QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2017年03月28日

沖縄銘菓紅いもタルト






2017年3月28日(火)

今日も一日の仕事が終えた。
昨日届いたいただきものの紅いもタルトをいただいてみた。

仕事で沖縄に行ったお土産らしいが、
いかにも沖縄のお土産らしく色華やかな箱に入っていた。

元祖御菓子御殿の紅いもタルトは沖縄銘菓らしい。
最近はサツマイモの種類も多く紅いもを使った菓子類も多く出ているが、
果たしてどんなものだろうと一ついただいた。

オーブンまたはオーブンレンジで温めるとさらに美味しくいただけると書いてあったが、
面倒なのでそのまま食べる。

しっとりした味わいが舌の上に広がる。
なかなか美味しい。
これならモンドセレクション6年連続金賞受賞というのも納得の味だと感じた。

惜しむらくはタルト生地がもう少し固めだともっと美味しいかもしれない。

同じ御菓子御殿では「紅いもちっぷす」や「塩胡麻ちんすこう」、
「紅包」「紅月夜」「森のパイ」「ヤンバルクイナまんじゅう」なども売られているが、
一番美味しそうだったのが沖縄県産フルーツを使った「プリンセスムーン」と言うふんわり蒸しケーキだ。

遙か遠い沖縄のお菓子がまだ雪が舞う東北の片隅で食べることができるなんて、
ひと昔前では考えられないことだ。

沖縄の写真を見ながら、
遠く沖縄の暖かさを想像しながら食べる菓子類はほんのり甘いものだった。


  

Posted by 黒メダカ at 17:17Comments(0)食べ物・飲物

2017年03月28日

八森の鬼縛り






2017年3月28日(火)

先日行った酒田市旧八幡地区にある八森自然公園の一画。
野球場を過ぎた辺りから左手に登っていくと昔はフィールドアスレチックなどもあったが、
今はキャンプ場がきれいに整備されている。

暖かな光が注ぐと地面に光が届き心地よい雰囲気になる。
そんな木立の中で見つけたのは「鬼縛り(オニシバリ)」の花。

いかつい名前だが、
樹皮が強靭で枝を折ってもちぎれないことからこの木の樹皮で鬼を縛っても切れないだろうと、
こんな名前になったと言う。

また別名ナツボウズ(夏坊主)とも呼ばれるがこれは夏に葉が散って坊主状態になることから、
そんな名前でも呼ばれている。

おもしろい名前だと感心するが、沈丁花(ちんちょうげ)の仲間だからか、
ほんのりと良い匂いがする。

周りを見渡せばまだまだ緑の少ないこの時期、
このオニシバリの周りだけは緑でいっぱいだった。










  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)植物

2017年03月27日

仲屋のゆざっこ






2017年3月27日(月)

遊佐町にある「秀菓処仲屋」の「ゆざっこ」を久しぶりにいただいた。
柚子(ゆず)の香りが漂う餡の中に栗が入っている。
パイ生地に包まれてとても美味しい。

仲屋のもう一つのオリジナル菓子に「すきですゆざ」があるのは有名。





こちらはスポンジ生地の中にクリームと小豆が混ざったものが入っている。
ふんわりした舌ざわりとしつこくない甘さが魅力の菓子だが、
どうもネーミングがしっくりいかずに、せっかくの美味しい菓子が可哀そうな感じがする。

地元遊佐では案外人気があるらしいが、
「すきですゆざ」をください!とお店で言うのが恥ずかしくなってとても買いにくい。
いつも単純にこれくださいとしか言わないが、
何とかならないのだろうかといつも思っている。



  

Posted by 黒メダカ at 18:26Comments(0)食べ物・飲物

2017年03月27日

九木原公園から酒田市街地を望む





2017年3月27日(月)

