QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2016年12月23日

松林の陽だまり




2016年12月23日(金)

酒田市光ヶ丘にある松林に囲まれたフィールドアスレチックの最終地点。
子供向けの遊具が点在するところに冬の暖かな日差しが差しこんでいた。

まさに陽だまりの中にある遊具たち。

昨晩からの暴風がまだまだ収まり切れない今日午前中。
松林は風に守られて静かな場所だ。

それでも誰もいないのはみんな家の中でゆっくりとお休みしているためか。






  

Posted by 黒メダカ at 15:04Comments(0)自然・風景

2016年12月23日

伊藤園新俳句大賞




2016年12月23日(金)天皇誕生日(祝日)

どこでも売っているほうじ茶の2リットルペットボトル。
私の好きなお茶は安上がりなほうじ茶や玄米茶だ。

いつからかこのラベルに書いてある「伊藤園新俳句大賞」を読むようになった。
特に子供たちの作った俳句には新鮮な発見がよく見られる。

今回もこの大きなペットボトルとしばらくにらめっこをすることになった。


小テストあまった時間で画家になる(11歳女子)

雪だるまにんじんつけても無表情(14歳女子)


何という面白さだろうか。
まるで二人の姿が目に見えるようでもある。

一句目は小学校の授業中小テストがあったが、
みんなできて時間があまってしまったようだ。
みんなはまだがんばっているが、自分は画家になって絵を描いている。

二句目は雪だるまを作ってにんじんをぶら下げた。
うさぎや馬だったら飛び掛かるだろうが雪だるまは無表情なままだ。

小学生や中学生の目から見た授業や雪だるまはこんなふうに見えている。


私も高校生の頃から俳句や短歌、詩に親しんできている。
ずっとご無沙汰しているが、また作って見たくなってくる。


  

Posted by 黒メダカ at 08:03Comments(0)文芸