QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2016年12月26日

白雪まんじゅう






2016年12月26日(月)

寒い寒いと言いながらもなかなか雪が降らない。
昨年もそうだったがさっぱり雪が降らないと何だか落ち着かない気持ちになる。

昨シーズンは1月に入るとさすがに降り始めて積もったが、
今シーズンはどうなのだろうか。

天気予報では平年並みとのことだが、
平年並みがどのくらいなのかさっぱりわからなくなってくる。

写真はコンビニで買った白雪まんじゅう。
街にある小さな雑貨屋が少なくなって代わりに増えたコンビニは、
あっという間にあちこちにできた。

季節感もほとんどなく、日用品はまんべんなく手に入ることになった。
便利だがこれでいいのか?と首をかしげたくなる。

白雪まんじゅうは甘さもきつくなくかなり美味しい。
おやつが欲しいときはコンビニに走るのが多くなってきた。


  

Posted by 黒メダカ at 17:38Comments(0)食べ物・飲物

2016年12月26日

最上川下流域堤防を歩く






2016年12月26日(月)

昨日行った酒田市大宮地区南側の最上川下流域堤防。
小牧川水門からずっと堤防の上を歩いた。

途中西からの風が強くなってきて目を開けているのが大変になってきたが、
それでも約1時間カメラを片手に時々休みながらも歩き通した。

眩しい夕日が当たると少しは暖かかった。
河川敷ではほとんど枯れかけた芒(すすき)が風に揺れていた。

遠くの山脈(やまなみ)が青く澄んで見えた。
最上川をはさんで向こう岸は落野目地区になるのだろうか。

野鳥がいるはずだが残念ながら鳴き声を聞くことはできなかった。








  

Posted by 黒メダカ at 08:07Comments(0)自然・風景

2016年12月25日

穏やかなクリスマスの日




2016年12月25日(日)

今年もあと数日となった。
朝から日差しが差し込む穏やかなクリスマスの日である。

酒田市上本町にある前田製管のところの未来橋から中ノ口橋方面を撮った。
鳥海山は残念ながら頂上付近はあまりよく見えない。

新井田川(にいだがわ)左手にある酒田郵便局では、
年賀状を持ってくる人がピークを向かえていた。

この川沿いの道路を走る場合は注意が必要になる。
前日のクリスマスイブでは跨線橋を通り越したところにある不二家酒田浜田店が混雑していた。

ゆったりとした雲が浮かんでいた。
師走だというのに空だけはのんびりとしていた。



  

Posted by 黒メダカ at 18:27Comments(0)生活

2016年12月25日

木の実のタルト




2016年12月25日(日)

昨夜はクリスマスイブだった。
私のような年齢になるとクリスマスもイブもどうでもよくなるが、
ケーキも華やかなものよりも自然のままの写真のようなタルトが好きになる。

酒田市中町にあるマリーン5清水屋1階のブラッスリーロアジス。
「木の実のタルト」はタルト好きの私にとってとても貴重な一品になる。

普段は高いからあまり買うことはないが、
昨日は妻が買ってきてくれた。

何もない静かな一夜だった。
年賀状の印刷を何とか終わらせて床に就いた。


  

Posted by 黒メダカ at 08:38Comments(0)食べ物・飲物

2016年12月24日

灯油ポンプの電池残量




2016年12月24日(土)

最近灯油ポンプの調子が悪いと思っていたら電池残量が無くなっていたのだった。
単三電池2本を新しいのに取り替えたら動きが良くなった。

以前は電池を使わない手動式のものを使っていたが、
灯油ストーブに入れる量が多くなるにしたがって手動式では間に合わなくなった。

当初単一電池を2本入れるものを使っていたのだが、
これは力があってあっという間に灯油が満タンになった。

壊れてから同じものを購入に行ったところ同じものはなく、
単三乾電池用のものしか無くなっていた。

なぜ単一のものは無くなったのだろうか?
電池の値段が上がったからだろうか。

釈然としないまま単三電池のものを使用しているが、いまいち力が足りない感じがして仕方がない。
灯油の貯まる速度が圧倒的に遅い感じがするのだ。

ラジオやゲーム機に使用する電池などはそんなに力は必要ない。
しかし、この手の力が必要なものには単三電池では無理があるのではないだろうか。

エボルタなどという電池もあるが、これも力はなく寿命が長いだけのような気がして仕方がない。


  

Posted by 黒メダカ at 16:36Comments(0)生活

2016年12月24日

レーズンパン?