昨日晴れ渡った青空がうれしくて行った酒田市宮野浦にある九木原公園。
一番北側にある眺望点から酒田市街地を写した。
鳥海山の山懐(やまふところ)に抱かれている庄内北部だ。

手前には最上川が流れNTTのアンテナや市役所などが見える。
晴れ渡った日にしか見えない風景がとてもすがすがしく見えた。

この後宮野浦海岸までてくてく歩いて行ったが、
やはり居住地域なためかスズメが所々で迎えてくれた。

このスズメ、なかなか逃げないがカメラを構えると危険を察知するのか、
すぐに飛び立ってしまう。

何とか写したアップのスズメの顔が可愛い。
いつもなら「あぁまたスズメか」と写真にも撮らない私だが、
時々妙にかわいいなぁと思う時がある。






  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)自然・風景

2017年03月26日

宮野浦海岸へ






2017年3月26日(日)

青空が広がった今日の酒田市。
絶好のお散歩日和とあってどこに行っても人が溢れていた。
酒田市光ヶ丘の万里の松原や八幡地区の八森自然公園などもいっぱいだった。

こんな時はあまり目立たないところを歩く。
酒田市宮野浦にある久木原公園に車を置いて一路宮野浦海岸へ。

宮野浦1丁目から3丁目を抜けていよいよ海岸に出た風景が上の2枚。
遠く赤灯台や白灯台が見える。
大きな貨物船や小さな漁船が港へ入港してくる風景があった。

真っ青な空と真っ青な海。
まだ風は冷たいままだがようやく春の日差しになってきた雰囲気が漂う。


途中見かけた木のてっぺんにいるのは珍しくツグミだ。
口を「つぐむ」がツグミとなった名前通りになかなか囀りを聞くことは少ないが、
今日は木のてっぺんで何か囀っていた。

同じくらいの大きさのヒヨドリは畑の大根の葉をつまんでいた。
こちらはやかましいくらい囀るがこんなときは静かだ。


【ツグミ】


【ヒヨドリ】




  

Posted by 黒メダカ at 17:38Comments(0)自然・風景

2017年03月26日

体育振興会理事会




2017年3月26日(日)

昨夜行われた地区体育振興会理事会は酒田駅前の「ル・ポットフー」で開催された。
総会は来月行われるがその前の理事会。

会議は始まって30分ほどで終了して、いよいよ懇親会。
きれいなフランス料理が運ばれてきて、
ビールを飲みながらのひとときとなった。

これまでも毎年行われてきているらしいが、
私は体調もあって初めての懇親会だった。

お酒が好きな私はいつもならこんな席はすぐに参加するのだが、
やはり心臓の手術をしてからはかなり控えめになっている。

誰も注意してくれるわけではないし、
気分が悪くなっても他人はわからない。
自分の身体は自分で管理する以外にはないのが今の私だ。

悪いが途中退席で抜けさせてもらってきたが、
帰りのビリビリする寒さが応えた。

やはり宴席は遠慮すべきだろう。
つくづくそう思いながらも何度かに一度は参加してしまう弱い自分がいる。



  

Posted by 黒メダカ at 08:11Comments(0)外食・外飲み

2017年03月25日

五十嵐製麺の塩ラーメン






2017年3月25日(土)

久しぶりに酒田市中町にある五十嵐製麺に行った。
麺の旨さが際立つラーメン店だが、さすがに「麺専門店川柳」の筋向いでは厳しいのか、
あまり混雑をしているところは見たことがない。

五十嵐製麺のスープは昔ながらの中華そば風だ。
今日はあえて初めての塩ラーメンを注文してみた。

大きなチャーシューにメンマもしゃきしゃきで美味しい。
スープも程よい塩加減と旨みが調和してとても美味しい。

メニューを見るとまだまだ食べたことのないものがかなりある。
時期を見ながら次回はまた違うメニューを注文してみよう。







  

Posted by 黒メダカ at 14:51Comments(0)外食・外飲み

2017年03月25日

酒田市役所前の桜の行方




2017年3月25日(土)

