QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2016年12月20日

焼き鳥を食べる




2016年12月20日(火)

雨が降ったり止んだりを繰り返した一日だった。
何だか急に焼き鳥が食べたくなってコンビニの焼き鳥を買った。

昔は馴染みの焼き鳥屋さんに電話をして、作ってもらったものを家に持ち帰って食べたこともあったが、
最近では馴染みもなくなり、コンビニで買って食べるくらいになってしまった。

焼き鳥屋さんもずいぶん減った。
酒田駅前の庄内藩やトラさんなどは今でもかなり混んでいるが、
お酒を飲めない私はとても行ける雰囲気ではない。

写真はモモ肉の塩とタレだが、
本当に食べたいのは皮の塩焼。

他にもあぶらほっぺやぼんじりなどジューシーなところが大好きなのだ。
健康に悪いところばかり好きで本当に困ってしまうが好きなものは好きなのだ。

もうすぐ年末だ。
思い切って焼き鳥屋さんに行ってみようかとも思うが、
かなり勇気のいる決断になる。


  

Posted by 黒メダカ at 17:34Comments(0)食べ物・飲物

2016年12月20日

カモと人間の距離




2016年12月20日(火)

酒田市飯森山にある白鳥池。
この時期は鴨(カモ)の池となるが鯉への餌やりをする人が、
いつの間にやら寄ってくるカモにせがまれるシーンを何度も見ている。

写真は女性二人が小さな子供と小さなワンちゃんを連れてやってきたところ。
最初は池の端まで行っていたが、カモが押し寄せてきて少しずつ下がったところ。

池の中にいたカモの一部が何匹か陸の上に上がって、
「わたしにもちょうだいよ~」とせがんでいるのがよくわかる。


以前最上川にあるスワンパークでも餌やりは盛んだったが、
しまいには人間の手からパンを奪う白鳥やカモもいた。

人間とカモや白鳥などの野鳥との距離ははたしてどのくらいがいいのか。
鳥インフルエンザの原因はカモや白鳥などの渡り鳥にあることはある程度知られてはいるが、
すべての野鳥が原因かと言うとそうとばかりも言えない。

また、渡り鳥をすべて人間の周りから追い出すわけにもいかず、
対応はかなり苦慮することになる。

遠巻きに観察しながら注意深く対応する。
美しい野鳥を見ながら考えてみたが野生の生き物として、やはり人間とは一線を引くことくらいしか思い浮かばない私であった。



  

Posted by 黒メダカ at 08:02Comments(0)生物