QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2016年10月25日

新内橋からの遠景




2016年10月25日(火)

酒田市山居町にある山居倉庫脇の新内橋。
工事が始まって久しくなるが、ようやく形が見えてきた。

広い歩行者用の歩道上から北に見える鳥海山を写したが、
今朝の冷え込みのせいか頂上付近にはうっすらと白いものが見える。

右に見えるのは旧県立酒田商業高校校舎だ。
グランドの一部はすでに埋め立てられて道路となっているが、
この校舎の使い道はまだ決まっていない。
今は小学校の学童保育所に一部使用されているだけである。





西方向に目を向けると酒田市役所の二期工事が行われている。
左側には文化施設の希望ホールが巨大な姿を見せている。
新井田川(にいだがわ)には小さな漁船が繋がれている。





南側には山居倉庫の三角屋根の列が並んでいる。
ようやく色づき始めたケヤキ並木が少しだけ見える。


穏やかな午前中の散歩は私の定例の医者の合間に歩いたもの。
薬ができるまで1時間半も待たされるのだった。
その間ゆっくりと景色を眺めながらの散策ができた。
心地よい散歩日和だった。




  

Posted by 黒メダカ at 18:12Comments(0)酒田関連

2016年10月25日

宮野浦にウラギンシジミ蝶




2016年10月25日(火)

酒田市宮野浦を散歩していると珍しい蝶がいた。
翅(はね)の裏面が真っ白(銀色)なウラギンシジミ蝶だった。

この蝶は以前も見かけたことがあったが、
翅を開くとオレンジ色をしていてかなり派手な蝶だった。

何とか翅を開くところを見たくてしばらく観察したが一向に動く様子もない。
寒くなってきた最近の酒田だが、このまま成虫で越冬するのだろうか。


宮野浦地区には日枝神社がある。
酒田市街地の上の日枝神社(浜田1丁目)と下の日枝神社(日吉町)、
そしてこの宮野浦地内の日枝神社と三つの日枝神社があるのだ。
(細かく言うともっと日枝神社は酒田市に存在する。黒森歌舞伎の神社や八幡、平田にもある)


あちらこちらと散歩していると神社が多くあることに気が付く。
それぞれの神社の世話をする人たちは今もお供えを忘れずに取り換えながら清めている。
この宮野浦の日枝神社もきれいに境内が掃き清められていた。

そんな中にいたウラギンシジミ蝶はじっと動かずに私の前にいる。
あまりの白さに少し薄気味悪くなるほどだったが、美しい色だと思った。





宮野浦の日枝神社は誰も訪れず静かなままだった。

  

Posted by 黒メダカ at 08:04Comments(0)生物