QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
黒メダカ
黒メダカ
毎日の日記代わりに綴っているが時々羽目を外すこともあり。
美味しいものには目がないが、以前はこよなく愛していた日本酒などのアルコールはほとんど嗜むことがなくなった。
心臓の持病はいつ悪化するかわからない厄介者。

2019年07月26日

アメリカフヨウ咲く新井田川遊歩道






2019年7月26日(金)

蒸し蒸しと暑い一日だった。
新井田川沿いにある遊歩道の北新橋付近から撮ったアメリカフヨウの大きな花。

毎年の風物詩になっている一日花のはかなさが漂う。
もう少し風情の感じる花ならいいのにな、と思ったこともあったが何年も味わっていると馴染んでも来る。

知人の通夜に行ってきた。
黒い服を着ているだけで暑く感じた。

喪主の奥様から話を聞いたが慢性白血病が急性に変わってあっという間の出来事だったとのことだった。
本人はまだ自分が死んだことを知らないのではないだろうか。

また、その辺から「こんにちは」と出てくるような気がしてしょうがない。







  

Posted by 黒メダカ at 18:21Comments(0)自然・風景

2019年07月26日

美味しい茶豆を買う






2019年7月26日(金)

昨年市役所を退職した知人が亡くなっていたのを知ったのは昨日の新聞紙上だった。
体調が悪かったのかは全く知らなかったからまさに青天の霹靂だった。

自分よりも若い人が亡くなるのを知るのは本当につらい。
確か今年も一度会って話をした記憶があるだけに最初は信じられなかった。

今日が通夜で明日が葬式らしいが、実際のところ参列したくないなと思っている。
世話になったのか、世話をしたのかはわからないが、どうにもやるせない。

自分の年齢がそんな年齢になっているのだ。
改めて自分の年齢を確認することになってしまう。

写真は酒田市藤塚にある北村くらた農園の幟(のぼり)だ。
今年も枝豆の季節になって美味しい枝豆を求めようと直売所に寄ってみた。

枝豆は茶豆風味のおつな姫が出始まったところだった。
見事なトウモロコシもたくさん並べてあった。

どんどん過ぎる日常をはっと我に返す瞬間が「人の死」だとすれば、
私は今のままだらしなく生きていてもいいのだろうかと自分に問うてしまう。

いつ死んでもいいように準備を始めなければならないのかもしれない。







ゆでた枝豆を食べてみた。
やはり美味しい。
亡くなったT氏には申し訳ないがこんな美味しいものを残して死んでしまうなんて本当に早過ぎるよな。




  

Posted by 黒メダカ at 08:28Comments(2)自然・風景

2019年07月25日

日向川河口夏の浜辺







2019年7月25日(木)

昨日午前中行った遊佐町白木の日向川河口付近の砂浜。
風もほとんどなく、辺りはまさに灼熱の砂浜になっていた。

日向川(にっこうがわ)は源流が鳥海山とあって、とてもきれいな清流が流れてくる。
ただし、月光川(がっこうがわ)と違うのは湧水の量がそれほど入っていないためきんきんと冷たくはない。

海も川も静かなのになぜか波が渦巻くほどの白波ができている。
私が小さいとき、何人もこの日向川河口で亡くなったと聞いたことがある。

酒田市側から遊佐町側へ渡ろうとしたが、流れは速くあっという間に沖に流される。
何人かは無事に渡って自慢げに話していた人もいたが、
思ったほど簡単な渡渉ではなかったようだった。

砂浜には浜昼顔の葉がどんどん伸びていた。

ウミネコの群れが波打ち際で遊んでいた。
遠く酒田北港の工場群が見えていた。











  

Posted by 黒メダカ at 08:23Comments(0)自然・風景

2019年07月24日

最上川中州の木が無くなった







2019年7月24日(水)

これまでいつも散歩している最上川河川敷の出羽大橋付近が3月頃から工事をしていた。
何をするのかな?と見ていたがようやくその正体が現れた。

工事名は「最上川下流酒田管内河道整正工事」。
簡単に言えば河の道を正しく整える工事とのことだが、
うがった見方をすれば「花火見学を邪魔する中州の木々を伐採」する工事のように思える。

