QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年10月27日

芋くりきんとんと上池、下池




2017年10月27日(金)

昨日行った鶴岡市大山地区にある福田屋さんで売っていた「芋くりきんとん」。
変な名前!と思って食べてみると中に栗がまるごと入っていて周りが芋。
何ともおもしろい食感に感心してしまった。

さて、大山地区にある上池と下池もそろそろ紅葉と立ち寄ってみたが、
全山紅葉とまではいかないがだいぶ進んできていた。





上池では蓮の葉が枯れてきていたが、その隙間を縫うように鴨たちが遊んでいた。
マガモやコガモ、カルガモがとんでもない数元気に羽をばたつかせたり追いかけっこをしたりしていた。





下池も同じように広い池面をあちらこちらで鴨の群れが騒いでいた。


  

Posted by 黒メダカ at 17:48Comments(0)自然・風景食べ物・飲物

2017年10月27日

善宝寺、貝喰の池の秋








2017年10月27日(金)

昨日何十年ぶりかで立ち寄った鶴岡市下川にある善宝寺脇の貝喰の池(かいばみのいけ)。

平成2年、週刊誌に「人面魚(じんめんぎょ)」の写真が投稿され、話題となった。
当時は一日一万人もの観光客が押し寄せた。

善宝寺を守護する二体の龍神様が身を鎮められたと伝えられる神聖な池だ。

四方をすっぽりと木々に囲まれた神秘的な池は、
さすがに少しずつ黄色や赤く色付いていた。

人面魚は今でも元気に泳いでいると書かれていたが、
なるほど、これかな?
タイミング良く現れてくれた。







奥の院近くのエサやり場では大きな鯉とナマズのバトルが行われ、
こちらでは探すのは無理のようだった。

静かにたたずむかわいいお地蔵様がいた。
ほんの10センチほどだが、2体寄り添い緑の苔に覆われて暖かそうだった。







  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)自然・風景