2016年12月24日(土)

私は今日も朝からお仕事。
昨日も昼からお仕事で夜までびっちりだった。

さすがに疲れてきたが明日はお休み。
もう少しがんばってみるべと思う。
何しろ今日はクリスマスイブだ。

酒田市こあら地区にあるブーランジェリーキムラヤさんは相変わらず人気抜群だ。
写真は何のパンか忘れたがレーズンが散りばめられた美味しいパン。

気軽に食べることができて私の好きなパンだ。

牛乳といっしょに食べてさて出発だ。



  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)食べ物・飲物

2016年12月23日

松林の陽だまり




2016年12月23日(金)

酒田市光ヶ丘にある松林に囲まれたフィールドアスレチックの最終地点。
子供向けの遊具が点在するところに冬の暖かな日差しが差しこんでいた。

まさに陽だまりの中にある遊具たち。

昨晩からの暴風がまだまだ収まり切れない今日午前中。
松林は風に守られて静かな場所だ。

それでも誰もいないのはみんな家の中でゆっくりとお休みしているためか。






  

Posted by 黒メダカ at 15:04Comments(0)自然・風景

2016年12月23日

伊藤園新俳句大賞




2016年12月23日(金)天皇誕生日(祝日)

どこでも売っているほうじ茶の2リットルペットボトル。
私の好きなお茶は安上がりなほうじ茶や玄米茶だ。

いつからかこのラベルに書いてある「伊藤園新俳句大賞」を読むようになった。
特に子供たちの作った俳句には新鮮な発見がよく見られる。

今回もこの大きなペットボトルとしばらくにらめっこをすることになった。


小テストあまった時間で画家になる(11歳女子)

雪だるまにんじんつけても無表情(14歳女子)


何という面白さだろうか。
まるで二人の姿が目に見えるようでもある。

一句目は小学校の授業中小テストがあったが、
みんなできて時間があまってしまったようだ。
みんなはまだがんばっているが、自分は画家になって絵を描いている。

二句目は雪だるまを作ってにんじんをぶら下げた。
うさぎや馬だったら飛び掛かるだろうが雪だるまは無表情なままだ。

小学生や中学生の目から見た授業や雪だるまはこんなふうに見えている。


私も高校生の頃から俳句や短歌、詩に親しんできている。
ずっとご無沙汰しているが、また作って見たくなってくる。


  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)文芸

2016年12月22日

肉たまあんかけうどん






2016年12月22日(木)

外は曇り空。
いつ雨が降るかなぁとにらめっこしながら結局夕方になってから降ってきた。

昼に行った酒田市下安町にある丸亀製麺酒田店。
お孫さんを連れた老夫婦やサラリーマン、若い奥様二人連れやらで賑わっていた。

うどんは大好きだが何しろ塩分が気になるところ。
うどんの麺自体に塩分が含まれるのと当然スープにも入っている。

しかし、やはり美味しさには塩分もかなわない。
何とかクリアしようといろんな工夫を凝らしながらのうどん食いになる。

冬定番のあんかけとうどんをコラボさせた「肉たまあんかけ」。
牛肉の甘じょっぱさと玉子あんかけのふんわりした美味しさがうまくミックスされている。

少しお値段がはって「590円」だが、それだけの美味しさは十分ある。






  

Posted by 黒メダカ at 16:55Comments(0)外食・外飲み

2016年12月22日

ボラの大群




2016年12月22日(木)

昨日お天気の良かった午前中に散策した酒田市大浜地区。
第2プレジャーボートスポットには冬でも陸揚げしないプレジャーボートがたくさんあった。

その隙間を縫うように小魚の大群がコンクリートに付着する苔に集まってきていた。
上から見ると三角の頭をしているボラだが幼魚のうちはそれほど極端になっていない。

ほんの一瞬銀鱗を見せてくれるがそれでも判別するのは難しかった。
最初はスズキの稚魚かとも思ったが少し違うようだった。

工場が立ち並ぶ大浜地区だが昔のようにヘドロが沈んでいることはなくなった。
きれいな水が花王の向かい側辺りから流れてきていた。







  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)生物