この中州には多くの野鳥が生息し、私の好きなカワセミなども見られた。
ところが中州に車が通れる道路が出現したかと思うと次々に木々が伐採されていった。
当然野鳥はすべて追っ払われて、どっか別の住処に行ってしまった。

酒田花火ショーは8月3日(土)とあと2週間もたたないうちに行われるが、
今年の水上スターマインはとんでもなく大きな花を咲かせるぞとの声も聞こえてくる。

町内会から配布されてきた花火ショーのプログラム。
2尺玉が開いた時の大きさは直径480mと言う。
出羽大橋の下あたりの最上川の川幅が275mほどだからどれほど大きいか想像ができる。

何年か前に一度行ってから最近はずっと当日仕事で行ってないが、
今年も家のベランダで眺めるだけにしようと思っている。


(中州で木を伐採中の重機)


(切った木を運搬するトラックなど)








  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(2)自然・風景

2019年07月23日

京田川の土手散歩





2019年7月23日(火)

昨日午後から歩いた酒田市川南地区を流れる京田川土手。
向こう岸では盛んに無人草刈り機による除草が行われていた。
斜めになっている土手をまっすぐに除草していく姿はさながら無人ロボットのようだ。

おかげでとんでもない爆音が辺り一面にこだまし、
せっかくの野鳥のさえずりはさっぱり聞こえてこなかった。

とことことしばらく歩くと秋の七草のひとつ葛の花(くずのはな)が、
紫色のきれいな花を咲かせていた。

すぐそばの手すりにはカミキリムシが一匹私を待ち構えていた。
何という種類かはわからないが、松林にいる種類とは少し違うようだった。

心地よい風に吹かれながらの散歩はこのあと出羽遊心館や酒田市美術館まで行くことになる。
合計9千歩ほどの散歩は案外それほど苦しくもなく汗をじんわりとかくくらいだった。








  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)自然・風景

2019年07月22日

湧き上がる夏雲が心地よい





2019年7月22日(月)

昨日お昼頃の酒田本港から見た鳥海山。
湧き上がる真っ白い夏雲が青空に映えていかにも夏だ。

手前にある大きな船は山形県の実習船「鳥海丸」。
県立加茂水産高校の実習に使われている。

お天気が良くアジ釣りをする人たちが多く見られた。
のんびりしていいなぁと思うが、写真では見えない灼熱の暑さが強烈なのだ。


  

Posted by 黒メダカ at 08:22Comments(0)自然・風景

2019年07月20日

小牧川水門から見た風景






2019年7月20日(土)

酒田市あきほ町にある小牧川水門から見た風景だ。
最上川から取水して水門を通って小牧川から酒田本港に流れる新井田川と合流することになる。

最上川との合流点右側に誰か釣りをしている人がいた。
何を狙っているのだろうか。
竿はそれほど長くないところを見るとルアーでの釣りのようだが珍しいところにいる。

この辺には野鯉の大物がうようよといるのだが、
まさかスズキ狙いではないだろう。

ひとたび反対側に目をやると日本海総合病院が聳え立つなか、
小牧川がゆったりと流れている。

私が長期入院していたのはもう何年前になるだろうか。
もうずいぶん昔のことのようにしか思い出さない。

夕方だというのに風もほとんどなくウォーキングの人も汗をかきながら私の前を過ぎて行った。
今年の梅雨は長い。









  

Posted by 黒メダカ at 08:01Comments(0)自然・風景

2019年07月19日

今年三回目の飛島ウォーク







2019年7月19日(金)

昨日はあまり良い天気ではなかったが、今年三回目の飛島ウォークに行ってきた。
4月、5月と一度ずつ、そして6月は残念ながら行くことができずに今回は三回目だった。

梅雨の晴れ間とでもいうのだろうか。
遠くは霞んで見えない。

写真は中村集落から法木集落に向かう途中に寄り道して行った鼻戸崎展望台からの酒田方面だが、
水平線の向こうに見えるはずの鳥海山はまるで見えなかった。
それよりもこの寺島の脇に見える海の色のみごとなまでのブルーに思わず見入ってしまった。









