QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2018年01月07日

コメルの窯ラスク




2018年1月7日(日)

酒田市東泉町にあるお米の菓子工房コメルに行ってきた。
お米で作られた食品は数多くあるがバウムクーヘンを始め多くの商品には驚かされる。

今日買ったのはバウムクーヘンのように見えるが実はラスク。
バウムくーヘンのようにしっとりとはしていない。

実際に食べてみるとラスクほど固くはないし、
クッキーのような手軽さがある。
右が苺味で左がメープル味。

直径15㎝弱で厚さが7mmほど、237円(内税)はお得だろうか。
もう少しボリュームが欲しいような気もするが、手軽な分、数多く買うかもしれない。





店内にはお土産用だろうか、
お客さんが多くの商品を買って袋に入れてもらっていた。



  

Posted by 黒メダカ at 16:48Comments(0)食べ物・飲物

2018年01月07日

酒田日和山公園内やすらぎの塔






2018年1月7日(日)

今日も朝から仕事だ。
ウィークデーも祝祭日も関係ない仕事はつらいものがある。

さて、昨日散策した酒田市南新町にある日和山公園内の「やすらぎの塔」。
慰霊碑として1965年(昭和40年)建立されたものだが、
私にとってはまた別の意味で考え深い場所でもある。

塔の後ろ側にある銘板には以下のように文章がしたためられている。

 戦争で死んだ人たちは
 平和の限りない尊さを
 身をもって
 生き残ったわれわれに教えた。

 いま われわれは反省する
 果たしてわれわれは
 使者のこの遺志に対して
 どれほど報いるところがあったか

 そして もう一度その霊前に誓おう
 子らのため 明日の世界のため
 ひたすら平和を大切にすることを


 昭和40年11月3日 酒田市長 小山孫次郎


このやすらぎの塔は酒田市が酒田市遺族会の協力により建立したもので、
像制作者は酒田市千代田出身の彫刻家高橋剛氏である。

制作されてからすでに50年が過ぎ、
像は相当傷みが激しくなっているがそれでも女性の表情はくっきりと見ることができる。
高橋剛氏の作品に多くある女性の凛々しさがうまく表現されている。

この像ができた当初写真の右側にはSLが飾られ、
また写真の左手にあるトンネル状の丸い土管を通って行くと公園があってよく遊んだものだった。

公園内には野鳥も多く塔のすぐ後ろには桑の木があって、
季節になると良く紫色の実を取っては口中(くちじゅう)青くしていたものだった。

最近は4月の酒田まつりなどで設置されるお化け屋敷で有名になった場所でもあり、
子供たちも案外この場所のことは知っていたりする。
ただし、やすらぎの塔の名前や由来などは一様に知らないのであった。




  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)自然・風景