QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年08月09日

大山鈴木屋の中華そば






2018年8月9日(木)

鶴岡市大山にある鈴木屋さんで中華そばを食べてきた。
大山公園入口近くにある小さなお店ながらお蕎麦や麦切りなどメニューは豊富。

中華そばの注文が一番多いようだが、
夏には店作成の美味しい玉子焼きが乗っかった冷やし中華も人気だ。

素朴な味ながら美味しい中華そばをいただいて、
外に出ると燃えるような空気がまとわりついてきた。








  

Posted by 黒メダカ at 13:33Comments(0)外食・外飲み

2018年08月09日

みやうみ海岸海まつり






2018年8月9日(木)

酒田市宮海海岸からの夏の鳥海山。
昨日写したものだが、ついでに海水浴場も撮った。
お天気はいいものの風が強くて泳ぐには大変なようであまり人はいなかった。

みやうみ海岸海まつりは明日10日から夜間風車塔ライトアップが始まる。
そして11日の山の日にはみやうみビーチ音楽フェスティバルが午後3時から行われる。

人出はどんなものだろうと様子を見に行ったのだが、
ウィークデーはこんなものなのだろうか。
ずいぶん閑散としていた。

海まつりには私も少しだけ顔を出してみようかな。
第3回とまだ新しいまつりだが、松浦彩さんをMCに天音里望さんを始め11ものパフォーマーが参加。
入場料金は無料となっている。


  

Posted by 黒メダカ at 08:17Comments(0)自然・風景

2018年08月08日

喜屋のフォカッチャ二種類




2018年8月8日(水)

酒田市駅東にあるパンの喜屋さんに行ってきた。
以前にも掲載しているが、ここの調理パン「フォカッチャ」が美味い。

二種類あって茄子とじゃがいもがメインなのだが、
どちらも食いごたえがあってなかなかのお気に入りとなっている。

少し遅い時間になるとすぐに売り切れとなるが、
今日は何とか間に合って娘と二人で食べた。
あう
今日もすでに30度を超える暑さになっている。
少しでも暑さに負けないように工夫をしながら生活するしかない。
疲れ気味だが、休みながら歩くことにしよう。




  

Posted by 黒メダカ at 13:44Comments(0)食べ物・飲物

2018年08月08日

酒田に夏の暑さが戻った




2018年8月8日(水)

昨日までは秋になったような涼しさだったが、
今朝は光がまぶしく、また夏に戻ってしまったようだ。

近所の新井田川に架かる中ノ口橋から鳥海山を写したが、
すっかりとは晴れていない。
頂上付近には雲がかかっている。

近づいている台風の影響なのかもしれないが、
自然災害が起こらなければいいなと思いつつしばらく眺めていた。



  

Posted by 黒メダカ at 07:39Comments(0)自然・風景

2018年08月07日

奇跡の中尊寺ハス、今年も咲く










2018年8月7日(火)

酒田市飯森山にある土門拳写真記念館玄関脇の蓮鉢にひっそりと咲くピンクのハスの花。
実は少しいわく付のハス。

岩手県中尊寺に咲く古代ハスから平成24年に株分けしていただき、
酒田で大切に育てられてきたものだ。

このハスの種子は平安末期の奥州藤原氏父子四代の御遺体が安置されている金色堂の、
四代藤原泰衡の「首桶」から発見されたもので平成10年に800年の眠りから覚めて開花したもの。

もとより酒田発展を築いたとされる「酒田三十六人衆」は、
藤原氏滅亡の際に逃げ延びた遺臣三十六騎の子孫と伝えられ大変酒田とゆかりが深い。

遠く平安の時代から時を越えて開花したハスの花を見ることができるなんて、
なんと壮大な花なのだろうか。
昨年は12個の美しい花を咲かせたらしいが、今年は何個咲くだろうか。





ハスの鉢は建物の陰になっていて良く見ないと見えない。




  

Posted by 黒メダカ at 18:28Comments(2)自然・風景

2018年08月07日

皿うどんの夕ご飯




2018年8月7日(火)

お盆を前に酒田市の大雨洪水警報が全国ニュースになったせいか、
あちこちの親戚や知人から連絡が来る。

「何とかかろうじて大丈夫!」が受け答えの定番になってしまった。

それにしても昨日朝からのエリアメールや近所のスピーカーからの緊急を知らせる音声は、
一瞬我が家が壊れるのかと思うほど緊迫性があった。

最上川が氾濫すると我が家はどこに行けばいいのだろうか?
真面目になって避難場所を探しにかかったが、一番最初に思いついたJR酒田駅前は、
洪水で行くことができなくなっていたのには驚いてしまった。