東京ではすでにソメイヨシノの開花が報じられていた。
酒田ではまだまだ蕾は固いままだが、
酒田市役所が建て替えられる以前にあった交差点のところの桜の行方が気になって、
とうとう昨日、酒田市役所の総合案内に尋ねに行った。

桜の木の話をすると担当の方(新庁舎建設室の方?)が直接総合案内まできていただき、
詳しいお話しを聞くことができた。

ちょうど喫茶「山茶花(さざんか)」の向かい側の小高い休憩所にあった桜の木は、
酒田では一番先に咲き始めることで有名な木だった。

酒田市役所でも何とかしてこの木を移転したいと考え、樹木医などとも相談をしながら根を掘り進んだところ、
やはり相当な老木で移転は無理だろうと考えていたらしい。

しかし、それでも何とか掘り出してトラックに積んだところまでは良かったが、
その後運搬しているときに木が折れてしまったとのこと。
すぐ隣にあった大きなたぶの木もやはり老木で同じ運命だったようだ。
命あるものいつかは土に還るのは止むを得ないことだが、やはり惜しい。

それでも、ことの顛末(てんまつ)を知っている方から直接お話しを聞くことができ、
本当にうれしい気持ちでいっぱいになった。

そして、担当の方の話はまだ終わってはいなかった。

それは折れた桜の木とたぶの木を使って作られたのが、
何と目の前にある総合案内のデスクなのだった。

いつも総合案内の席に座っている若い彼女も全く知らない話で、
かなり驚いていたが、何か一言でもこのデスクの生い立ちなどを書いていればと思ったが、
あえてそんなことをしないほうがいいのかもしれないとも思った。





一枚板ではないが、かなりがっしりとした造りとなっていた。
以前は桜の花を咲かせることで市民の目の保養になっていたが、
思わぬ形で市民の役に立っている現在の桜の木。

これからもしっかりと市民を見守って過ごして行くのだろう。





酒田市役所北側には生き残ったたぶの木、松の木、桜の木がある。
これから徐々に花を咲かせ、緑を楽しませてくれそうである。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(2)酒田関連

2017年03月24日

清水屋の北海道物産展






2017年3月24日(金)

仕事帰りに寄った酒田市中町にあるマリーン5清水屋。
昨日から28日(火)まで開催されている北海道物産展が楽しみだった。

毎回人気の「ロイズ」のチョコレートから札幌弟子屈(てしかが)ラーメンまで、
北海道らしい美味しそうな食べ物がずらりと並んでいた。

写真は帯広「六花亭」のマルセーバターサンド。
晩御飯の前に一個だけ食べてみたが口の中でバターが蕩けた。
レーズンがとても美味しかった。

いっしょに買ったのが函館志濃里(しのり)のブルーベリーケーキ。
一個いくらではなく、量り売りのケーキだった。
まだ食べてないが晩御飯を食べたあとのデザートに食べよう。






  

Posted by 黒メダカ at 18:43Comments(0)食べ物・飲物

2017年03月24日

新生酒田南高校の工事真っ最中






2017年3月24日(金)

酒田市浜田に建設中の新生「酒田南高等学校」。
これまでの天真学園高校と酒田南高校の統合に伴い、
校舎の老朽化や耐震対策の不備などもあって天真学園高校敷地内に新築工事を行ってきている。

両高校ともに歴史のある高校とあって、
新しい高校名が注目されていたが「酒田南高等学校」に決まり、
2017年度夏に校舎ができ次第天真の生徒が先行して入り、
2018年春からは酒田南校の生徒も入ることになる。

そうか、今年の夏には新しい校舎ができるんだ。
つい先日工事が始まったとおもったが、早いものだ。

てくてく歩きながらの散歩中に見る大きな校舎の工事は、
まるでどこかの会社でも作っているように見えた。



  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)その他