QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
何よりも自然が大好き。そして旨いものが大好き。ニックネームをめだかの親分から黒メダカへ変更しました。

2016年10月29日

にいだ川堤防の一斉放水




2016年10月29日(土)

寒い寒いと過ごした一日だった。
西からの風が北からの風に変わってなお一層寒くなった夕方、
予定通り酒田市街地を流れるにいだ川堤防で一斉放水が行われた。

しかし、予定になかったのは放水の水をにいだ川の水から真水に変えたことだった。

心ある市民の一通の投書が波紋を投げかけた。
それはにいだ川の水は底流を海水が流れていることと、汚れた水であることで、
果たして災害時でもない放水で空中に放水するのはどんなものなのかという内容だった。

確かに衛生的に問題があるのは確かなことで飲食店などでは困ることは必至だ。
そして海水がまじれば塩分が入っていることで相応の被害が想定される。

当初酒田市ではアクションを起こしていなかったようだが、
ことの重大さに気付き急きょ真水を準備しそれを放水することにした。

下の写真は黄色の水槽に真水を入れているところである。





放水約1時間前の4時40分ころの撮影だが、かなりの量の水槽が準備されていた。

歴史の教訓を後世に引き継ぐことの難しさと、
行政の思慮の浅さが露呈された酒田大火40年の日だった。



  

Posted by 黒メダカ at 18:40Comments(2)酒田関連

2016年10月29日

酒田大火40年






2016年10月29日(土)

今日は朝から風が強い。
ちょうど40年前の今日も同じように風が強かったと聞いている。

私は高校を卒業し宮城県岩沼市で働いていて、
夜7時のニュースで酒田大火のことを知った。

次の日の朝取るものも取らずに電車に飛び乗った。
国鉄酒田駅に到着すると、きな臭い匂いがプンと漂っていた。

あれからもう40年になる。
今日の夕方、40年前にいだ川をはさんで延焼を免れるために行った、
空へ向かっての放水が行われる。

夕方5時40分から1分間だけの放水は、
郵便局のある新栄橋から中ノ口橋の間で、
40年前と同じく強風のなかで行われることになりそうだ。


  

Posted by 黒メダカ at 10:44Comments(2)酒田関連