「新 津波浸水域予測図」が酒田市から配布されていて、
もちろん大雨洪水の場合とは違うのだろうが、JR酒田駅前は浸水域にはなっていなかった。

津波の場合と大雨の場合の避難場所が違うのはいかがなものだろうか。
小学校グランドや高校グランドなどもあるが、家族会議を開催して決めるしかないのだろうか。

写真はそんなことを考えながら昨日の夕ご飯に食べた皿うどん。
今日は月に一度の定例のお医者さんの日だから、もちろんアルコールを抜いたのだが、
この太いうどんをもくもくと食べるのもなかなかいいなと思う。

塩分控えめなうどんは冷たいほうじ茶といっしょに喉を通ったが、
これがビールだったらまた違った美味しさになったのだろうな。




  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)食べ物・飲物

2018年08月06日

警戒水域超えた








2018年8月6日(月)

山形県内で猛威を振るった今回の豪雨は、
最上川を異常増水させ、各地の危険水域を脅かした。

幸いにとんでもない被害は出なかったものの、
氾濫した水位で床下・床上浸水したところがかなり多かった。

最下流域の酒田市下瀬にある水位計でも警戒水位を超え、
異常事態となっていた。

いつもはのんびり芋煮会を楽しむところに設置してあるトイレも、
はるかに水の中に沈んでいた。

国道112号線にある最上川に架かる出羽大橋も、
橋梁部分のかなり上部まで水位が上がっていた。







  

Posted by 黒メダカ at 17:48Comments(2)自然・風景

2018年08月06日

長時間豪雨で冠水危機一髪






2018年8月6日(月)

昨日の長時間にわたる豪雨は猛烈だった。
地盤の低い我が家の勝手口では排水口から水が逆流してきて、
排水機能がマヒ状態になっていた。

バケツの水をひっくり返したような豪雨が延々と続き、
当初スムーズに流れていた排水口への雨水も徐々に逆流するようになり、
我が家の床下へも浸水する寸前までに増水した。

何とか危機一髪で難を逃れたが、
自然災害の恐ろしさをまざまざと見せつけられたような気がした。

写真は今朝の新井田川。
酒田六中付近の状態だが、いつもは遊歩道で歩くところが冠水していた。





今朝になって避難指示が連続で携帯に送られてきている。
最上川の増水が危険水域に近づいているためで、
まだまだこれから増水は続きそうな気配となっている。

酒田市入船町や新堀地区、遊摺部などの住民へは、
市役所や全農ビル、日本海総合病院などへの避難を促すメールが流れてきていた。



  

Posted by 黒メダカ at 07:50Comments(0)自然・風景

2018年08月05日

酒田菓匠菊池のあずき氷と氷まっ茶






2018年8月5日(日)

今日は久々の雨降り。
それでも気温はなかなか下がらず湿気で眼鏡が曇って前が見えなくなったりした。

日曜だというのに仕事の私は、
ようやく仕事が終わったあと、酒田市東泉町にある菓子の菊池東泉町店であずき氷と氷まっ茶を買った。
お店の中に入るとヒヤッとした空気に思わず首を縮めたくなった。

いつもは帰ってすぐに食べたくなるあずき氷。
今日は少し様子をみてから食べようとそのまま冷凍庫に入れた。



  

Posted by 黒メダカ at 16:58Comments(0)食べ物・飲物

2018年08月05日

酒田花火ショーはまたもボヤ騒ぎ




2018年8月5日(日)

結局昨日は酒田花火ショーの会場へは行かずに、
自宅近くの新井田川沿いで花火見学としゃれこんだが、
いかんせん、最初の花火が威勢よく打ちあがったと思ったらしばらく音沙汰なし。

ラジオ片手に見ていた人はわかったのだと思うが、
数年前と同じく花火の火が河原の植物に燃え移りボヤ騒ぎとなって、
約40分ほど花火が打ち上がらない状況になった。

わからない人は次の花火を待ちくたびれて、
草々に帰宅した人もいたとかいないとか。

私も呆れてすぐに自宅に戻ってテレビを眺めていた。

写真は始めに打ちあがったときに撮った新井田川に写る花火。
案外きれいに撮れたなぁと自分ながら感心してしまった。


妻と娘は最上川河川敷まで行って花火見学をしていたが、
年々変わっていく花火の色に圧倒されながら帰ってきた。









  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(2)酒田関連