビやうずらの卵など100円を超えるものもあるが、
ほとんどは二けたのお値段になっている。

こんばんは何だかてんぷらが食べたくなってつい10種類ほどお願いした。
これで800円ほどだったが、晩御飯が楽しみになった。

柳小路があった当時からのてんぷら専門店。
これからも長く営業を続けてほしいお店のひとつだ。



  

Posted by 黒メダカ at 16:23Comments(0)食べ物・飲物

2018年09月05日

ギンヤンマの夫婦




2018年9月5日(水)

昨日行った酒田市浜中にある庄内空港緩衝緑地のさざなみの池には、
いろいろな生物がやってくる。

昨日はその前に行った風紋の広場にある「風の滝」にカワセミがいたことに驚いたが、
上の林の中に入って二度と出てきてくれなかった。

さざなみの池ではこれまで何度か見かけたカワセミだが、
どうもタイミングが悪いのか姿を見ることがなくなってしまった。

それでも、昨日はぶんぶん飛んでいるギンヤンマに魅せられて、
とても楽しいひとときを過ごすことができた。

オスのギンヤンマは縄張り意識が強く、
シオカラトンボやショウジョウトンボが入ってきてもすぐに追い払おうと飛んでくる。
しかし、ひとたび夫婦になるとその結びつきは強くしっかりと結合している。

東山や平田地域ではどちらかというとオニヤンマばかりが目立っていたが、
なぜかこの海岸線に近いところになるとギンヤンマの数が圧倒する。

私にとってはどちらもすばらしい大型種のトンボで、
カメラの被写体としてはうれしいかぎりだが、こんな昆虫たちが住む場所がもっともっと広がればいいなと思う。











  

Posted by 黒メダカ at 08:16Comments(0)自然・風景