QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年08月07日

奇跡の中尊寺ハス、今年も咲く










2018年8月7日(火)

酒田市飯森山にある土門拳写真記念館玄関脇の蓮鉢にひっそりと咲くピンクのハスの花。
実は少しいわく付のハス。

岩手県中尊寺に咲く古代ハスから平成24年に株分けしていただき、
酒田で大切に育てられてきたものだ。

このハスの種子は平安末期の奥州藤原氏父子四代の御遺体が安置されている金色堂の、
四代藤原泰衡の「首桶」から発見されたもので平成10年に800年の眠りから覚めて開花したもの。

もとより酒田発展を築いたとされる「酒田三十六人衆」は、
藤原氏滅亡の際に逃げ延びた遺臣三十六騎の子孫と伝えられ大変酒田とゆかりが深い。

遠く平安の時代から時を越えて開花したハスの花を見ることができるなんて、
なんと壮大な花なのだろうか。
昨年は12個の美しい花を咲かせたらしいが、今年は何個咲くだろうか。





ハスの鉢は建物の陰になっていて良く見ないと見えない。




  

Posted by 黒メダカ at 18:28Comments(2)自然・風景

2018年08月07日

皿うどんの夕ご飯




2018年8月7日(火)

お盆を前に酒田市の大雨洪水警報が全国ニュースになったせいか、
あちこちの親戚や知人から連絡が来る。

「何とかかろうじて大丈夫!」が受け答えの定番になってしまった。

それにしても昨日朝からのエリアメールや近所のスピーカーからの緊急を知らせる音声は、
一瞬我が家が壊れるのかと思うほど緊迫性があった。

最上川が氾濫すると我が家はどこに行けばいいのだろうか?
真面目になって避難場所を探しにかかったが、一番最初に思いついたJR酒田駅前は、
洪水で行くことができなくなっていたのには驚いてしまった。

「新 津波浸水域予測図」が酒田市から配布されていて、
もちろん大雨洪水の場合とは違うのだろうが、JR酒田駅前は浸水域にはなっていなかった。

津波の場合と大雨の場合の避難場所が違うのはいかがなものだろうか。
小学校グランドや高校グランドなどもあるが、家族会議を開催して決めるしかないのだろうか。

写真はそんなことを考えながら昨日の夕ご飯に食べた皿うどん。
今日は月に一度の定例のお医者さんの日だから、もちろんアルコールを抜いたのだが、
この太いうどんをもくもくと食べるのもなかなかいいなと思う。

塩分控えめなうどんは冷たいほうじ茶といっしょに喉を通ったが、
これがビールだったらまた違った美味しさになったのだろうな。




  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)食べ物・飲物