QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年08月15日

難所「三崎峠」




2017年8月15日(火)

全身汗まみれになるのが少し楽しくなってきた。
毎日1万歩は軽く超えているが、
家に帰ってきてシャワーを浴びたあとのひとときがほっとする瞬間でもある。

今日は北方面へ向かって秋田県境の三崎峠を歩いた。
秋田県側の三崎公園に車を置いて、山形県側へ戻ってくるようなコースだ。

北から観音崎、大師崎、不動崎と三つの崎が日本海に突き出ていることから、
三崎峠と名付けられたようだが、馬も通られないほどの難所だったらしい。

その後戊辰戦争での戦地となったり、
多くの出来事があった場所でもある。









三崎公園にはキャンプ場や広場、展望台など多くの観光場所がある。
駐車場に着くとすぐに展望台へと登り、小砂川海岸や遠くは男鹿半島まで望むことができた。
写真では飛島がくっきりと見ることができる。

山形県側へ行くには松尾芭蕉も歩いたという旧道か海岸沿いを歩くが、
旧道は鬱蒼としており、海岸沿いの急登の道を選んだ。
距離はそれほどではないが、何しろ急な階段はいきなり汗が噴き出した。











息も絶え絶えどうにか登った坂から後ろを振り返れば、
まさにひっくり返りそうな坂だった。

海へと続く絶壁に黄色の花が群落を作っていた。
トビシマカンゾウとそっくりの花だが、ノカンゾウなのだろうか。
真っ青なな海の色と黄色の花の色が好対照な美しさを見せていた。









山形県側へ降りると東屋やトイレがある。
後ろを振り返ると三崎灯台が白く光っていた。

遠く鶴岡方面まで見えるが、
何しろ海の色が青い。
小型漁船がゆらゆらと浮かびながら何かを採っていた。



  

Posted by 黒メダカ at 18:38Comments(0)自然・風景

2017年08月15日

出羽大橋を歩く






2017年8月15日(火)

昭和47年6月に完成した出羽大橋は平成24年12月片側2車線に拡幅された。
全長861.3m、下流側には風対策としてポリカーボネートの透明な柵が設置されている。

冬の寒いときは鴨などの野鳥撮影でよく行くが、
夏の暑いときに歩くことなどめったにない。

散歩がてらてくてくと歩き出したが、
往復しても2㎞にも満たない距離ながらやはり木陰の無いところを歩くのはつらいものがあった。

少し疲れた白鳥のオブジェを横目に見ながらゆっくりと出発した。
昨日は日差しは強烈ながらも風は少し涼しく心地よかった。







アオサギやらシロサギやらの棲み家となっている中州。
右側にある森は対岸ではなく中州である。







運が良ければ月山が見える方向だが、あいにく雲が多くて見えない。
2.3km上流にある両羽橋(りょううばし)がかろうじて見えた。
中州周辺は遠浅ですぐに底が見えていた。











最上川南岸に着いた。
葦が茂り、野鳥の鳴き声がひっきりなしに聞こえていた。
京田川と最上川にはさまれた地帯は野鳥の棲み家だ。
出羽大橋より下流域では最上川カントリークラブのゴルフ場になっている。

羽黒町から流れてくる京田川に架かる出羽大橋。
二級河川になっている。









京田川を渡ってすぐに左に曲がると飯森山へと続く道があるが、
昨日はそちらへは行かず反対の宮野浦橋へと歩いて行った。
途中カットしているが、宮野浦橋を折り返して北方向を見るとゴルフ場が見えた。

こんなところでプレーできるのは気持ちいいだろうなと思いながら、
てくてく歩いていくと出羽大橋にたどり着く。
ここからは防風柵が邪魔をして写真を撮ることができない。









酒田市体育館のある入船町へ到着。
少し歩き足りなかったので、日本海総合病院のところから流れてきている小牧川を歩いた。
ここは桜の木陰があって心地よく休みながら歩くことができる。

大きな野鯉が何匹も姿を見せていた。




  

Posted by 黒メダカ at 08:40Comments(0)自然・風景