鼻戸崎展望台から巨木の森を通り緊急ヘリポートを横目に見て法木集落へ向かう。
法木集落に入るにはせっかく登った坂道を大きな岩の間を急坂を降りていかねばならない。
車ならいいのだが、この坂がとんでもなくきつくて泣きたくなる。
毎度のことながらぜいぜい言いながら、戻るときは登ってくることになる。

アオスジアゲハが気持ちよさそうに私の目の前をふわふわと飛んでいく。












飛島西海岸にある荒崎海岸に下りて行った。
下りれば当然また登らなければならないから少し迷ったが、それでもどんな花が咲いているか確認したかった。

トビシマカンゾウは残念ながらほとんどが終わっていたが、かろうじて少しだけ咲いていた。
それよりも驚いたのは緑色のバッタが異常繁殖していて私が歩くたびにがさごそと動き回る。
少し立ち止まるとむしゃむしゃと葉を食べている音が大きく響いて聞こえてきた。

ツリガネニンジンだろうか。
薄紫の花色が涼し気でかなり癒された。











荒崎海岸から再び坂を登って飛島最南部に位置する柏木山(かしわぎやま)を目指した。
ちなみに昨日の船は一便で酒田港発が9時。
10時15分勝浦港に到着しそれから勝浦港を出発する2時15分まで4時間の自由行動時間だった。

飛島で一番標高の高い山は法木集落にほど近い髙森山で69m。
柏木山は58mだが、実はやまがた百名山に入っている山だ。

展望台からは確かに竜神の住処と呼ばれる御積島(おしゃくじま)や烏帽子群島が一望でき、
海岸に近いために山と海が同時に満喫できるロケーションとなっている。

すぐ脇には海水浴場があり、林の中にはこの時期オレンジ色のクルマユリ(車百合)が咲いていた。

今回の飛島ウォークは歩数で行くと1万8千歩ほどになった。










  

Posted by 黒メダカ at 08:23Comments(0)自然・風景

2019年07月18日

鳥海山滝の小屋まで散策









2019年7月18日(木)

毎年一回は行く鳥海山「滝の小屋」。
昨日は雲が多く時々日差しはさすが、ほとんど雲の中だった。

鳥海高原ライン終点から約30分ほどとことこ歩いていくと、
大きな雪渓を背にして建つ滝の小屋にたどり着く。

私の故障している心臓でもゆっくり歩いて30分かからずに到着する。
時間は午後1時30分登り始めて、小屋の前でおにぎりを食べ休憩をして戻ってきて約1時間。

本当はもう少し上まで行こうかと行ったのだが、
雲が多くてまったく見えなくなることもあったので断念することになった。

ニッコウキスゲが黄色の群落を作っていたり、
ハクサンフウロが鮮やかなピンクの花を見せていたり私にとっては約一年ぶりの山の雰囲気だった。

途中オコジョがかわいい姿を見せてくれたが写真に撮ることができなかった。
文明の音は全くしない山の中。
水の流れる音と野鳥の声しか聞こえない世界がとても懐かしく感じた。











参考のために。
滝の小屋は遊佐町営の山小屋となっている。
定員40名。
素泊まり2500円。
食事は朝1000円、夜1200円。
6月下旬~10月下旬まで営業。
寝具は布団・毛布がある。
管理人は普段は留守にしているため、事前に予約を入れること。
連絡先は0234-72-5886

滝の小屋から1時間ほどで川原宿に到着するが小屋は現在閉鎖されている。
公衆トイレは使用可能。









  

Posted by 黒メダカ at 08:24Comments(0)自然・風景

2019年07月17日

誰もいない宮海海水浴場





2019年7月17日(水)

昨日午前中立ち寄った宮海海水浴場。
あれ、まだ海水浴場開きはしてなかったかな。

そんな風にしか見えない誰もいない海水浴場だ。

まだ小中学校も夏休みに入っていないし、ウィークデーだし。
確かに海水浴に行く雰囲気にはなれない。

本格的に海水浴が始まるのは今週末辺りからか。


関東方面では日照不足が深刻でプールに誰も集まらないと嘆いていた。
野菜も出来が悪く、値段が上がっている模様。

東北地方は日照にも恵まれ、心地よい日差しを浴びながら散歩することができている。
今日もあちこち動き回ろう。




  

Posted by 黒メダカ at 08:28Comments(0)自然・風景