QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年01月30日

黒ごまきなこあずき甘納豆チョコ






2018年1月30日(火)

商品名がずいぶん長い。
豆菓子ではかなりお世話になっている「でん六」さんだが、
この菓子は甘納豆チョコ。

そもそも甘納豆にチョコをコーティングしたものだったが、
付加価値を付けようと黒ごまきなこをさらにコーティング。
みごとに味わいに深みが付いて人気は上々とのことらしい。

いつもは固いピーナッツ入りの豆菓子を食べながらビールを飲んだりしているが、
この甘納豆チョコは和菓子のようで少し趣が違う。

蕩けるような柔らかな甘納豆にこれまた溶けるチョコや黒ごまきなこをまぶす。
何と言う贅沢だろうと思いながらも、これで日本酒を飲んだら旨そうだななんて考えてしまう。


  

Posted by 黒メダカ at 17:55Comments(2)食べ物・飲物

2018年01月30日

酒田本港と最上川を繋いだ下瀬閘門(こうもん)






2018年1月30日(火)

連日の冷え込みでなかなか最上川の氷結が解けない。
それでも出羽大橋下流域になると何とか氷は解け出し日本海へと流れていた。

そんな酒田市下瀬の最上川に面したところに下瀬閘門跡地(しもせこうもんあとち)がある。

私がまだ小学生だった頃、
今は亡き父が私を連れてこの閘門にハゼ釣りに来たことを思い出した。

父はそれほど釣りが好きそうではなかったが、
私が熱中していたのを知ってあえて自転車でこんなに遠い下瀬閘門まで連れてきてくれたのだった。

昔は入れ食い状態でハゼだけではなくシノコダイやカレイなどがおもしろいように釣れた。
その後父は何を考えたのか中古のポンポン船を買い新井田川に係留し、
時間を見ては近くの消防団仲間と海へと釣りにいくのだった。

父が船をいつ手放したのかは知らないが、
その時の下瀬閘門が無くなり現在では跡地となっていることを知ったのはずいぶん経ってからだった。

下瀬閘門跡地の説明書きにある分を記載しておく。



「最上川と酒田港を繋いだ下瀬閘門(こうもん)跡地」

 大正時代の最上川河口は全国的に有名な河口港であったが、
河口港の宿命である流入土砂により水深が大きく変動し、
また、入港船の大型化に伴い水深不足に悩む酒田港の利用は次第に減少した。
 このため大正10年から昭和7年にかけて最上川と港を分離する工事を行い、
港では大型船の就航が可能となった。一方最上川と港に水位差が生じたため、
船の就航が可能なように水位差を調整する下瀬閘門(運河)が設けられた。
 閘門は昭和57年に利用減により取り壊され、現在は下瀬樋管として、
その姿を残している。





いつもは水位を計るための水位計だが、
氷に囲まれて役に立たない状態になっていた。



  

Posted by 黒メダカ at 08:13Comments(0)酒田関連